中国・泰州:著名な中国医療都市を努力して構築

China (Taizhou) International Medical Expo組織委員会

2021/11/5 14:16

AsiaNet 92846(2751)

 

【泰州(中国)2021年11月4日新華社=共同通信JBN】第12回China (Taizhou) International Medical Expo(中国(泰州)国際医薬博覧会)がこのほど、中国・泰州のChina Medical City(中国医療都市)で開催された。今年の博覧会は、正常化予防と感染制御のニーズから始まり、政策セミナー、業界サミット、先端技術振興、革新製品展示、人材交流、ロードショー活動を通じた「オンライン+オンサイト」の統合型展示会になった。China (Taizhou) International Medical Expo組織委員会によると、博覧会は製薬・総合健康業界が国際交流して協力するプラットフォームを構築し、革新的リソースと人材をさらに収集して、生物医学健康業界の発展を加速する。

 

博覧会期間中、China Medical CityはR&D、生産、販売、応用分野にわたる投資を促進し、製薬企業の革新的開発、プロジェクトの工業化進展、高レベル人材といったサポート増大の一連の優遇政策を打ち出した。会場では計20件、投資総額53億4200万元のプロジェクトがまとめて契約された。

 

江蘇省泰州市に位置するChina Medical Cityは30平方キロの計画コアエリアがあり、科学研究・開発ゾーン、製造ゾーン、展示・交易ゾーン、健康・ヘルスケアゾーン、教育・授業ゾーン、包括的サポートゾーンなどの機能区域で構成されている。China Medical Cityにはこれまでのところ、アストラゼネカ、ネスレ、武田薬品工業、ベーリンガーインゲルハイム、Arabindo(オーロッビンド)などよく知られた内外製薬企業1200社が結集し、「世界一流、国内トップ」製薬イノベーションの成果2100件以上がランディングを申請し、高レベルの内外人材4300人以上がイノベーションと起業家精神で定住している。

 

China Medical Cityは10年を超える開発を経て、「医薬品(medicine)」と「医学(medicine)」の2つのテーマに的を絞り、特徴的な産業クラスターの構築を加速して、医薬品(ワクチン、抗体医薬品)、診断薬、ハイエンド医療機器、化学薬品を基本形成している。「3+2」産業チェーンは、新製法の3主要産業-特別医療処方食品と2つの動物保護の特徴的産業-にサポートされている。

 

ソース:China (Taizhou) International Pharmaceutical Expo Organizing Committee

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中