関西学院大が3年連続31度目の優勝! 第75回甲子園ボウル

関西学院大が3年連続31度目の優勝! 第75回甲子園ボウル

2020年12月13日

公益社団法人日本アメリカンフットボール協会

 

NEWS

 

 

 

 

【本件に関するお問い合わせ先】

公益社団法人日本アメリカンフットボール協会

TEL:03-5843-0482 FAX:03-5843-0483

広報担当:清水 TEL:090-7241-7556

E-mail:jafahq@americanfootball.jp

Web:www.americanfootball.jp

2020年12月13日(日)

Page: 3

 

 

 

FOR USE AS DESIRED

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

報道関係各位

関西学院大が3年連続31度目の優勝! 第75回甲子園ボウル

 

12月13日、大学日本一を決める第75回甲子園ボウルが阪神甲子園球場で行われた。関東代表の日本大学フェニックスと関西代表の関西学院大学ファイターズの試合は、関西学院大学が42対24で勝利。3年連続31度目の優勝を飾った。勝った関西学院大は、1月3日に東京ドームで行われるアメリカンフットボール日本選手権 プルデンシャル生命杯 第74回ライスボウルに駒を進め、同15日の第34回アメリカンフットボール日本社会人選手権(富士通フロンティアーズ対オービックシーガルズ)の勝者と顔を合わせる。

 

3年ぶり35回目の出場となった日大と5年連続54回目の出場となった関西学院大の一戦。2017年以来30度目の「赤と青の対決」は、日大のキックオフ、関西学院大のレシーブでスタートした。関西学院大は、キックオフリターンからいきなりスペシャルプレーを仕掛け、RB三宅昂輝が75ヤードのナイスリターンで、敵陣21ヤードからファーストドライブを開始。フォースダウンまで追い込まれるも、ギャンブルに成功してファーストダウンを更新すると、QB奥野耕世がエンドゾーン右奥へ走りこんだWR梅津一馬へ先制の11ヤードタッチダウンパスをヒットした。

 

対する日大もすかさず反撃する。

3年前の甲子園ボウルで最優秀選手賞を受賞したQB林大希のパスなどで着実に前進。最後はRB柴田健人がゴール前7ヤードの得点機に中央を突いてエンドゾーンまでボールを持ち込み、試合を振り出しに戻した。

 

なおも日大は、相手のオフェンスをパントに抑えて攻撃権を得ると、QB林が多彩な空中戦を展開して敵陣まで侵攻。そして、ゴール前4ヤードの場面で司令塔がエンドゾーン内中央付近のWR大通広志へパスをヒットして勝ち越しに成功した。

 

7点のビハインドを背負うことになった関西学院大は、第2Q早々に三宅、前田公昭のRBコンビが地上戦を展開し、エンドゾーン付近までボールを進める。最後は、RB三宅が右オープンに走り込み同点のタッチダウンを決めた。

 

その後はお互いにパントの応酬でこう着状態が続いたが、前半終了間際に関西学院大はRB前田の重厚なランを連発してゴール前1ヤードまで前進。フォースダウンギャンブルを敢行する執念を見せると、インモーションからボールを受けたWR大村隼也がエンドゾーン内へ走り込み、関西学院大が7点のリードで前半を折り返した。

 

関西学院大は第3QにRB三宅がエンドゾーン手前3ヤードの場面からタッチダウンランで加点。リードを14点に広げて、勝負の第4Qへ突入する。

 

第2Q以降は得点が止まっていた日大だったが、RB川上理宇が相手タックルを華麗なステップでかわし、独走の78ヤードタッチダウンランでようやくスコアボードに得点を刻む。

 

リードが7点に変わった関西学院大は、WR鈴木海斗が随所に好捕を見せて日大陣まで侵入。すると、右コーナーに走りこんでいたWR糸川幹人が、QB奥野からのパスをエンドゾーンを背にしてナイスキャッチ。これがそのままタッチダウンとなり、粘る日大を突き放しにかかる。

 

諦めない日大もQB林からWR林裕嗣へのスクリーンパスで距離をゲインして相手陣までボールを進めると、36ヤードFGで3点を加えて必死に食い下がる。

 

しかし、関西学院大はRB三宅がリバースプレーから味方のブロッカーをうまく使い、右サイドを一人旅。試合時間残り5分を切ったところで53ヤードタッチダウンランが決まり、粘る日大にダメを押した。

 

甲子園ボウル最優秀選手(MVP)は、ラン11回123ヤード、3TDを記録した関西学院大のRB三宅が受賞。敢闘賞には、ラン12回、141ヤード、1TDをマークした日大のRB川上が選ばれた。なお、大学最優秀選手に贈られるチャックミルズ杯も発表され、関西学院大のQB奥野が選出された。

 

関西学院大学 大村和輝監督

事前に考えていた通り、日大のオフェンスには非常に力があり、攻守ともラインが強いのでディフェンスは進まれるだろうと思っていました。どこまで頑張れるかと思っていましたが、予定通りでした。初めの第1Qのディフェンスのいかれ方は、練習していたことと違っていたのでアジャストが遅れました。第2Qからアジャストできた結果、相手のオフェンスを止めることができました。(オフェンスでは)三宅(昂輝)ももちろん良かったですし、奥野(耕世)と鈴木(海斗)のホットラインがちゃんと機能したことが助かりました。

 

関西学大学#3奥野耕世

自分が最終学年の年に甲子園ボウルまでこられて、勝って学生日本一になれたことは素直に嬉しい気持ちです。(日大は)サイズも大きくてハードタックルでスピードもありましたが、目の前のプレーに集中してやり続けたことが、結果としてつながって勝利になったことが良かったです。

 

日本大学 橋詰功監督

攻守で関西学院大の方が上回っていました。(肩を故障していたQB林大希について)結果が変わっていたかわかりませんが、できればベストの状態でやらせてあげたかった。ただし、非常に悪い状態にもかかわらず、トレーナー陣の献身的なサポートと本人の頑張りであそこまでできたことは予想外でした。これだけ点差をつけられて素晴らしい試合と言ってもらえるか自分自身はなかなか満足できていないですが、それでも選手全員が最後まで頑張ってくれたこと自体はありがたいと思っています。

 

日本大学#10林大希

4年間本当に苦しかったですが、日本大学フェニックスの一員として、そしてエースとして4年間歩めたことは自分の中で誇りに思います。今日は自分を褒めたいと思っています。(背番号変更について)昨日に監督から10番を託され、今日は出場できるかわかりませんでしたが、「エースはお前や」と言っていただいたので、背番号「10」をつけて出場させていただきました。

 

アメリカンフットボール日本選手権 プルデンシャル生命杯 第74回ライスボウル

記者発表会

(日   時)      2020年12月16日(水)  記者発表会     : 13:00から

 

(会   場)      ウエブ開催記者発表会 ZOOMを利用したウエブ開催になります。

              申請を頂きました方々に参加IDを個別にお知らせしております。

 

(出   席)      学生代表チーム:甲子園ボウル勝者関西学院大学の監督・主将

社会人代表チーム:ジャパンエックスボウル勝者※の監督・主将

※富士通フロンティアーズとオービックシーガルズの勝者

 

 

大会実施要項

 

(名  称)  アメリカンフットボール日本選手権 プルデンシャル生命杯 第74回ライスボウル

 American Football Japan Championship, Rice Bowl 74 by Prudential

 

(主  催) 公益社団法人日本アメリカンフットボール協会、朝日新聞社

(主  管) 日本学生アメリカンフットボール協会

         一般社団法人日本社会人アメリカンフットボール協会

(運営協力) 一般社団法人関東学生アメリカンフットボール連盟

        一般社団法人日本社会人アメリカンフットボール協会

(後  援)  スポーツ庁、アメリカ大使館、日刊スポーツ新聞社、日本放送協会(NHK)

(特別協賛) プルデンシャル生命保険株式会社

(協  力) 株式会社東京ドーム他

(日  時) 2021年1月3日(日)  試合開始 15:00  (開場11:00)

(場  所) 東京ドーム

(試  合) 学生代表チーム(一塁側) VS 社会人代表チーム(三塁側)

(出場資格) 学生は東西学生王座決定戦「甲子園ボウル」における勝利チーム※

        社会人は日本社会人選手権「ジャパンエックスボウル」における優勝チーム※

             ※勝利チームが出場できない場合はそれに代わるチームが出場する

(競技規定) 1.2020年度公益社団法人日本アメリカンフットボール協会競技規則による

       2.勝敗が決定しない場合は、両者優勝とする

         3.本競技会では日本アンチ・ドーピング規程に基づくドーピング検査が行われる

(入 場 料) 指定席(バルコニー席):当日券\5,500(前売り\5,000)

         指定席(A指定):当日券\4,000(前売り\3,500)

         指定席(B指定):当日券\3,500(前売り\3,000)

指定席(C指定):当日券\3,000(前売り\2,500)

        ※全席指定、大会プログラム無料配布 

(発売期間) 2020年12月10日(木)―2021年1月3日(日)

(発売場所) チケットぴぁ:https://w.pia.jp/t/ricebowl/  Pコード [847-733]

ローソンチケット:https://l-tike.com/sports/ricebowl/  Lコード [30103]

CNプレイガイド:http://www.cnplayguide.com/rb74/  電話オペレート:0570-08-9999

セブンチケット:http://7ticket.jp/ [発売開始12月16日(水)より]

イ―プラス:https://eplus.jp/ricebowl/  

※GoToイベント事業対象(購入方法によっては対象外になることがあります)

(テレビ放映) NHK BS1 2021年1月 3日(日) 15:00〜試合終了まで

(問合せ先) ライスボウル実行委員会(日本アメリカンフットボール協会)

 03-5843-0482 (担当)渡邊、武居

(スケジュール)  11:00 開場(ゲートオープン)

           11:30 女子タッチフットボール全日本王座決定戦 第26回さくらボウル

           15:00 ライスボウル

                国歌独唱およびハーフタイムショー:クリス・ハート

 

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中