牛乳石鹼 presents いいふろまつり 2020開催のお知らせ

日本のお風呂っていいな!11月26日は「いい風呂の日」

牛乳石鹸

2020/11/10 14:00

NO_1

牛乳石鹼共進社株式会社

報道関係者各位

2020年11月10日(火)

 

   日本のお風呂っていいな!1126日は「いい風呂の日」   牛乳石鹼 presents いいふろまつり 2020

牛乳石鹼共進社株式会社(本社:大阪府大阪市城東区以下牛乳石鹼)は、 2020年11月26日(木)の「いい風呂の日」を記念して「いいふろまつり2020」を 開催いたします。毎年リアルでのイベントでしたが、 今年はコロナの状況を受け、オンラインにて開催致します。

1126日は「いい風呂の日」‼【1126=イイフロ(いい風呂)】

「いい風呂の日」は、11月26日を【1126=イイフロ(いい風呂)】とし、日本浴用剤工業会が日本記念日協会により正式に登録、認定された記念日です。健康を育み心のリラックスを与えてくれる空間、そして家族のコミュニケーションの場としても重要なお風呂。日本の素晴らしい文化であるお風呂の価値を再認識する1日です。

  ■いいふろまつり2020:内容一部紹介

「ねづっちさん」による「お風呂謎かけ」

産経新聞社様にご協力いただいた「お風呂川柳大賞」(10月31日まで一般

募集。)の優秀作品や「いい風呂 of the Yearの発表をはじめ、謎かけ

名人「ねづっちさん」による「お風呂謎かけ」も行われます。

 

牛乳石鹼オリジナル「銭湯寄席」・「銭湯今昔トークセッション」

関西在住・新進気鋭の落語家による「牛乳石鹼オリジナル銭湯寄席」を制作・披露いただき伝統文化とのコラボレーションにより、銭湯文化の発信を図ります。また、銭湯寄席を披露いただいた落語家と共に、高円寺の銭湯・小杉湯の番頭兼イラストレーター「塩谷歩波」及び雑誌『Meets Regional』元・編集長 江 弘毅氏の対談を実現。『銭湯の今昔』をテーマに文化度の高いトークセッションを展開し、「コロナ禍における銭湯」にもフィーチャーした内容とすることで、2020年ならではのコンテンツに。

いいふろまつり2020開催情報

開催日時:2020年11月26日(木)19:00~20:00頃 《参加料:無料》  

特設サイト:https://www.cow-soap.co.jp/20201126/ 終了後は、特設サイトにてアーカイブとして配信(1年間程度)

 

本件に関するお問合せ先

<お客様>

牛乳石鹸共進社株式会社  お客様相談室

【TEL】06-6939-2080

【WEB】 https://www.cow-soap.co.jp/corporate-info/customer-center/select/

 

<報道関係者様>

牛乳石鹸共進社株式会社

コーポレートコミュニケーション室  田原

【TEL】 06-6939-1454

【FAX】 06-6939-8011

【E-MAIL】webadmin2@cow-soap.co.jp

 

<受付時間>TEL:10時~16時 (土日祝、弊社休業日を除く)

FAX・E-MAIL・WEB:随時受付。但し、返信については弊社営業時間中となります。ご了承ください。

NO_2

 

■その他_参考情報

【イベント内容】

・「お風呂川柳大賞」優秀作品発表

・謎かけ名人「ねづっち」による「お風呂謎かけ」

・「いいふろ・オブ・ザ・イヤー2020」発表

・牛乳石鹼オリジナル「銭湯寄席」

・「銭湯今昔トークセッション」

 

【司会進行】テリー植田

 

 

【出演者プロフィール】

■登壇:ねづっち

1997 年に芸人デビュー。 2010 年、「ととのいました!」の掛け声に続いて披露するなぞかけで注目

を集める。「ととのいました!」は、「2010 年新語・流行語大賞」のTOP10 入りを果たす。 テレビ、

ラジオ、寄席、ライブ、YouTube など幅広いジャンルで精力的に活動中。

 

■登壇:テリー植田(てりー・うえだ)

奈良県桜井市生まれ。イベントプロデューサーとして企業、自治体などのPRイベントの企画、司会、

プロデュースを行う。そうめん研究家ソーメン二郎としてのそうめん復権活動も行なっている。

 

■登壇:桂治門(かつら・じもん)

兵庫県出身。教育免許を取るために教育実習まで行っていたが、師匠である桂小春団治の落語を聴き大変な感銘を受け入門を志願。2008年桂小春団治に入門。桃山学院大学経済学部卒。

■創作:桂福丸(かつら・ふくまる)

神戸市出身。大学卒業後は英語落語を学びアメリカでも公演を行う。

2007年桂福団治に入門。福丸の名付け親は作家の藤本義一氏である。2017年文化庁芸術祭大衆芸能部門新人賞。

 

※「銭湯今昔トークセッション」

■塩谷歩波(えんや・ほなみ)

高円寺の銭湯・小杉湯の番頭兼イラストレーター。早稲田大学大学院(建築)を修了後、設計事務所に勤めるも体調を崩す。休職中に通った銭湯に救われ、「銭湯図解」をSNS上で発表。評判を呼び、小杉湯の番頭に。

■江 弘毅(こう・ひろき)

岸和田市出身。編集者/著述家。89年京阪神の街的雑誌「ミーツ・リージョナル」を立ち上げ、12年編集長をつとめる。昭和の下町の育ちゆえ、幼少期は銭湯通いだった。そのあたりは近著『K氏の大阪弁ブンガク論』(ミシマ社)に書いている。

 

以上

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

イベントタイトルイメージ

これまでの同イベントの様子

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中