ジョルダン株式会社 モバイルチケットによる乗車券のデジタル化実証実験開始のお知らせ

~大阪モノレールで認証・脱磁気化に向けた効果検証~

ジョルダン

2021/11/1 16:16

2021年11月1日

ジョルダン株式会社

 ジョルダン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:佐藤 俊和、以下、ジョルダン)と、大阪モノレール株式会社(本社:大阪府吹田市、代表取締役社長:井出 仁雄、以下、大阪モノレール)は、11月1日(月)午前10時より乗車券をデジタル化し、駅に設置された認証機で乗降する実証実験を行います。

 ジョルダンは2019年よりモバイルチケットを開始し、これまで80券種以上のチケットを取り扱っています。今回の実証実験では、認証端末を大阪モノレール全駅(大阪空港~門真市の本線、万博記念公園~彩都西の彩都線)に設置し、利用者の端末に表示される二次元コードを読み取ることで、乗降車を行います。アプリ1つで経路検索~チケットの利用までを実現し、大阪府内における利便性向上を推進します。本施策によって接触機会を最小限に抑えることができ、新型コロナウイルス感染症対策の一環として、利用者と事業者の安全・安心を守ることにつながります。

 

 大阪モノレールでは、2021年9月14日(火)に磁気定期券の発売を終了し、脱磁気化を検討しています。磁気券に代わる手段として、ジョルダンのモバイルチケットが採用され、実証実験を行うこととなりました。今回の実証実験を通じて、利用者の移動利便性向上の調査および、乗車券の利用分析を行っていきます。また、将来に向けて磁気券に代わる低コストな乗車券の検討及び将来的な駅務機器更新を見据えた乗車券のあり方を検討していきます。

 

 ジョルダンと大阪モノレールは、今回のモバイルチケットの取り組みを通じて、より多くの方がモノレールで安全・安心な移動ができるよう貢献していきます。また、ジョルダンは大阪府とスマートシティ事業連携協定を締結しており、大阪府内における利便性向上に向けた取り組みを継続的に実施していきます。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中

    過去に配信したプレスリリース