乗用車用スタッドレスタイヤ「BLIZZAK VRX3」を9月より発売

氷上性能120%到達「曲がる、止まるは、新たな次元へ。」

ブリヂストン

2021/7/15 15:30

2021年7月15日

株式会社ブリヂストン

 

 株式会社ブリヂストンは、氷上性能120%到達※1を実現した乗用車用スタッドレスタイヤ「BLIZZAK VRX3(ブリザック ヴイアールエックススリー)」を2021年9月1日より順次発売します。発売サイズは111サイズで、全てメーカー小売希望価格を設定します。

 

 ■新商品タイヤ情報

商品名

(ブリザック ヴイアールエックススリー)

発売サイズ

111サイズ

発売日

2021年9月1日(水)より順次発売

 

 

 「ブリザック」は、1988年に、冬道特有の凍結路面や積雪路面などでのより安心・安全なドライブに貢献するために生まれた、ブリヂストンを代表する冬用タイヤブランドです。「ブリザック」ブランドのタイヤは、北海道・北東北主要5都市での装着率※2が20年連続No.1を誇り、全世界におけるメーカー累計出荷本数※3が3億本に達するなど、長年にわたりお客様から高い評価と信頼をいただいている「断トツ※4商品」です。

 

 

 冬道のドライブでは多くのドライバーが凍結路面に不安を感じており、スタッドレスタイヤには高い氷上ブレーキ性能が求められています。※5今回発売する新商品「BLIZZAK VRX3」は、「ブリザック」が使命に掲げるさまざまな運転シーンにおいて"安心・安全"を足元から支えることを目指し、従来品※6の全方位型の大きな性能円※7はそのままに、「断トツ」の氷上性能を実現しています。ブリヂストンのスタッドレスタイヤを支える独自技術である「発泡ゴム※8」を従来にない新たな発想でさらに進化させた「フレキシブル発泡ゴム」と新トレッドパタン技術を採用することで、従来品対比氷上でのブレーキ性能を20%向上させています。また、トレッド変形を抑制・接地圧を均一化することで、摩耗ライフを17%向上させています。さらに、ゴムの経年による硬化を抑制する「ロングステイブルポリマー」を配合することで、発泡ゴムの柔らかさをさらに持続させ、効き持ち※9を向上しています。

 

 ブリヂストングループは、「2050年 サステナブルなソリューションカンパニーとして社会価値・顧客価値を持続的に提供している会社へ」をビジョンとして掲げ、中期事業計画を推進しています。その中で、コア事業であるタイヤ・ゴム事業の更なる強化に向けて、新たなモビリティ・サステナビリティを見据えた「断トツ商品」の開発を積極的に進めています。当社は、スタッドレスタイヤ新商品「BLIZZAK VRX3」を通じて、より安心・安全なモビリティ社会の実現に貢献していきます。

 

 

※1 当社従来品「BLIZZAK VRX2」比。詳細は添付資料をご参照ください。

※2 2021年1月~2月に、札幌市、旭川市、青森市、盛岡市、秋田市の5地区において、二段無作為抽出法により抽出された乗用車(含む軽)を保有している一般世帯を直接訪問して、乗用車の装着スタッドレス銘柄を調査。ブリヂストンタイヤソリューションジャパン株式会社が第三者の調査会社に委託して実施。サンプル数3,300台のうち1,525台が「ブリザック」を履いていました。

※3 「ブリザック」ブランドの世界累計出荷本数(当社調べ)

※4 企業としての目標を指します。

※5 2020年1月~3月に、ブリヂストンタイヤソリューションジャパン株式会社が第三者の調査会社に委託して、全国各地の乗用車(含む軽)を保有している一般ドライバーを対象に訪問およびWEB調査を実施。サンプル数5,186人のうち3,741人が、スタッドレスタイヤに今後向上を期待する性能として「アイスバーンでしっかりと止まる(ブレーキの効き)」を選択しました。(複数選択可)

※6 従来品とは「BLIZZAK VRX2」を指します。詳細は添付資料をご参照ください。

※7 当社がスタッドレスタイヤにおいて重要と考える8つの性能(アイス、効き持ち、スノー、ライフ、ドライ、ウエット、静粛性、転がり抵抗)のすべてが高いレベルにあること。

※8 タイヤが滑る原因となる路面の水膜を効果的に除去するために、内部に無数の「気泡」と「水路」を有したゴム。

※9 経年によるゴムの硬化によって氷上性能が低下することを抑制し、高い氷上性能が長く続くこと。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中