『熱帯夜も一晩中熟睡「水が流れる冷感ひんやりマット」』を発売

水冷機で水を冷やしてマットに水を循環しひんやりが続く

サンコー

2021/6/14 12:44

2021年6月14日 

                                         TK210614-01

 

 

   News Release

 

 

 

水冷機で水を冷やしてマットに水を循環しひんやりが続く 『熱帯夜も一晩中熟睡「水が流れる冷感ひんやりマット」』を発売

 

  

 

<概要>

この度、サンコー株式会社 (所在地:東京都千代田区、代表取締役:山光博康)は

『熱帯夜も一晩中熟睡「水が流れる冷感ひんやりマット」』を6月14日に発売いたしました。

 

本製品は水を循環させて冷やす水冷式の冷感マットです。

水が流れるマット(685x2x1365mm)をベッドや布団の上にセットし、水を循環させて冷やす水冷機(180×295×168)とマットを接続。水冷機に水を入れて電源を入れるとマットに水が流れます。体の熱を奪った水はまた水冷機に戻り水冷機のフィルターとファンで水を冷やしてマットに水を送るを繰り返します。ファンは4段階の風量調整が可能。ファンの回転のタイミングも4種類(継続/3分動作3分停止/3分動作9分停止/回転なし)に設定が可能。設定時間になると自動で電源が切れるオフタイマー機能(最長12時間)を搭載。

水冷機は冷風扇としても使用可能。本体のタンクに水を入れて電源を入れると水を含んだフィルターにファンの風があたり涼しい風を感じることができます。電気代も1か月使用した場合でも約50円(1時間あたり0.2円)とお得にお使いいただけます。ベッドだけでなくソファの下に敷いて使ったり、オプションで別売り小マット(高さ420×幅420mm)を枕に敷いたり、チェアパッドとして使えば

より快適にお使いいただけます。熱帯夜で眠れない。ジェルマットだとすぐにぬるくなる。エアコンだと電気代が心配、そんな方にお勧めの「水が流れる冷感ひんやりマット」です。

 

<製品特長>

■水が流れる冷感ひんやりマット

■水冷機に水を入れて電源を入れるとマットに水を循環

■マットの水を水冷機のフィルターとファンで冷やす

■4段階風量調整

■4つのファンサイクルモード

■最長12時間までのオフタイマー

■冷風扇としても使える

■オプションの小マットで枕やチェアパットとしてさらに快適

 

  

 

 

 

<仕様>

・サイズ/本体:180×295×168、マット:685x2x1365(mm)

・重量/本体:1280g、マット:860g

・定格電圧/100V・定格周波数/50/60Hz ・定格消費電力/8W

・タンク容量/2.5L ・チューブ長/152cm ・ケーブル長/145cm

・ ファンサイズ/120×120×25(mm)

・タイマー/1~12 時間

・使用可能水温/40度まで

・材質/本体:ABS、マット:PVC+ナイロン

・内容品/本体、マット、チューブ、フィルタープラグ、接続チューブ、冷風扇プラグ、

AC アダプター、リモコン

・保証期間/購入日より12ヶ月

・発売日/2021/06/14

・ 型番/S-WCM21B・JAN/4580060591572

 

熱帯夜も一晩中熟睡「水が流れる冷感ひんやりマット」

[販売価格] 19,800円(税込)

https://www.thanko.jp/shopdetail/000000003769

熱帯夜も一晩中熟睡「水が流れる冷感ひんやりマット」用 小マット

[ 販売価格] 2,980円(税込)

https://www.thanko.jp/shopdetail/000000003772

 

■製品に関するお問い合わせ先

サンコー株式会社 通販部

〒101-0023 東京都千代田区神田松永町19 秋葉原ビルディング8階

TEL 03-3526-4326 FAX 03-3526-4322 Email shop@thanko.jp URL: https://www.thanko.jp

■サンコー直営店舗

・秋葉原総本店 〒101-0021  東京都千代田区外神田3-14-8 新末広ビルB 03-5297-5783

・2号店 〒101-0021 東京都千代田区外神田4-6-3前里ビル1F 03-3525-4200

■本ニュースリリースに関するお問い合わせ先

サンコー株式会社 広報部 TEL 03-3526-4323 FAX 03-3526-4322 Email pr@thanko.jp

●サンプルお貸出しご希望の方は弊社広報部までお問い合わせ下さい。(メディア関係者様)

※本ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告無しに変更されることがあります。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中