働き方改革を通じて生産性革命に挑む先進企業を選定する 「第5回 日経スマートワーク経営調査」で4星を獲得

電通

2021/11/5 17:00

2021年11月5日

株式会社 電通

 株式会社電通(本社:東京都港区、社長:五十嵐 博)は、株式会社日本経済新聞社(以下、日本経済新聞社)が2021年11月5日に発表した、働き方改革を通じて生産性革命に挑む先進企業を選定する「第5回日経スマートワーク経営調査」において、4星に認定されました。

 

 

 本調査は2017年から日本経済新聞社が実施しているもので、全国の上場企業と有力非上場企業を対象とし、多様で柔軟な働き方の実現、新規事業などを生み出す体制、市場を開拓する力の3要素によって組織のパフォーマンスを最大化させる取り組みを「スマートワーク経営」と定義し、星5段階で評価されます。

 

 当社は「多様で柔軟な働き方」を目指して労働環境改革を推進するとともに、リモートワークを基本とした「ワークスタイルのスマート化」や「オフィス環境の改革」、さらには「サステナビリティの推進」や「ダイバーシティ&インクル―ジョンの推進」など、これまで250以上の施策を、社内外の幅広い意見を取り入れながら実施してきました。

 一人ひとりが働きやすい環境で能力を最大限に発揮できるよう、社員自らもアイデアを出し実践してきたことで、事業としてもイノベーションが促進され、事業の変革と成長モデルとして考える4つの領域「AX(Advertising Transformation:高度化された広告コミュニケーション)」「BX(Business Transformation:事業全体の変革)」「CX(Customer Experience Transformation:お客さま体験の変革)」「DX(Digital Transformation:マーケティング基盤の変革)」における事業の拡張・変革が加速しています。

 

 今後も、社員一人ひとりの成長を支援しながら、顧客企業の変革と成長に伴走するIGP(Integrated Growth Partner)※として、より良い未来の創造に貢献していきます。

 

※IGP特設ページ:https://www.dentsu.co.jp/igp/

 

以上

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中