プロパティデータバンク、早稲田大学 理工学術院総合研究所との共同研究を開始

「建築プロジェクトとWhole-life costのマネジメント手法に関する研究」について共同研究を開始

2021/1/29

プロパティデータバンク株式会社

プロパティデータバンク株式会社(本社:東京都港区、取締役社長:板谷敏正、証券コード:4389)は、 早稲田大学 理工学術院総合研究所 (所在地:東京都新宿区) と「建築プロジェクトと Whole-life cost ※1 のマネジメント手法に関する研究」について共同研究を開始いたしました。

 

研究内容ならびに当社目的

昨今、建築産業全体でBIM(Building Information Modeling)  ※2やVDC(Virtual Design and Construction) ※3の導入などのICT技術を通じた生産性向上の取組みや、プレゼンテーション方法の工夫による発注者と受注者間での共同作業による質の高い建築物を実現する仕組みの実現が図られています。

 

本共同研究においては、BIMの普及に伴う建築プロジェクトの実施方法の変化に関する現状調査を実施した上で、基本計画、基本設計、実施設計、施工、運用、解体に至る建築物のライフサイクル全般における建築プロジェクトのあるべき姿について研究を行っています。

 

当社が取り組んでいるBIM事業を共同研究していくことにより、当社BIM事業ならびに建設産業全体の更なる発展に貢献できるよう取り組んで参ります。

 

 

 

※1 Whole-life cost とは、LCC(ライフサイクルコスト)に替わる新しい考え方で、企業が保有する不動産資産の一生涯にかかる支出と収入の管理・評価を行い、資産の価値向上の取組も併せて評価する国際的概念

 

※2 BIM とは、Building Information Modeling(ビルディング インフォメーション モデリング)の略称で、コンピュータ上に作成した3次元の建物のデジタルモデルに、コストや仕上げ、管理情報などの属性データを追加した建築物のデータベースを、建物の設計、施工から維持管理までのあらゆる工程で情報活用を行うためのソリューションであり、また、それにより変化する建築の新しいワークフロー

 

※3 VDC とは、Virtual Design and Construction(バーチャル デザイン アンド コンストラクション)の略称で、仮想空間で三次元モデルに情報を付加したBIM を用いて、設計からエンジニアリング、建設における情報管理を統合的に行い、仮想空間上で施工前に三次元モデルをつくることで設計したものを検証、再検討、解析、そして高度な最適化を実現することで実際に施工する際の手戻りを極力少なくするという手法

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • 名称 プロパティデータバンク株式会社
  • 所在地 東京都
  • 業種 情報サービス・コンテンツ
  • URL http://www.propertydbk.com/
  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中

    過去に配信したプレスリリース