コロナ禍前比較 この楽器が売れた! 山野楽器 楽器販売数量UP率ランキング

キーワードは「音量」に加え、「手ごろさ」「癒し」。 自宅で気軽に楽しめる楽器が人気

山野楽器

2022/3/7 12:00

NEWS RELEASE

2022年3月7日

株式会社山野楽器

コロナ禍前比較 この楽器が売れた!
山野楽器 楽器販売数量UP率ランキング

 

株式会社山野楽器(本社:東京都中央区銀座、代表取締役社長 山野政彦)は、昨年2021年(2021年1月1日~12月31日)に、コロナ前と比較して、販売数量を大きく伸ばした楽器売り上げUPランキングを発表いたします。

2021年(2021年1月1日~12月31日)の楽器関連商品の販売数量を、コロナ禍前の2年前・2019年(2019年1月1日~12月31日)と比較しました。その中で、販売数量伸び率上位10位までをご紹介いたします。

コロナ禍が2年目となり、日常になりつつある今日、どのような楽器が求められているのか、どうぞご覧ください。



キーワードは「音量」に加え、「手ごろさ」「癒し」。 自宅で気軽に楽しめる楽器が人気

コロナ禍1年目の2020年は、自宅で過ごすおうち時間の増加や、一人でも楽しめる趣味として、楽器を始める方がとても増えました。電子ピアノやアコースティックギター、ウクレレに加え、防音室もランキング上位に登場。音量に配慮して楽しめる楽器や関連商品が人気を集め、話題となりました。

2021年も、防音室やアコースティックギター、電子ピアノなどは引き続き人気を集めていますが、なんといっても特筆すべきは、「カリンバ」の爆発的人気。より手軽に楽しめる楽器へのニーズが高まり、さらに周囲への音の配慮から、小さな音でも癒しを得られるとして注目が集まりました。アフリカの民族楽器「カリンバ」は別名「親指ピアノ」とも呼ばれ、コロナ前にはほとんど知られていませんでしたが、「気軽に楽しめる」「音色に癒される」「楽譜が読めなくても弾ける」「小型でかわいい」などの理由で、幅広い世代の方から人気を集めています。また2位には、ヘッドホンで練習できる電子ドラムが、コロナ前の3倍近く販売数量を伸ばしました。その他のランキングは以下のとおりです。

コロナ禍前比較 楽器関連商品 販売数量UP率ランキングTOP10

【期間】
2021年販売数量(コロナ禍2年目):2021年1月1日~12月31日
(2019年販売数量(コロナ禍前):2019年1月1日~12月31日比較)
増加率上位

順位 楽器名 コロナ前比
1

カリンバ

173850 %
2

電子ドラム

268 %
3

PA機器/デジタル楽器

202 %
4

マンドリン

175 %
5

ポータブルキーボード/そのほか鍵盤

161 %
6

チェロ

120 %
7

防音室

119 %
8

アコースティックギター

118 %
9

電子ピアノ

116 %
10

キッズパーカッション

115 %

 

1位】カリンバ・・・癒しの音色と手軽さで人気爆発

桁違いの売上アップ。Nintendo Switch『あつまれ どうぶつの森』を発端に、認知度があがるなか、比較的音程の安定した機種が発売され、店頭で手に取りやすくなりました。また、教則本も発売されたことで楽器本体と一緒に購入される方も多く見られました。鳴らすだけでも癒されるオルゴールのような音色と、3,000円前後という価格、両手のひらに収まるサイズ感で急激に売り上げを伸ばしました。年末にはメディア露出もあり売上アップに拍車がかかりました。
https://www.yamano-music.co.jp/contents/sale/gw_kalimba.html


2位】電子ドラム・・・思い切り叩いてストレス発散

ヘッドホンで練習でき、音量コントロールのしやすい電子楽器。
ストレス発散になる、と音楽教室でもドラムは人気コースです。



3位】PA機器/デジタル楽器・・・DTMやオタマトーン

DTM(Desk Top Music)がYOASOBIをはじめとするアーティストの人気と相まって注目されました。「オタマトーン」というユニークなデジタル楽器も人気再燃。


4位】マンドリン・・・実は演奏人口の多い楽器

中学~大学ではサークル活動が昔から活発で、意外に演奏人口が多い楽器です。音も大きくなくおうち時間に演奏しやすい楽器です。当社のお客さまにも徐々に認知がすすみ、取り扱い店舗は銀座本店、仙台店のみと限られるものの、販売数を伸ばしています。


5位】ポータブルキーボード/そのほか鍵盤・・・コンパクトで持ち運び可能

電子ピアノよりさらに手軽に楽しめるポータブルキーボードが売り上げを伸ばしました。
折りたたんで持ち運べる88鍵キーボード「オリピア」が人気。

 Pick Up


オタマトーン
明和電機による電子楽器。発売は 2009 年。そのユニークな形と音色の面白さ、独自性で人気を広げていましたが、海外人気番組にも登場するなどし、店頭で目にして手に取る方が多数。
https://www.yamano-music.co.jp/online/products/detail.php?product_id=3299740




オリピア(
MIDI キーボード)
折りたたんで持ち運べる 88 鍵キーボード。重さ 1.6kg 、折りたたむと幅 33cm というコンパクトサイズ。本体にスピーカーと充電式のバッテリーを内蔵しており、野外での演奏もできます。 2 万円を切る手ごろさも人気。
https://www.yamano-music.co.jp/shops/g-score/products/105862145028724



【株式会社 山野楽器 (YAMANO MUSIC CO.,LTD)
銀座4丁目に本社を構える、1892年創業の総合音楽専門店。2022年4月、創業130周年を迎える。
ピアノやギター、管弦楽器などの楽器全般、楽譜やCD の小売・販売店のほか、テイラーギター、リッケンバッカーなどの国内総代理店を務める。 首都圏を中心に、全国で50を超える音楽教室の運営も行っている。



代表取締役社長:山野 政彦

本社: 〒104-0061 東京都中央区銀座4-5-6

創立: 1892年 (明治25年) 4月21日

設立: 1915年 (大正4年) 3月20日

主な事業内容:楽器、楽譜、付属品、輸入楽器などの小売、および卸売

音楽・映像ソフト(CD/DVD/ブルーレイなど)の小売

音楽教室の運営

音楽に関するイベント事業(ヤマノ・ビッグバンド・ジャズ・コンテストなど)

Wisdom Guitarほか、企画開発商品の販売および卸売

主な海外取り扱いブランド:Taylor Guitars、Warwick、Sadowsky、G&L、Rickenbacker、Hofner、Silverstein ほか

ホームページ: https://www.yamano-music.co.jp/

Facebook: https://www.facebook.com/yamanomusic/

Twitter: https://twitter.com/yamanomusic

Instagram: https://www.instagram.com/yamano_music/

YouTube: https://www.youtube.com/c/yamanomusic_official


■山野楽器への取材などのお問い合わせ:https://www.yamano-music.co.jp/info/public_inquiry.html

■過去のプレスリリース:https://www.yamano-music.co.jp/company/press-release/

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中

    過去に配信したプレスリリース