紀伊國屋書店、電子図書館LibrariE 大学・学校向け導入が100館を突破

新型コロナウイルスの影響により、自宅から利用できる電子図書館サービスへの注目が高まる

紀伊國屋書店

2020/4/28 12:00

 

 

 

 

2020年4月28日

株式会社紀伊國屋書店

紀伊國屋書店、電子図書館LibrariE 大学・学校向け導入が100館を突破

 

 株式会社紀伊國屋書店(代表取締役会長兼社長 高井 昌史)が販売代理店として提供する電子図書館サービス「LibrariE」の大学・学校への導入数が100館を超えました。

 GIGAスクール構想の発表により学校のICTへの注目が高まったことに加え、2月以降、新型コロナウイルスの影響により、大学、学校の多くが臨時休校・図書館閉館となる中、自宅から利用できる電子図書館サービスへの注目が高まり、導入が加速しました。


電子図書館「LibrariE」の導入機関内訳

大学:64館

学校(小・中・高・高等専門学校):38館    

公共図書館:2館

その他(企業等):1館

教育機関導入 102館、その他3館  合計105館

 

電子図書館「LibrariE」について

 紀伊國屋書店では2007年から学術書を中心とした電子図書館事業を展開しており、(株)日本電子図書館サービスが運営する一般書中心の電子図書館「LibrariE」は2015年より取扱を開始。教育へのICT活用の重要性が高まる中、読書と学びの新たな可能性を開くクラウド型電子図書館サービスとして関心を集めています。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響による小中学校、高等学校、特別支援学校の臨時休校の事態に際しては、導入校図書館に対し、日本電子図書館サービス及びKADOKAWAのご協力のもと、「角川つばさ文庫」ほか100点を期間限定・無償でご提供しました。

*教育機関様向け条件となります。

 


授業延期・休校措置下での電子書籍ご活用事例

 

§岡山大学様

LibrariE Oxford Bookwormsシリーズ等の英語多読を中心にご購入

LMS(Moodle)内にLibrariEへのリンクを貼り、多読を用いた自学自習に活用

LibrariEは学認に対応しており、シングルサインオンでの利用が可能

 

 

 

*大学のLMSからも誘導

 

 

§目黒日本大学中学校・高等学校様

電子図書館LibrariEで人気の小説や学習参考書を提供し、自宅でも読書や学習が可能に

生徒はスマートフォンでも利用可能

https://www.meguro-nichidai.ed.jp/junior/news/8103/

 

同校ホームページより一部抜粋(2020/4/7)

「一昨年より、読書離れしている、生徒さん方へ少しでも本の素晴らしさを伝えたいと思い、

電子図書館(紀伊國屋書店 電子図書館)と契約しております。外出自粛が続いている中、この機会に、ご自宅で、お手持ちのスマートフォンで、一度試しにログインし、使用いただけますと幸いです。…1日も早い、終息を切に願っております。それまで、生徒の皆さん一緒に頑張りましょう」

 

 

*学習用コンテンツ、読み物を展開

 

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中