「DUNLOP全国タイヤ安全点検」で25%の車両がタイヤ整備不良

住友ゴム工業

2020/11/27 14:00

 

No.2020-82

発行:2020年11月27日

 

DUNLOP全国タイヤ安全点検」で25%の車両がタイヤ整備不良

 

 住友ゴム工業(株)(社長:山本悟)は、定期的なタイヤ点検の啓発のために13年間実施してきた「DUNLOP(ダンロップ)全国タイヤ安全点検」を、10月1日~10月31日に全国のDUNLOP直営店(タイヤセレクト、タイヤランド)で実施しました。

 今回の点検の結果、濡れた路面でのスリップの原因となる「残溝不足」をはじめとする整備不良が4台に1台の割合(25.0%)で確認されました。点検にあわせて開催した『#笑顔のためにタイヤ点検』キャンペーン※によって、これまで道の駅などを中心とした点検からDUNLOP直営店での点検に変更となりましたが、多くの方にDUNLOPの取り組みを知っていただき来店いただくことができました。

※ドラえもんと一緒にセルフタイヤ点検が学べる特設サイトを公開~『#笑顔のためにタイヤ点検』SNSキャンペーンも同時開催

  ~(2020年09月30日発行リリース):https://www.srigroup.co.jp/newsrelease/2020/sri/2020_063.html

 

タイヤ点検の様子

 

乗ったまま点検(ドライブスルー方式)の様子

 

 タイヤ点検は、タイヤに起因する事故の未然防止を目的に、装着されているタイヤの残溝、空気圧、表面の損傷などの点検を行うもので、2008年から継続して実施しています。今回は計2,137台の車両のタイヤを点検した結果、タイヤの整備不良率は25.0%でした。不良別では残溝不足が19.7%、空気圧の過不足が17.1%、表面の損傷が10.5%、偏摩耗が6.1%、釘・異物踏みが0.8%と続きました。(各不良率は重複を含みます)

 ドライバーの皆さまの安全・安心な走行をサポートするべく『DUNLOP安全・安心への取り組み特設サイト』では、タイヤの溝に5円玉を差し込むだけでできる簡単残溝点検を始め、点検チェックシートや点検ポイントなどを分かりやすくまとめています。ぜひ日々のセルフ点検に活用ください。

▷DUNLOP安全・安心への取り組み特設サイト:https://tyre.dunlop.co.jp/tyre_safety/

©藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK

 

 DUNLOPのブランドメッセージ「事故のない毎日をつくりたい。」は、日経BPコンサルティング調べの「企業メッセージ調査2020」で、メッセージ好感度No.1を獲得しています。お客様の期待に応えるべく、引き続きタイヤ点検の重要性を呼びかけ、より安全なモビリティ社会の実現を目指してまいります。

 

     

<商品・イベントに関するお問い合わせ先>

    タイヤお客様相談室  TEL:0120-39-2788      

 

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

タイヤ点検の様子

乗ったまま点検(ドライブスルー方式)の様子

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中