コーポレートベンチャーキャピタルの組成から運営までワンストップで支援するプログラム「Fund X」提供開始

電通

2020/12/14 13:15

2020年12月14日

株式会社 電 通


 

株式会社電通(本社:東京都港区、社長:五十嵐 博、以下「当社」)は、事業共創プロジェクトDentsu JAM!※1のサービスの一環として、企業・ファンドの評価サービスを運営するhackjpn株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:戸村 光、以下「hackjpn」)と共同で、コーポレートベンチャーキャピタル※2(以下、CVC)の組成から運営までをワンストップで支援するプログラム「Fund X」(ファンド エックス)の提供を開始しました。

 

事業会社において優れた技術やサービスを持つスタートアップ企業と提携し、新たな事業・製品・技術を共同開発するオープンイノベーションが活発化しています。その際、スタートアップ企業への出資を併用することで、事業会社は連携を強化でき、スタートアップ企業は事業会社との資本・業務提携でバリューアップするといった双方にメリットが生じる好循環を目的に、国内外で多数のCVCが生まれています。「Fund X」は、CVCの組成・運営サポートを通じて、このような好循環の流れを加速するために設立しました。

 

「Fund X」で提供するメニューは、CVC組成に向けた検討支援から、すでに発足済みのCVCに対する運営サポートまで幅広く展開します。Dentsu JAM!で培ったオープンイノベーションの実績や経験、既存のパートナーシップの活用に加え、hackjpnの企業・ファンド評価サービス「datavase.io」の定性・定量評価に基づいた最適な出資先の選定など、ニーズに合わせたサポートを提供します。さらに当社のマーケティング、コンサルティング機能を合わせることで、総合的な資本・事業提携までを含めた支援を実現します。

 

※1 Dentsu JAM!プロジェクト:2018年設立の、新事業や新産業の創発を支援する共創プロジェクト。https://www.dentsujam.com/

 

※2コーポレートベンチャーキャピタル:投資を本業としない事業会社が、自社とのシナジーを生む可能性のあるベンチャー企業に対し投資を行うこと、またその運営組織のこと。

 

【サービス展開図】

 

 

【本プログラムの概要】

①CVC組成準備・検討

 一般的なCVCの知識や同業他社の事例から、その事業会社に最も適したCVCを設計。

②CVC組成支援

 個別のニーズの検討など、CVC発足に向けた具体的な組成を実施。

③スタートアップへの投資支援

 協業・出資先となるスタートアップ企業の選定と交渉、事業・資本提携を実施。

④出資先スタートアップのバリューアップ支援

 出資先のスタートアップ企業がより成長できるよう、必要なサポートを実施。

⑤EXIT支援

 出資先のスタートアップ企業にEXIT経験者を派遣し、EXITに必要なサポートを提供。

 

 ※プログラムの詳細は先URLをご確認ください  URL: http://fundx.jp/

 

hackjpn概要】

会社名:hackjpn株式会社

所在地:〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2-10-12 新大宗ビル3号館 531

設立年月日:2017年11月13日

代表者:CEO 戸村 光

事業内容:企業・ファンドの評価サービス“datavase.io”を運営。プラットフォームには10,000社を超えるベンチャー企業および投資家が集まる。毎月100社を超える資金調達イベントを開催しており、ベンチャー企業のソーシングにおいて圧倒的な強みを持つ。

URL:https://hackjpn.com/

 

以上

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中