TCL、創業40周年を世界中で祝う

TCL Electronics

2021/9/28 16:11

 

 

AsiaNet 91949 (2269)

 

【香港2021年9月28日PRNewswire =共同通信JBN】

*世界のトップ家電ブランドは多くのイベントを開き、主要市場で宣伝キャンペーンを開始

 

世界のテレビ産業の有力企業で有力家電企業でもあるTCL Electronicsは世界中で祝賀行事を主催し、広告キャンペーンを開始して創業40周年を祝う。

 

TCLはこの40年間に、同社の企業文化である創造性とイノベーションにより、受賞したテレビやオーディオ家電からスマートフォン、スマート家電にわたって多彩な製品を持つ世界の有力家電企業へと急成長を果たした。

 

40周年を記念して同社は、従業員や顧客、パートナー、地域のために世界中でさまざまなイベントを催し、ドバイとロサンゼルス、パリ、サンパウロ、シドニーで広告キャンペーンを開始する。この各大陸の5都市でTCLは過去40年間に継続的な拡大を成し遂げた。

 

TCL ElectronicsのShaoyong Zhang最高経営責任者(CEO)は「TCLが長年かけて世界的影響力を持つリーディングカンパニーになったことを、 私はこの上なく誇りに思う」と語る。

 

2020年にTCLは、世界のテレビ市場シェアで3位(*出典)、LCDテレビの市場シェアで2位(*出典)となった。

 

今日TCLは42の研究開発センターと32の製造拠点を持ち、160カ国・地域以上で営業し、世界展開する最も影響力のある有数の家電ブランドになった。

 

TCLはイノベーションとグローバリゼーションに加えて、世界中の消費者に幸せと興奮を届けている。2度にわたるコパ・アメリカ公式パートナー、長年にわたる国際バスケットボール連盟(FIBA)グローバル・パートナー、そして「コール オブ デューティ ヴァンガード(Call of Duty: Vanguard)」の公式TVパートナーとなったのも、その一環である。

 

将来もTCLは生活をインテリジェントにすることを目指し、消費者のライフスタイルを向上させるインテリジェントでテクノロジーが実現する製品の開発に引き続き重点を置く。

 

(*出典)OMDIA 2020のデータ

 

▽TCL Electronicsについて

TCL Electronics(1070.HK)は急成長中の家電企業で、世界のテレビ産業のトッププレーヤーである。1981年創業の同社は現在、世界の160を超える市場で事業展開している。OMDIAによると、TCLは2020年にTCLブランドのLCDテレビ市場シェアで世界第2位だった。TCLは、テレビ、オーディオ、スマート家電などの家電製品の研究、開発、製造を専門としている。

 

ソース:TCL Electronics

 

画像添付リンク:

Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=402156

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中