ロシアにおけるEYの業務

EY Japan

2022/3/8 11:00

2022年3月8日



ロシアにおけるEYの業務

 

ウクライナにおける衝撃的で忌まわしい軍事行動がエスカレートし続ける中、私たちは引き続きウクライナ、東欧、そしてその地域に従事するメンバーの安全を最優先とし、影響を受けた人々の支援を精力的に行っています。ウクライナの700人のEYメンバーに対して経済的支援、転居、交通手段、出入国管理サービスを継続して行っています。さらに、グローバルのEYファミリー全体が一丸となって、より広範なウクライナのコミュニティに対する後方支援、ボランティア活動、資金寄付などの難民支援を行っています。

 

被害が甚大になる中、EYはグローバル組織として、今後ロシア政府、ロシアの国営企業、制裁を受けた企業、団体また個人に対するサービスを提供しないことといたしました。EYは、ロシアのメンバーファームをグローバルネットワークから切り離すための手続きを始めました。

 

ロシアには4700人以上のEYメンバーがおり、30年以上にわたりEYのグローバルネットワークの一員として、グローバル、東欧、ウクライナのメンバーたちと肩を並べて働いてきた背景から、簡単な決断ではありませんが、世界中のクライアントや EY メンバーをサポートし、法的義務やその他コミットメントを果たすため、尽力いたします。

 

今回の軍事行動を発端としたウクライナ、東欧、その他の地域での苦難は、EYのメンバー全員にとって深く憂慮するところです。EYは、すべての当事者がウクライナの平和的解決に向けて早急に取り組むことを強く求めます。



※本プレスリリースは、2022年3月7日(英国時間)にEYが発表したニュースリリースを翻訳したものです。英語の原文と翻訳内容に相違がある場合には原文が優先します。


英語版ニュースリリース:
EY work in Russia | EY - Global



EYについて〉

EY | Building a better working world

EYは、「Building a better working world(より良い社会の構築を目指して)」をパーパスとしています。クライアント、人々、そして社会のために長期的価値を創出し、資本市場における信頼の構築に貢献します。

150カ国以上に展開するEYのチームは、データとテクノロジーの実現により信頼を提供し、クライアントの成長、変革および事業を支援します。

アシュアランス、コンサルティング、法務、ストラテジー、税務およびトランザクションの全サービスを通して、世界が直面する複雑な問題に対し優れた課題提起(better question)をすることで、新たな解決策を導きます。

 

EYとは、アーンスト・アンド・ヤング・グローバル・リミテッドのグローバルネットワークであり、単体、もしくは複数のメンバーファームを指し、各メンバーファームは法的に独立した組織です。アーンスト・アンド・ヤング・グローバル・リミテッドは、英国の保証有限責任会社であり、顧客サービスは提供していません。EYによる個人情報の取得・利用の方法や、データ保護に関する法令により個人情報の主体が有する権利については、ey.com/privacyをご確認ください。EYのメンバーファームは、現地の法令により禁止されている場合、法務サービスを提供することはありません。EYについて詳しくは、ey.comをご覧ください。
本ニュースリリースは、EYのグローバルネットワークのメンバーファームであるEYGM Limitedが発行したものです。同社は、英国の保証有限責任会社であり、顧客サービスは提供していません。

 

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中