「学都圏“いしかわ”創成 ~ラーニングストラテジーを学ぶ PBLコンペティション~」を開催

金沢工業大学

2021/7/7 13:30

高校生・高専生を対象とした

「学都圏“いしかわ”創成 ~ラーニングストラテジーを学ぶ

PBLコンペティション~」を8月18日(水)~20日(金)に開催

~三菱みらい育成財団」 2021年度助成事業 採択~

 

「金沢市近郊 私立大学等の特色化推進プラットフォーム(私大等PF)」と金沢工業大学は、石川県内の高校生・高専生を対象とした「学都圏“いしかわ”創成 ~ラーニングストラテジーを学ぶPBL(*1)コンペティション~」を8月18日(水)~20日(金)に開催します。日本有数の学都である石川県を題材に、ラーニングストラテジー(*2)を、第3の学びの場「仮想空間」で身につけるプログラムとなっています。

 

本プログラムは、一般社団法人「三菱みらい育成財団」が募集していた2021年度助成事業の「心のエンジンを駆動させるプログラム」に採択されました。

 

 

 

プログラム概要

この高校生を対象としたPBLコンペティションは、「学都圏“いしかわ”を創成するアイデア」をテーマに、3日間の完全オンライン・学校混成型チームで行います。自身の高校では出会うことがなかった他高校の生徒と議論し、私大等PFの12の教育機関の教員とも対話する活動を通して、アイデアを創出する過程で「ラーニングストラテジー」を学び、探究する心のエンジンを駆動させるものです。特別な準備学習は不要であり、このプログラムの中で問題発見・解決スキルと共に、問題発見・解決のために必要な知識や技能の学びを創出するスキル(ラーニングストラテジー)を理解し、その向上を目的としています。チームを組んだ生徒は自分たちで時間割を決め、相談する教員を推薦してくれるAIも活用してチーム活動を進めます。

 

コンテストでは、提案されたアイデア、活動を通した学びの過程の2つを評価対象とし、それぞれの入賞者一人ひとりに賞状と記念品を贈呈します。

 

プログラム名:学都圏“いしかわ”創成―ラーニングストラテジーを学ぶPBLコンペティション―

開催日:2021年8月18日(水)~20日(金) 9:00~16:00

参加対象:石川県内に設置された高校の生徒および高専の学生(1~3年生)

参加費:無料

主催:金沢市近郊 私立大学等の特色化推進プラットフォーム、金沢工業大学

 

詳細・応募方法は添付のチラシをご確認ください。

 

今回のプログラムは、2020年8月24日から28日にオンラインで実施したモデル授業「学都圏“いしかわ”創成~みんなで考えるジブンの大学~」を発展させたものとなります。モデル授業には、金沢工業大学の学生9名が参加し、チームで活動テーマ「学都圏“いしかわ”のPR」にZoom、clusterを使った仮想空間内で取り組みました。成果発表会の注目度は高く、全国から約100名もの教育関係者からの見学がありました。

 

*1 PBL:Project Based Learningの略。実世界に存在する解決すべき複雑な問題を、プロジェクトとして解決・検証していく学習のこと。

*2 ラーニングストラテジー:戦略的学習力。オックスフォード大学による調査「The Future of Skills : Employment in 2030」にて、2030年に必要とされるスキル1位に選定されている。

 

三菱みらい育成財団と助成事業について

三菱みらい育成財団は、未来を担う若者の育成を目指す教育活動への助成と、活動成果を高めるための支援・ネットワークづくりや情報発信を行い、その成果を広く社会に波及させるための活動を行っています。2021年度募集は、5つのカテゴリーで募集が行われており、6月28日(月)に助成案件が発表されました。

 

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付ファイル

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中

    過去に配信したプレスリリース