PXGが完全に最適化された100%フライス加工のブラックジャックパターを発表

Parsons Xtreme Golf

2020/10/12 09:00

AsiaNet 86007 (1813)

 

【スコッツデール(米アリゾナ州)2020年10月9日PR Newswire=共同通信JBN】

*PXGの新しいディープCGテクノロジーでオッズを有利にしよう

 

高性能機器の開発に専念する革新的なゴルフ企業であるPXG(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2943725-1&h=3420770917&u=https%3A%2F%2Fwww.pxg.com%2F&a=PXG )は、最新のゴルフクラブ・テクノロジーであるPXGブラックジャックパター(PXG Blackjack Putter)(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2943725-1&h=3749557969&u=https%3A%2F%2Fwww.pxg.com%2Fclubs%2Fputters%2Fblackjack&a=PXG+Blackjack+Putter )を発表した。同社の新しいBattle Ready Collectionの最初のリリースであるブラックジャックは、全てのストロークの安定性と寛容性に向け完全に最適化されたマレットスタイルのパターである。

 

PXGのBob Parsons最高経営責任者(CEO)は「MOI(慣性モーメント)、CGロケーション(重心の位置)からバランスと安定性まで、新しいブラックジャックパターでは全てを完全に最適化した。パットは打ったショットの約40%を占めるので、ブラックジャックを使用してオッズを有利にしよう」と述べた。

 

ブラックジャックパターは、航空宇宙グレードのアルミニウムと高密度タングステンを結合して深い重心(CG)位置をサポートする新しいバイマテリアル(二材料)構造を導入している。CGをフェースから遠ざけることにより、プレーヤーがフェース角度を自然な経路から外すことがより難しくなる。これによりインパクト時にフェースをスクエアにするプレーヤーの能力を向上させる。

 

さらに、ブラックジャックはセンターヒット速度を上げるために最適化された溝の深さを備えた新しい可変サイズのピラミッドフェースパターンを特徴としている。この設計はまた、ボールの初速度、打ち出し角度、スピン速度、スキッド距離など回転に影響するあらゆる重要な要素における一貫性を保証するのに役立つ。

 

ブラックジャックは、クラブヘッドの質量とバイアスに影響を与える大きなソールウエートを提供する。これらのウエートは最適なパーフォーマンスのために簡単に調節できる。

 

全体で330グラムから445グラムまでの範囲の調節可能なウエートを備えたブラックジャックの組み立てられた質量は、さらに選択されたホーゼルにより決定される。パターは、ヒールシャフト、ダブルベンド、プランバーズネック、アームロックの4つのホーゼルのうちのいずれかを活用してあらゆるストロークに対応する。

 

ブラックジャックのソールには、PXGのアイコニックなDarkness Insigniaが付けられている。この記章は、ベトナム戦争中に米海兵隊第26連隊でライフル銃兵として従軍したボブパーソンズ(Bob Parsons)氏の軍務を記念している。

 

詳しい情報はwww.PXG.com を参照。

 

▽PXGについて

PXGは米国の起業家ボブ・パーソンズ氏により設立された。PXGは画期的なテクノロジーと、高性能の合金を一体化する洗練された製造工程を活用し、世界最高のゴルフクラブを製造している。

 

PXGの専門家スタッフには、Zach Johnson、Pat Perez、Ryan Moore、Jason Kokrak、Joel Dahmen、Lydia Ko、Anna Nordqvist、Celine Boutier、Austin Ernst、Christina Kim、Katherine Kirk、Gerina Piller、Jennifer Song、Linnea Stromなど優秀な人材がいる。

 

PXGは、ドライバー、フェアウエーウッド、ハイブリッド、アイアン、ウエッジ、パターを含む右打ち、左打ち用のクラブをフルラインアップで取りそろえている。

 

▽メディア問い合わせ先

Leela Brennan

press@pxg.com

+1.480.387.5591.

 

ソース:Parsons Xtreme Golf

 

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中