ブリヂストン、CDP2021において最高評価の「水セキュリティAリスト」企業に選定

ブリヂストン

2021/12/22 15:10

 

 

 

2021年12月22日

 

 

 

ブリヂストン、CDP2021において 最高評価の「水セキュリティAリスト」企業に選定

 

 株式会社ブリヂストンは、環境分野で権威のあるNGOのCDP※1より、水セキュリティ対策について優れた取り組みを行っている企業として、最高位の「水セキュリティAリスト」企業に選定されました。CDP2021の水セキュリティ分野の評価対象企業約3000社のうち、当社を含む118社が選ばれています。

 

 

 

 当社は2050年を見据えた環境長期目標の中で、水資源の保全を含む生物多様性ノーネットロスへの貢献を目指しています。ブリヂストングループにとって、水は事業継続にとって不可欠な資源であるとともに、水を利用する企業の責任として、水資源を持続可能な形で利用していくことが重要であると認識しています。今回の「水セキュリティAリスト」企業への選定は、2020年に策定した、公平かつ持続可能な水の利用に向けた「ウォータースチュワードシップ※2ポリシー」に基づき、水ストレス地域に立地する生産拠点※3を中心に地域環境に応じた具体的なウォータースチュワードシッププランの策定・実行を進めていることが評価されたものと考えています。本取り組みの具体的な成果として、2020年にはアルゼンチンのブエノスアイレス工場で取水量を2005年対比65%削減、トルコのイズミット工場では同35%削減しました。

 

 当社代表執行役 Global CEOの石橋秀一は、今回の選定にあたり次のように述べています。

 

「ブリヂストングループにとって、水は事業継続に不可欠な資源であるとともに、その保全や公平な利用に貢献していく責任があると認識しています。当社グループは、サステナブルなソリューションカンパニーとして、商品のライフサイクル、バリューチェーン全体を通して、ステークホルダーと共創しながら、持続可能な社会の実現に向けて、これからも積極的に取り組んでいきます。」

 

※1 機関投資家や企業・団体の要請に基づき、気候変動や温室効果ガス排出、水資源保護等に関する情報開示を求め、調査・評価を実施している企業・都市の環境情報の調査・開示に取り組む国際的なNGO

※2 統合的に水資源を管理するための行動規範のこと

※3 淡水資源の量や質の低下のリスクがある地域に所在することにより水リスクを抱える生産拠点

 

関連リンク:

サステナビリティレポート2020-2021

https://www.bridgestone.co.jp/csr/library/index.html

環境長期目標掲載ページ

https://www.bridgestone.co.jp/csr/environment/

当社のウォータースチュワードシップポリシーと生産での取り組み(CDPへの回答有)

https://www.bridgestone.co.jp/csr/environment/nature/footprint/

社外からのサステナビリティにかかわる主な評価

https://www.bridgestone.co.jp/csr/rating/index.html

CDP Aリスト2021対象企業とスコア (社外リンク)

https://www.cdp.net/en/companies/companies-scores

 

以上

 

 

 

 

 

 

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中