EYパルテノン、Jeff Wrayを新グローバルリーダーに任命

EY Japan

2021/12/7 10:00

・EYパルテノンは、クライアント企業の変革に対する支援で成果を上げ、FY2119.6%の売上増を記録

・EYNextWaveが掲げるEYパルテノン戦略実行のため、John van Rossen をグローバル共同リーダーに任命

・両リーダー任命の狙いは、ESGのケイパビリティ、デジタル、テクノロジー、戦略実行への計画に沿った大幅な投資の実行と、戦略コンサルティング地位確立の目標促進

 

EYパルテノンは、FY22以降の戦略コンサルティングのグローバルマーケットアジェンダの推進に重点的に取り組むため、Jeff WrayをEYパルテノンのグローバル・リーダーに任命したことを発表しました。

 

アドバイザーとして経営層から厚い信頼を得てきた経験豊かなWrayは、戦略コンサルティングにおける強力なバックグラウンドを生かして本職を務める所存です。Wrayは、ボストン・コンサルティング・グループを経て2014年にEYに参画しました。EYにおいてはこれまで、EYストラテジー・アンド・トランザクション(SaT)のグローバル消費財・小売りセクターリーダーおよびAmericasの コーポレート&成長戦略リーダーとして活躍してきました。このたび、EY Americas エリアのSaTバイスチェアに就任するMitch Berlinの後任として、グローバルリーダーに任命されました。

 

EYパルテノンは世界第5位の売上高を誇る戦略コンサルティングチームであり、7,000人以上のプロフェッショナルと750人のパートナーが世界のEYメンバー ファームで活躍しています。EYパルテノンは、パンデミックの中、FY21に19.6%の売上増を記録しました。これは、各国のクライアントがコロナ禍へ対応し、将来に向けて企業戦略を再構築できるようサポートできた結果であると考えております。

 

EYパルテノンは、同時にグローバル共同リーダーとしてJohn van Rossenを任命したことも発表しました。van Rossenは、戦略コンサルティングの地位を世界で確立するという目標の実現に向け、実務面を期待されています。van Rossenは、これまで、EY SaTのWEMリージョン(ベルギー、オランダ、フランス、ルクセンブルク、アフリカ北西部のマグレブ諸国)のリーダーを務めてきました。

 

両名の任命は、EYが世界で実施している大型投資と戦略的買収が旺盛な中、実現しました。EYパルテノンは過日、CMA Strategy Consulting社を買収し、集中化が進む急成長中のデジタルインフラ市場における自社のケイパビリティを強化しています。

 

EYは、今後もEYパルテノンを通じ戦略コンサルティング業務を拡大し、また、サステナビリティサービスの強化を図り、クライアントが世界トップクラスのテクノロジーの利点を活用できるように投資を行っていきます。これらはすべて継続的な戦略的買収と世界的なアライアンスから成るEYのエコシステムによって支えられています。EYパルテノンは、そのほかの分野にも大規模な投資を続けてまいります。それ以外にも、高い目標を掲げた世界規模で実施される求人計画や、全主要市場において展開するグローバルキャンペーン「Real-world strategy - 実現可能な戦略」などのブランディング活動に投資してまいります。

 

EYのグローバル・バイス・チェア(SaT)のAndrea Guerzoniは、次のように述べています。

「両名の任命は、EYパルテノンのグローバル・リーダーシップ・チームを強化し、世界レベルのオペレーションの実力が可能にさせた市場獲得の勢いをさらに加速する一助となるでしょう。EYパルテノンは、各国での継続的な投資に裏打ちされた野心的な成長計画の下、より高い成果を上げる人材を惹き付け、育成することを目指しています。パルテノン事業のカギとなる分野への投資計画は順調に進行しており、これには、今日取締役会の議題として最重要課題となっているESGについて、企業のCEOに対し戦略的な助言を行うための、EYのESGのケイパビリティへの投資が含まれます。

二人の新リーダーは、成長計画や投資計画をリードし、EYが有する実務的な専門知識と変革を起こす強みを存分に生かして、クライアントが直面する最大の戦略的課題に対する、実現可能で(real-world)、より良い解決策を見つけるというSaTの目標実現の一翼を担っていきます」

 

EYパルテノンのグローバルリーダー、Jeff Wrayは次のように述べています。

「EYパルテノンがすでに築き上げた極めて強固な地位をさらに高めていくこと、またEYパルテノンの事業を次のレベルの成長へと導いていくことに、私は大きなやりがいを感じています。EYパルテノンチームは、企業のCEOが今、直面している喫緊の課題、機会そして困難に対して取り組むことに重きを置いております。企業が戦略から変革段階に移行する場合も、あるいは事業の抜本的な変革のためにトランザクションを活用する選択となる場合も、EYパルテノンは、戦略、ビジネス、オペレーションのそれぞれのケイパビリティを活用し、同時に世界的ネットワークを駆使し、クライアントがより良い未来のために自社を再構築し、再編成できるようサポートしていきます」

 

※本プレスリリースは、2021年11月11日(現地時間)にEYが発表したニュースリリースを翻訳したものです。英語の原文と翻訳内容に相違がある場合には原文が優先します。

 

英語版ニュースリリース:

https://www.ey.com/en_qa/news/2021/11/ey-parthenon-names-jeff-wray-as-new-global-leader

 

EYについて〉

EY | Building a better working world
EYは、「Building a better working world(より良い社会の構築を目指して)」をパーパスとしています。クライアント、人々、そして社会のために長期的価値を創出し、資本市場における信頼の構築に貢献します。
150カ国以上に展開するEYのチームは、データとテクノロジーの実現により信頼を提供し、クライアントの成長、変革および事業を支援します。
アシュアランス、コンサルティング、法務、ストラテジー、税務およびトランザクションの全サービスを通して、世界が直面する複雑な問題に対し優れた課題提起(better question)をすることで、新たな解決策を導きます。
EYとは、アーンスト・アンド・ヤング・グローバル・リミテッドのグローバルネットワークであり、単体、もしくは複数のメンバーファームを指し、各メンバーファームは法的に独立した組織です。アーンスト・アンド・ヤング・グローバル・リミテッドは、英国の保証有限責任会社であり、顧客サービスは提供していません。EYによる個人情報の取得・利用の方法や、データ保護に関する法令により個人情報の主体が有する権利については、ey.com/privacyをご確認ください。EYのメンバーファームは、現地の法令により禁止されている場合、法務サービスを提供することはありません。EYについて詳しくは、ey.comをご覧ください。
本ニュースリリースは、EYのグローバルネットワークのメンバーファームであるEYGM Limitedが発行したものです。同社は、英国の保証有限責任会社であり、顧客サービスは提供していません。

 

EYストラテジー・アンド・トランザクションについて

EYストラテジー・アンド・トランザクションは、クライアントと共に、そのエコシステムの再認識、事業ポートフォリオの再構築、より良い未来に向けた変革の実施を支援し、この複雑な時代を乗り切る舵取りを支えます。グローバルレベルのネットワークと規模を有するEYストラテジー・アンド・トランザクションは、クライアントの企業戦略、キャピタル戦略、トランザクション戦略、ターンアラウンド戦略の推進から実行までサポートし、あらゆるマーケット環境における迅速な価値創出、クロスボーダーのキャピタルフローを支え、マーケットに新たな商品とイノベーションをもたらす活動を支援します。EYストラテジー・アンド・トランザクションは、クライアントが長期的価値をはぐくみ、より良い社会を構築することに貢献します。詳しくは、ey.com/ja_jp/strategy-transactionsをご覧ください。

 

EYパルテノンについて

EYパルテノンは、クライアントと共に、そのエコシステムの再認識、事業ポートフォリオの再構築、より良い未来に向けた変革の実施を支援し、この複雑な時代を乗り切る舵取りを支えます。グローバルレベルのネットワークと規模を有するEYパルテノンは、戦略的ソリューションの提供に注力しており、自社のトランスフォーメーションを目指す企業経営者が、より適切に課題を管理しながらチャンスを最大化する戦略を策定し実行するためのサポートを提供しています。戦略の提案から実行までを通じて、EYパルテノンは、クライアントが長期的価値をはぐくみ、より良い社会を構築することに貢献します。

EYパルテノンは、EYにおけるブランドの一つであり、このブランドのもとで世界中の多くのEYメンバーファームが戦略コンサルティングサービスを提供しています。詳しくは、ey.com/ja_jp/parthenonをご覧ください。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中