CSL ベーリング 4月17日 『世界血友病デー』 に賛同

患者さんの人生に寄り添うことを目指して血友病情報サイトを一新

CSLベーリング

2022年4月15日

報道関係 各位

 

 

  CSL ベーリング 417日 『世界血友病デー』 に賛同 患者さんの人生に寄り添うことを目指して血友病情報サイトを一新

CSLベーリング株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:ジャン・マルク モランジュ)は、世界血友病デーの趣旨に賛同し、血友病などの出血性疾患の患者さんの人生に寄り添うコミュニケーションを目指して情報サイトを一新いたしました。

 

これまで患者さんやそのご家族に情報をお届けしてきた「ヘモフィリアナビゲーター」をリニューアルし、より使いやすく、より患者さんのQOL向上に役立つ情報を充実させました。 また、この度、新たに、医療関係者向けに血友病の診療に役立つ情報や最新トピックスをお届けする情報サイト「ヘモフィリアコンシェルジュ」を開設いたしました。

 

世界血友病デーは世界血友病連盟(WFH)が、毎年4月17日を血友病やその他の先天性出血性疾患に関する啓発と治療向上への取り組みを強化することを目的として制定したものです。CSLベーリングはその趣旨に賛同し、患者さんのより一層のQOL向上をめざして、支援してまいります。

 

「ヘモフィリア ナビゲーター」 患者さん向けコミュニティサイトをリニューアル!

特長:

・デザインと使いやすさを向上し、興味のある情報や話題にすばやくアクセス可能に 

・同じ病気を抱える患者さん自身が語る体験談や、患者さんに接する方や支える方の気持ちなど、患者さんが本音で聞きたかった情報を充実

・価値ある情報の更新頻度を向上

 

▲ヘモフィリア ナビゲーター(https://csl-info.com/hem_pt/

 

CSLベーリングが運営する患者さん向けサイト「ヘモフィリア ナビゲーター」では、このリニューアルを期して、いっそう患者さんの人生に寄り添い、支えるためのコンテンツを充実させます。

新コンテンツ〈こんなときどうしてる?どうだった?〉では、患者さんの経験を集めて、さまざまな直面する場面での対応をケースごとにまとめて掲載。あまり話す機会のない同じ病気を抱える患者さんやご家族の話をお届けしていきます。

同じく新コンテンツ〈あの人に聞いてみよう!〉では、患者さんの人生の節目で対応する側の方たちの話を紹介します。患者さんが聞いてみたいこと、知りたいことをインタビュー記事にして掲載。社会との接点について理解を深めていきたいと考えています。

2つの新コンテンツは、いずれも6月頃より掲載開始予定です。

 

「ヘモフィリア コンシェルジュ」 医療関係者向け情報サイトを新たにオープン!

特長:

・分かりやすいナビゲーション

・血友病の診療に役立つ情報や最新情報をいち早く提供

・血友病診療の最前線で活躍される医療関係者の、医療現場での独自の活動や診療にかける想いをトピックスで紹介

 

▲ヘモフィリア コンシェルジュ(https://csl-info.com/hem_hcp/

 

CSLベーリングが新たに提供する医療関係者向けサイト「ヘモフィリア コンシェルジュ」では、血友病を診ている医師をはじめとする医療関係者の“目や耳になる”べく、コンテンツを発信いたします。治療の現場に役立つ“患者さんに還元できる情報”や日常の診療だけでは得られない情報を入手するためのラインナップを提供してまいります。

また、インタビュー記事コンテンツ〈血友病診療フロントライン〉では、日本全国の血友病診療の最前線で取り組んでおられる施設やドクターをはじめとするスペシャリストの方々を、いろいろな角度から取材し、記事を掲載していきます。

最新のトピックスや、医療現場の活性化につながる興味深い動画も数多く掲載していく予定です。

 

 

CSLベーリング株式会社は、2016年に血友病治療領域で会社として初めての製剤となる、血友病B治療薬「イデルビオン®」、さ らに、2017年12月には血友病A治療薬「エイフスチラ®」を上市いたしました。「イデルビオン®」は、2020年8月に投与間隔を21日に延長する用法及び用量の一部変更承認を取得いたしました。

今後も患者さんのアンメットニーズに貢献するイノベーションを促進し続けるとともに、これらの活動を通じて、患者さんの生活の質の向上や、社会における血友病などの出血性疾患の患者さんに対する理解の深まりに寄与することを目指してまいります。

 

【世界血友病連盟について】

世界血友病連盟(WFH)は、50年以上にわたり血友病やその他の先天性出血性疾患の患者さんの生活の質の改善のために活動している国際的な非営利団体で す。1963年に創設され、世界134カ国の患者団体から成る世界的なネットワークであり世界保健機関(WHO)の公認団体です。

WFHのウェブサイト https://wfh.org/

 

【CSLベーリング株式会社(日本法人)について】
CSLベーリング株式会社は、生物学的製剤のグローバル企業であるCSLベーリング(本社アメリカ)の日本法人です。免疫・希少疾患領域、救命救急・止血領域、及び血友病領域を主要領域としています。

2016年には血友病領域に参入し、遺伝子組換え血友病B治療薬を上市しました。血友病領域では、さらに、2017年12月に遺伝子組換え血友病A治療薬を発売しました。

2017年9月には、ビタミンK拮抗薬療法時の出血傾向を抑制する、静注用人プロトロンビン複合体製剤を発売しました。

2019年3月には20%皮下注用人免疫グロブリン製剤が、「慢性炎症性脱髄性多発根神経炎の運動機能低下の進行抑制(筋力低下の改善が認められた場合)」を効能又は効果として、適応追加の承認を取得しました。2019年3月に10%液状静注用人免疫グロブリン製剤が、「慢性炎症性脱髄性多発根神経炎の筋力低下の改善」と「慢性炎症性脱髄性多発根神経炎の運動機能低下の進行抑制(筋力低下の改善が認められた場合)」を効能又は効果として製造販売承認を取得し、2020年2月には無又は低ガンマグロブリン血症の適応追加も承認されました。

日本において生物学的製剤を専門とする企業として設立以来歩みを重ね、2020年で20周年を迎えました。CSLベーリングは、今後とも日本の医療に、ひいては患者さんやご家族の生活の質の更なる向上に貢献してまいります。

https://www.cslbehring.co.jp

 

 

 

# # #

お問い合わせ先 CSLベーリング株式会社 コーポレート コミュニケーション 電話:03-4213-0183 Fax:03-4213-0216

 

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中