ビーブレイク、緊急事態宣言後のテレワークに関する実態調査を実施

ビーブレイク

2020/5/7 14:00

2020/5/7

株式会社ビーブレイクシステムズ

緊急事態宣言後のテレワークに関する実態調査を実施

全国では4割、東京では6割がテレワーク実施

株式会社ビーブレイクシステムズ(本社:東京都品川区 代表取締役:白岩次郎 東証マザーズ上場:証券コード3986 以下「ビーブレイクシステムズ」)は、「経営者・役員・会社員」を対象に緊急事態宣言後のテレワークに関して、インターネットによるアンケート調査(調査期間:2020年4月22日~24日、有効回答数1,061名) を実施いたしました。

調査結果サマリー

・緊急事態宣言前より新型コロナウイルス感染症対策としてテレワークを推奨されていた割合は40%、推奨されていない割合が55%だった。

・宣言後にテレワークが実施された割合は41%、テレワークは実施されていないが時差出勤が認められた割合は13%、休業になった割合は6%であった。一方、宣言前と変わらず出社している割合は36%だった。

・地域別にみると、東京は宣言前よりテレワークを推奨している割合は平均より高く(59%)、宣言後の実施状況も高い(61%)結果となった。

・テレワーク実施済の中で、以前からテレワーク制度があった割合は43%、今回の新型コロナウイルス感染症対策のために導入された割合は51%であった。職種別にみると、総務・経理・人事では今回導入された割合が高かった(67%)。

・会社でテレワークを実施していない方の41%はテレワークを実施してほしいと回答し、44%は実施してほしくないと回答。2020年4月1日~2日調査時(※)より、実施してほしい割合が増加傾向。

※2020年4月1日~2日調査時は、実施してほしいが33%、実施してほしくないが54%

・テレワークの一番の課題として、約半数が「コミュニケーションが難しい」と回答した。

詳しい調査結果は、当社運営メディア「WORK-PJ」の以下ページにてご覧いただけます。

 https://work-pj.net/archives/5537

ビーブレイクシステムズ 会社概要

商号:株式会社ビーブレイクシステムズ

本社所在地:東京都品川区西五反田2-19-3 五反田第一生命ビル

代表取締役:白岩 次郎

設立:2002年7月

事業内容:システム開発

コーポレートサイト:https://www.bbreak.co.jp/

公式Facebook:https://www.facebook.com/bbreakworkpj/

運営メディア”WORK-PJ”「働く」を考える:https://work-pj.net/

クラウドERP「MA-EYES(エムエーアイズ)」

プロジェクト管理を中心に企業の業務全般をサポートするERPシステムです。業種や導入方法によって複数のシリーズを展開しています。企業の業務の効率化と生産性の向上に貢献いたします。

MA-EYES 製品サイト https://www.bbreak.co.jp/maeyes/

ビーブレイクシステムズにおけるクラウドサービス

ビーブレイクシステムズでは、様々なマネジメントサービスの中からお客様にとって最適なシステム・サービスを選定し、選定された複数のシステムやサービスを繋ぎ一つのシステムとしてご提案する「コネクテッド・クラウド」をご提供しています。

コネクテッド・クラウド サービスサイト https://www.bbreak.co.jp/connectedcloud/

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • 名称 株式会社ビーブレイクシステムズ
  • 所在地 東京都
  • 業種 ソフトウエア・SI
  • URL https://www.bbreak.co.jp
  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中