PAPALOOKがスタジオ水準の最新型プロ向けライブカメラPA552を発表

PAPALOOK

2020/10/8 11:25

 

PAPALOOKがスタジオ水準の最新型プロ向けライブカメラPA552を発表

 

AsiaNet 85888 (1756)

 

 

【ロサンゼルス2020年10月8日PR Newswire=共同通信JBN】

*PA552はタッチボタン、3段階の照度調整、デュアルノイズリダクション・マイクロホンを装備

 

広く知られた革新的なカメラメーカーのPAPALOOKは、このほど最新のライブカメラ、PA552を発表した。自動ビューティフィケーション機能、調整可能な照度とスタジオ水準の照明を備えたPA552は、プロのブイロガー(vlogger)とインターネット有名人にとって最適のカメラである。COVID-19(新型コロナウイルス感染症)のパンデミックの間、ユーザーはカメラを使って友人と連絡を保ち、お互いに交流しただけではなく、向上したビデオ会議やオンライン学習も体験した。現在、PA552はamazon.com(https://www.amazon.com/dp/B08D7CVDD8?ref=myi_title_dp )とamazon.co.uk(https://www.amazon.co.uk/dp/B08D7CVDD8?ref=myi_title_dp)で購入でき、間もなくStaplesの店舗にも登場する。

 

https://photos.prnasia.com/prnh/20200930/2934169-1

(写真説明:PAPALOOKがスタジオ水準の最新型プロ向けライブカメラPA552を発表)

 

スタジオグレードの改良されたリングライトと3段階の照度調整を備えたPAPALOOK PA552の照明機能は自由に作動させることができる。リングライトも自動的に映像の明るさを調整できる。DSPチップが外部の光をとらえると、ヒトの脳と同じような方法で、自動的かつインテリジェントに最高の映像の露出を実現するよう反応する。薄暗い状況下でさえも、ユーザーは意味のあるライブ体験を達成できる。5レイヤーのCMOSガラスレンズとフルHD 1080 Pがディテールをより鮮明にとらえ、スムーズな30フレーム/秒ビデオで自然で明るい色彩を実現する。

 

PA552のデュアルノイズリダクション・マイクロホンは信号対雑音比(SNR)が大きく向上し、外部背景ノイズを自動的にとらえ、フィルタリングする。雑音が多い環境でも、このマイクロホンはより澄んだレベルの音質をもたらす。この全方向マイクロホンは、すべての角度からの音をよりリアルにとらえる。

 

より本物の映像を伝えるために、PAPALOOKは歪みやぼやけを最小化する先端のポートレート再生技術を採用し、色彩の真実性を高めている。

 

このウェブカムはタブレットのモニターやノートPCのスクリーンに固定でき、さらに付属の三脚、卓上、あらゆる平らな場所に据える利便性を備えている。簡単な接続とプラグアンドプレーの設定により、WindowsとMacのオペレーティングシステムやほとんどのライブ放送とビデオのソフトウエアに準拠している。

 

▽PAPALOOKについて

業界をリードするウェブカムの専門企業であるPAPALOOKは、より優れて革新的なオンライン・オーディオビジュアル認識技術の研究・開発の結果としての一層優れたオンラインビデオ体験を世界のユーザーに提供することにコミットしている。当社は現在、720P/1080P と 2K/4kの高解像度ウェブカムを作ることに重点を置いている。PAPALOOKウェブカムであなたのライブストリーミングを始めよう。より詳しい情報はwww.PAPALOOK.com を参照のこと。

 

▽問い合せ先

Nydia Zhang

E-mail: nydia@mixcder.com

+86-0755-29422070

support@papalook.com

 

ソース:PAPALOOK

 

Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=373163

(写真説明:PAPALOOKがスタジオ水準の最新型プロ向けライブカメラPA552を発表)

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

PAPALOOKがスタジオ水準の最新型プロ向けライブカメラPA552を発表

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中