HOYAグループPENTAX Medical、中国Vedkangと内視鏡用処置具事業の合弁会社設立

HOYA Corporation PENTAX Medical

2021/5/31 10:51

AsiaNet 89789

 

【東京2021年5月31日PR Newswire】HOYAグループPENTAX Medical と、 中国江蘇省常州市 Jiangsu Vedkang Medical Science and Technology Co., Ltd (Vedkang) は、内視鏡用処置具の開発と製造を担う合弁会社設立に合意いたしました。 新会社は、PENTAX Medicalの販売網を通じて、Vedkangが開発・製造する内視鏡用単回使用処置具を世界へ供給していきます。

 

医療用軟性内視鏡および処置具は低侵襲医療に使用されます。治療のコストと複雑さ、回復までの時間を大幅に削減し、患者さま、医師、および医療システムに利益をもたらします。

 

「私たちの使命は、世界中の患者さまへのより良い医療の提供に貢献することです。高性能で信頼性の高い価値あるソリューションを医療の現場へお届けし、臨床的価値を確立することが私たちの事業の核心です。 PENTAX MedicalとVedkangは、両者の強みを生かし、成長著しい内視鏡治療をさらに世界へ普及していくことに尽力してまいります。」(PENTAX Medical事業部長 Gerald W. Bottero)

 

新会社の社名は PENTAX Medical Therapeutics (Jiangsu) Co., Ltd.(*)で、本社を中国に置き、欧州、アジア、アメリカ向けに内視鏡処置具を開発、製造、販売する予定です。

 

「PENTAX MedicalはVedkangにとって重要なビジネスパートナーです。この度の合弁会社設立により、今まで以上に世界の医療に貢献できるよう、邁進してまいります。(Vedkang会長兼CEO  Zhuang XiaoJing)

(*)社名は当局の許認可を前提としています。


HOYA株式会社PENTAXライフケア事業部(PENTAX Medical)について

 

PENTAXライフケア事業部は、HOYA株式会社の医療用内視鏡を扱う事業部です。高い品質、医療ニーズに応えるイノベーション、そしてシンプルさを追求した最良の内視鏡製品群とサービスを提供することで、患者さまのケアと医療の生産性向上に寄与することをミッションとしています。最先端の研究開発と生産技術を通じ、当事業部はPENTAX Medical のブランド名で内視鏡システムとソリューションを世界の医療機関に提供しています。日本のグローバル本部に加え、世界各地に研究開発、製造、販売、サービスの拠点を擁しています。PENTAX MedicalはTriple Aim programを掲げ、医療従事者の皆さまによりよい医療に繋がるソリューションをお届けできるよう努めております。第一に、スクリーニング、診断から治療までの一連の流れにおいて、医師から患者さまにより優れた治療成果をお届け頂けるよう、ニーズの高い領域に対してエビデンスに基づくソリューションを提供すること、第二に、医療機関のコストと効率の改善に貢献すること、第三に、医療チームから患者さまに最善のケアをご提供頂けるよう支援すること。以上三つの目的を達成すべく、製品の開発、製造、供給とカスタマーサポートに日々努めております。医療における成果に着目し、医療コミュニティと患者さまの声に耳を傾けて日々の課題を理解し、スマートなイノベーションで内視鏡検査の改善を支援します。

 

詳しくはウェブサイトをご覧ください。https://japan.pentaxmedical.com (日本語)

https://www.pentaxmedical.com(英語)



HOYA株式会社について

1941年創業、ヘルスケアや医療関連製品を扱う「ライフケア」と、情報化社会を支える精密部材な どを扱う「情報通信」の2つの事業分野を展開しています。 ライフケア分野では、メガネレンズ、コンタクトレンズおよび眼内レンズ、内視鏡や人口骨、外科処 置や洗浄を行う各種医療機器を展開しています。情報通信分野では、半導体およびLCD/OLED パネルの製造工程で使用されるフォトマスクやブランクス、クラウドストレージにおいて重要なHDD 向けのガラス基板、カメラ用の光学レンズ、音声合成や各種ソフトウェアを展開しています。現在、世界150か所以上の拠点において、多様な国籍の従業員が37,000人以上在籍しています。詳細は、 http://www.hoya.comをご覧ください。

 

 

Jiangsu Vedkang Medical Science and Technology Co., Ltd.について

中国江蘇省常州市に位置し、内視鏡診断および処置具の研究開発、製造から販売までを手掛けています。 5000 m2の工場とクラス100,000のクリーンルームを備えた高度な生産および試験設備により、お客様に高品質な製品とサービスをお届けします。大学病院やKOLとの戦略的パートナーシップを確立することにより、医師のインスピレーションを開発に落とし込む課題解決型の開発を目指しています。 そうした価値を常に追求するために高度なR&Dテクノロジーへの投資を継続し、より優れた機能、優れたパフォーマンスの内視鏡用処置具を製造しています。今日、Vedkangは、消化器、呼吸器、泌尿器科から内視鏡付属品まで、幅広い内視鏡用ソリューションを提供しています。 世界50か国以上、2000件以上の病院に、800万点にのぼるVedkang製品が導入されています。



(日本語リリース:クライアント提供)

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中