箱根の交通情報を一元化し、混雑情報の発信を開始 箱根エリアの混雑・渋滞回避を促し快適な箱根回遊を促進

~神奈川県「混雑緩和に係る新たな観光モデル創出推進事業」としての取り組み~

ジョルダン

2021/1/25 14:30

2021年1月25日

ジョルダン株式会社

  ジョルダン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:佐藤俊和、以下ジョルダン)は2021年1月25日より、箱根DMO(一般財団法人 箱根町観光協会)、小田急箱根グループ、伊豆箱根グループ、藤田観光株式会社、公益財団法人神奈川県公園協会、株式会社カンドウコーポレーションと連携し、道路混雑情報や大涌谷駐車場の満空情報などを観光ウェブサイトやデジタルサイネージ上で一元的に発信する取り組みを開始します。

 本事業は、神奈川県が新型コロナウイルス感染症拡大をきっかけに、接触を避け、快適で満足度の高い観光を目指すために「混雑緩和に係る新たな観光モデル創出推進事業」として、箱根DMOが受託した事業で、ジョルダン株式会社はその情報発信システムの一部をJorudan Styleを活用することで構築し、運用します。

 主な事業内容としては、箱根エリアで特に渋滞が発生する国道1号線の渋滞情報や大涌谷駐車場の満空情報および待ち時間などの発信のほか、小田急箱根グループと伊豆箱根グループの運行情報の表示デザインを統一化し視認性を高めWEBやサイネージ上で情報を発信し、来訪者の渋滞回避および密を回避し混雑の少ないルートへ回遊促進を図っていきます。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中