世界最多の乗降客数を誇る「新宿駅の地下空間」で 「案内アプリ」の実証実験を実施

~スマートフォンによる屋内でのナビを実現~

ジョルダン

2020/10/27 14:00

2020年10月27日

ジョルダン株式会社

 ジョルダン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:佐藤 俊和、以下 ジョルダン)は、東京都主導のもとで、11月下旬から新宿駅において、スマートフォンによる屋内でのナビを可能にする「案内アプリ」の実証実験を実施します。

 東京都とジョルダンは、2019年度から、新宿駅を利用する人々がより円滑に移動できる環境の整備を促進するために、民間による案内誘導サービスの実現の支援に取り組んでいます。

 来年の東京2020大会を控え、世界最多の乗降客数を誇る新宿駅を利用するすべての人々がより円滑に移動できる環境の整備を促進するため、昨年度の実証デモ(※1)により公表したオープンデータ(※2)を活用した新宿駅の「案内アプリ」の実証実験を実施、民間の移動支援アプリの開発を促進します。

 本実証実験では参加者(アプリモニターとアプリ開発者。詳細は別紙参照)を募集します。参加を希望される方は、以下の実証実験専用サイトよりお申込みください。

 https://shinjuku-st.navipo.tokyo/

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中

    過去に配信したプレスリリース