OANDAがマルチアセットプラットフォームのMetaTrader 5を日本で発売

OANDA

2020/3/18 14:54

 

OANDAのクルト・フォム・シャイト最高執行責任者(COO)

 

AsiaNet 83328 (0433)

 

 

【東京2020年3月18日PR Newswire=共同通信JBN】オンラインマルチアセット取引サービスや通貨データ、分析のグローバルリーダーであるOANDAは、MetaTrader 5 (MT5)の日本での提供を始めた。同社は昨年12月、MT5を最初にデモアカウント保有者に提供しており、このほど日本の顧客がライブアカウントを通じてMetaTrader 5プラットフォームで取引できるようになった。

 

MetaTrader 5をOANDAの広範な取引プラットフォームに追加するという決定は、顧客からの要請に直接応じたもので、アクティブなトレーダーのニーズに対応し、製品の範囲を拡大するという同社の取り組みを一段と強めた。MT5プラットフォームは、今後数カ月で他の地域でも利用できるようになる。

 

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20200317/2753403-1 

(OANDAのクルト・フォム・シャイト最高執行責任者(COO))

 

OANDAのクルト・フォム・シャイト最高執行責任者(COO)は「オンラインマルチアセット取引サービスのグローバルリーダーであるOANDAは、透明性と整合性を基盤として構築された。当社の24年の歴史の中で、絶え間なく変化する顧客のニーズを満たすために懸命に取り組んできた。それだけに、日本でMetaTrader 5の発売を発表できることをうれしく思う。MetaTrader5は、高度なチャートとテクニカル指標へのアクセスとともに、EAに拡張機能を提供し、最終的に顧客がアルゴリズム取引結果を改善できるようにする」と述べた。

 

シャイト氏はさらに「当社の広範なプラットフォームにMetaTrader 5を追加することで、顧客に提供する取引体験がさらに向上し、日本における外国FXブローカーのナンバーワンとしての当社の地位が強化されると信じている。顧客の要望に応えて、近く世界中で発売することを楽しみにしている」と述べた。

 

▽OANDAについて

1996年に創立されたOANDAは、インターネット上において為替レートのデータを無料で提供した最初の企業であり、その5年後にFX取引プラットフォームを立ち上げ、ウェブベースの為替取引の開拓に貢献した。今日、同社はオンラインマルチアセット取引や通貨データ・分析をリテールと企業顧客に提供し、外国為替における他社の追随を許さない専門知識を実証している。世界で最も活発な金融市場の6つで認可組織を有するOANDAは、外国為替ビジネスの変革に尽力し続けている。より詳しい情報はoanda.comを閲覧するか、Twitter、Facebook、YouTubeのフォローを。

 

ソース:OANDA

 

添付画像リンク先:

http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=360105 

(写真説明:OANDAのクルト・フォム・シャイト最高執行責任者(COO))

 

 

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

OANDAのクルト・フォム・シャイト最高執行責任者(COO)

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中