当社初の市販用EVタイヤDUNLOP「e. SPORT MAXX」を中国で新発売 当社史上最高レベルの低燃費(電費)性能を実現

住友ゴム工業

2022/2/9 16:30

No.2022-14

発行:2022年2月9日


当社初の市販用EVタイヤDUNLOP「e. SPORT MAXX」を中国で新発売 ~当社史上最高レベルの低燃費(電費)性能を実現~

 

 住友ゴム工業(株)(社長:山本悟)は、当社史上最高レベルの低燃費(電費)性能を誇る当社初の市販用EVタイヤDUNLOP(ダンロップ)「e. SPORT MAXX(イースポーツマックス)」を、EV化が急速に進む中国市場で4月から発売します。また、同様にEV市場が拡大する欧州でも、市販用EVタイヤとしてFALKEN(ファルケン)「e. ZIEX(イージークス)」を2023年から発売する予定です。

 

 

 このEVタイヤを開発するにあたり、当社が最も力を入れたのが低燃費(電費)性能と静粛性能の追求です。EVが一回の充電で走れる航続距離を伸ばすためには、転がり抵抗を低減し電費を抑えることが求められます。当社が持つ材料開発技術を活かしゴムの配合を工夫することで、当社史上最高レベルの低燃費(電費)性能を実現し、さらにウエット性能と操縦安定性能を高次元で両立させています。

 また、EVはエンジン音がしないため路面やタイヤからのノイズを感じやすいと言われていますが、当社独自の「サイレントコア(特殊吸音スポンジ)※1」を搭載することで優れた静粛性を実現しています。さらに、タイヤ自体を軽量化することによって省資源化を図り、環境負荷の低減に貢献します。

 

 性能面に加え、サイドウォールのロゴには当社独自の黒色デザイン技術「Nano Black(ナノブラック)※2」を採用し、デザイン性も追求しました。ユーザーのさまざまなニーズに対応しつつ、当社史上最高レベルの低燃費性能を誇るEVタイヤとなっています。

 

 EV市場は世界的な環境意識の高まりと共に近年急激に拡大しています。その中でも、中国政府および欧州委員会はEVの導入比率やCO2削減量に対して高い目標を掲げており、世界有数のEVマーケットとなっています。このような市場環境を踏まえ、当社は初の市販用EVタイヤを中国市場で先行投入することを決定しました。2023年からは欧州での発売も予定しており、今後も順次発売地域を拡大していきます。

 

 当社は2021年8月にサステナビリティ長期方針「はずむ未来チャレンジ2050※3」を発表し、これまでも環境問題の解決に取り組んでまいりました。今回の「e. SPORT MAXX」の発売はこの長期方針に沿った製品であり、EVの電費改善および当社で使用する資源の削減を通じてカーボンニュートラルの達成を目指します。

 

※1 ダンロップタイヤ公式サイト「サイレントコア(特殊吸音スポンジ)」

https://tyre.dunlop.co.jp/brand/technology/sponge/

※2 独自の黒色デザイン技術「Nano Black」を確立しタイヤ側面のロゴなどの視認性とデザイン性を向上(2021年8月31日リリース) https://www.srigroup.co.jp/newsrelease/2021/sri/2021_068.html

※3 サステナビリティ長期方針「はずむ未来チャレンジ2050」を策定(2021年8月5日リリース)

https://www.srigroup.co.jp/newsrelease/2021/sri/2021_060.html

 

 

<商品・イベントに関するお問い合わせ先>

 タイヤお客様相談室  TEL:0120-39-2788

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中