アミノ酸のシスチン・グルタミン摂取により、激しい長時間の運動後に生じる腸管バリア機能低下を抑制する

激しい長時間の運動後に生じるお腹へのダメージ

早稲田大学

2022/2/16 11:45

※詳細は早稲田大学Webサイトをご覧ください⇒

 

発表のポイント

激しい長時間の運動により生じる腸管バリア機能の低下の抑止策として、これまで汎用性の高い研究デザイン(使用する食品・サプリメントの種類や摂取量)で検討されていなかった。

アミノ酸であるシスチン・グルタミン摂取により、激しい運動に伴う腸管バリア機能の低下を抑えることを確認した。

 アスリートが抱える日々の激しい運動の反復により生じるコンディショニング低下に対する抑止策として、活用が期待される。

 

早稲田大学スポーツ科学学術院の宮下政司教授、同大学大学院スポーツ科学研究科修士課程2年在籍の田髙悠晟と味の素株式会社(東京都中央区、取締役 代表執行役社長 西井孝明)らの研究グループは、一過性の激しい運動が腸管透過性に及ぼす影響を評価し、アミノ酸のシスチン・グルタミンを摂取することで運動により腸管が受けるダメージおよび守る働きの低下を抑制することを明らかにしました。

 

本研究成果は、Springer Nature発行の『European Journal of Nutrition』に2022年2月1日(火)にオンラインで公開されました。

 

【論文情報】

雑誌名:European Journal of Nutrition

論文名:Effects of oral cystine and glutamine on exercise-induced changes in gastrointestinal permeability and damage markers in young men

 

 

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

宮下1

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中