「ジョルダンバス予約」申込時にワンストップで加入できる ビルトイン型保険(国内旅行保険)の販売開始

ジョルダン

2021/3/29 14:00

2021年3月29日

ジョルダン株式会社

 MaaSビジネスを展開しているジョルダン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:佐藤俊和、以下「ジョルダン」)ならびにMS&ADインシュアランス グループの三井住友海上火災保険株式会社(社長:原 典之、以下「三井住友海上」)は、2021年1月にジョルダンバス予約サイトで高速バス申込と同時に加入ができるビルトイン型保険(国内旅行傷害保険)の販売を開始しました。

 ジョルダンと三井住友海上は、今後もさまざまな移動手段に有効なサービスを提供することで、

お客さまの利便性向上を実現していきます。

 

1. 背景

 ジョルダンは、乗換案内を中心とするソフトウェア開発や携帯コンテンツ事業を軸に旅行業やMaaS事業等のビジネスを展開し組み合わせることで、「移動に関するNo.1ICTカンパニー」を目指しています。その一環で、昨今のバス利用が移動手段として増加していることからバス利用者への更なる利便性向上を検討していました。

 一方、三井住友海上は2021年1月、「適切なタイミングで必要な保険に簡便に加入できる」ビルトイン型保険を開発し販売を開始しました。

 今般、「ジョルダンバス予約サイト」にビルトイン型保険(国内旅行傷害保険)を導入することで、

 より利便性の高い安心・安全をお客さまに提供することが可能になることから、両社で協業する運びになりました。

 

2. ビルトイン型保険(国内旅行傷害保険)の導入

 今までのバス利用者は、バス予約時に合わせた保険加入の機会がなく、保険の手続きを別途行う必要があり、保険に加入したくても、手間がかかるケースが多くみられました。今回、ビルトイン型保険を導入することにより、「ジョルダンバス予約サイト」と三井住友海上がデータ連携を行い、バス予約と同時に保険を案内することで、バス利用者の個人情報(氏名や電話番号等)の入力負荷を軽減する簡便な保険加入が実現します。また、加入内容の確認や事故のご連絡も、パソコンやスマートフォンで完結します。

 

3. 今後の展開

 ジョルダンと三井住友海上は、本件により取得した販売ノウハウ・データ等を活用し、新たな

 サービスを開発していくことで、利用者に利便性の高いサービスを提供し、社会に貢献していきます。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中

    過去に配信したプレスリリース