Owl Ventures、エドテック投資の新ファンドで5億8500万ドルを調達

Owl Ventures

2020/9/2 09:10

AsiaNet 85318 (1432)

 

【サンフランシスコ2020年9月1日PRNewswire =共同通信JBN】

*12億ドル以上の資産を運用するOwl Venturesはエデュケーション・テクノロジー(教育工学)分野に特化した世界最大のベンチャーキャピタル会社

 

エデュケーション・テクノロジーにおける世界最大ベンチャーキャピタルファンドであるOwl Venturesは1日、2つの新規ファンドで5億8500万ドルの調達を完了したと発表した。シリコンバレーとサンフランシスコを本拠とする同社は、4番目のファンドで4億1500万ドル、初のオポチュニティーファンドで1億7000万ドルをそれぞれ取りまとめた。新たなファンドは幼稚園から高校、高等教育、将来の仕事(キャリア異動や専門学習)を含む教育領域にわたって世界の主要エデュケーション・テクノロジー企業に初期および成長、後期の各段階の投資を実行する戦略の促進を助ける。

 

Logo - https://mma.prnewswire.com/media/1245365/Owl_Ventures_Logo.jpg

Photo - https://mma.prnewswire.com/media/1245366/Owl_Ventures_Team.jpg

 

同社は2014年の創業以来、グローバルなエドテック(教育工学)市場で急成長する多くの企業に大型投資をしてきた。その対象はAccelerate Learning(Carlyle Groupが買収)、Degreed、DreamBox Learning(TPG Riseが買収)、Hazel Health、MasterClass、Newsela、Noodle Partners、Quizlet、Remindといった米企業のほか、BYJU's、Labster、Lele Ketang、Sanjieke、WhiteHat Jr.(BYJU's が買収)などの国際企業である。

 

Owl VenturesのマネジングディレクターであるTory Patterson氏は「会社を始めてから、教育および労働力開発においてデジタル革命が急激に広がるのを見てきた。リモート学習とリモートワークへの移行に伴い、すでに起きていたこの分野へのデジタル浸透が一層盛り上がり、6兆ドルを超える教育・研修市場でわれわれは大きな分岐点にいる」と述べた。

 

Owl VenturesマネジングディレクターのIan Chiu氏は「米国と中国、欧州、インドにあるわれわれのポートフォリオ企業は継続学習に不可欠な要素であると分かってきた。問い合わせやユーザーの伸びとかかわり、顧客の参入は、ポートフォリオ企業全体がわれわれのプラットフォームを世界中で利用することで、飛躍的に増加している」と語る。

 

Owl Venturesのグローバル投資戦略の成功は最近、インドのポートフォリオ企業2社の動きによって注目された。世界で最も価値が高い非公開エドテック企業のBYJU'sが、創業18カ月の新興企業WhiteHat Jrを3億ドルで買収したのだ。Owl Venturesは両社に投資する唯一のファンドである。

 

Owl VenturesマネジングディレクターのAmit Patel氏は「Whitehat JrとBYJU'sの目覚ましい成長は、インドと世界中でのエドテック市場の急速な拡大と成熟を物語っている。教育と研修の大きな問題に取り組む先見的な起業家と手をつなぎ、彼らが斬新な大手企業を構築することを助けていきたい」と話した。

 

Owl Venturesは手掛ける取引の圧倒的大部分で主力投資家になり、通常はそれぞれの企業の取締役会に加わる。この現場主義は、物流や提携、人材、資金集め、結果測定などさまざまな機能で企業を支援する。同社はエドテック起業家同士が最高事例や見識を共有し、提携機会を探るCEOサミット会議や特定産業イベントを通じて、ポートフォリオ企業内で強力な共同体を育むことにも努めている。教育分野のスペシャリストであるこのファンドは、主要多角化ベンチャーキャピタルやプライベートエクイティーファンドと協力し、ポートフォリオ企業の成長加速を助けることに成功している。

 

Owl Venturesは米国とアジア、欧州、中東、南米の有名な大学基金や財団、戦略教育機関、政府系ファンド、ファミリーオフィスで構成するグローバルなリミテッドパートナーに支援されている。

 

Owl VenturesマネジングディレクターのTom Costin氏は「われわれのグローバルなリミテッドパートナー基盤と、教育機関・リーダーのネットワークは、ポートフォリオ企業の将来転換を独自に助ける貴重なパートナーを世界中に持つことであり、大きな競争的優位性である」と指摘した。

 

▽Owl Venturesについて

Owl Venturesは12億ドル以上の資産を運用するエデュケーション・テクノロジー分野に特化した世界最大のベンチャーキャピタル企業である。シリコンバレーを本拠とし、幼稚園から高校、高等教育、将来の仕事(キャリア異動や専門学習)にわたる教育領域で世界の主要エデュケーション・テクノロジー企業に投資している。Owl Venturesは深い専門知識を持ち、リミテッドパートナーと投資家、戦略パートナーのグローバルなネットワークを生かし、起業家がその事業を斬新な大手企業に拡大することを支援している。詳しい情報はwww.OwlVC.com を参照。

 

▽問い合わせ先

Tom Costin

tom@owlvc.com

 

ソース:Owl Ventures

 

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中