Elementor:WordPressのプロウェブデザイン向けに、作業を一括して行える「ミッションコントロール」を初めて発表 

Elementor

2020/8/26 11:05

AsiaNet 85262

 

- この新機能により、プロのウェブクリエイター達が自分達でデザインシステムを管理、実行することができるようになります。すなわち設計上の負債を削減し、一括して作業をすることでプロジェクトにかかる時間を節減することが可能になります。

 

イスラエル、テルアビブ, 2020年8月26日 /PRNewswire/ -- のウェブサイト構築プラットフォームとして知られるElementor [https://elementor.com/ ]が、最新のバージョン3.0を発表しました。これによりウェブサイトのデザイナー達は初めて、複雑かつ包括的なデザインシステムをWordPressのサイト上で実行することができるようになります。

 

 Elementorの新機能では、プロのウェブデザイナー達が、自分のサイトの構成要素全てを一箇所のハブから閲覧しコントロールすることができます。 これにより、デザインシステムの実行プロセスを統一し、全体のレイアウト、フォント、色、スタイル、画像、ロゴ、favicon、ボタン、フォーム入力部分などサイト全体への変更を簡単に行えるようになります。 

 

このデザインシステム機能により、ウェブサイト構築のプロセスを短縮することができ、瞬時に新規・既存のウェブサイトをデザイン、編集することができるようになります。これにより、ブランドや見た目の統一感を損なうことなく、ウェブサイト公開までの時間を短縮することが可能になります。

 

現在インターネット上のウェブサイトの38%がWordPressを使って構築されており、これは業界2番手の会社のウェブサイト件数の15倍となっています。従って、今回のバージョン3.0の発表は、世界最大のウェブ構築プラットフォームで新しいデザイン方式が生み出されるということを意味します。Elementorによるこの技術革新は、常に変化するニーズに合わせてウェブサイトをデザインできる柔軟性、カスタマイズ性、適用性といった、オープンソースプラットフォームならではの強みをさらに引き出し、WordPressに新しい一面を加えるものとなります。 

 

ElementorのCEOであるヨニ・ルクセンバーグ氏は、「Elementorのバージョン3.0 [https://elementor.com/blog/elementor-3-new-professional-features/ ]では、 WordPressに包括的なデザインシステム性能を追加し、ウェブサイトクリエイター達がこれまでになかった方法でサイト構築をすることを可能にします。無駄な作業に費やす時間を削減し、デザインの本当に重要な部分に集中して仕事を進めることができるようになります。Elementorのバージョン3.0では、我社のコミュニティーの皆さんに素晴らしい機能をお届けするだけでなく、ウェブ構築の世界で新しいスタンダードを確立し、クリエイターやデザイナーの仕事に革命を起こしたいと願っています。」とコメントしています。

 

Elementor について

 

ElementorはWordPressのウェブサイト構築用プラットフォームとして知られており、500万件以上のサイトで活用されています。Elementorのプラットフォームはコード不要且つオープンソース形式であることから、152カ国の市場でウェブサイト開発者、デザイナー、マーケティング担当者らウェブサイト構築に関わる人々に支持されています。 Elementorの使命はウェブサイト構築を劇的に簡便化し、ウェブプロフェッショナルや代理業者がそのクリエイティビティーやビジネスに対する潜在能力を余すことなく発揮することができる場を創出することです。詳細は、www.elementor.com をご覧ください、またはFacebook [https://www.facebook.com/elemntor/ ]で当社をフォローお願いします。

 

 Video - https://www.youtube.com/watch?v=N8wiLAsuIZ4
Photo - https://mma.prnewswire.com/media/1243364/Elementor.jpg 

 

 (日本語リリース:クライアント提供)





 




本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中