豊島区立トキワ荘マンガミュージアム特別企画展「オトメイトブランド15周年記念『トキワオトメ』」開催中

豊島区

2022/4/18 15:09

2022年4月18日

豊島区

豊島区立トキワ荘マンガミュージアム(豊島区南長崎3-9-22)では、令和4年4月16日(土曜日)から、「トキワ荘」とゲームブランド「オトメイト」がコラボした特別企画展「オトメイトブランド15周年記念『トキワオトメ』」が始まりました。4月16日(土曜日)、記者発表が行われ、高野之夫豊島区長、アイディアファクトリー株式会社佐藤嘉晃代表取締役社長が出席しました。

 

「オトメイト」は、トキワ荘の地元、南長崎で1994年創業のゲームメーカーであるアイディアファクトリー株式会社が設立したゲームブランドです。

かつて、トキワ荘のマンガ家たちが少女の恋心を描いた作品を描いたように、過去、現在、未来と変わることのない「永久不変なオトメたちの恋心」を「乙女ゲーム」という形で表現し、世に送り出したのが「オトメイト」です。

本展では、オトメイト作品を展示するとともに、オトメイトのゲーム制作やメディア展開などにも触れ、広くオトメイトの世界をご紹介いたします。また、トキワ荘に住んでいたマンガ家のひとり、手塚治虫の「リボンの騎士」を原作とした「戦場の円舞曲(ワルツ)」などもあわせてご紹介します。

また、地元商店街と連携し、記念品(企画展限定のポストカード)がもらえるスタンプラリーも開催しています。

 

記者発表に出席した高野区長、佐藤嘉晃代表取締役社長のコメントは以下の通りです。

高野区長「当ミュージアムにとって、6本目の特別企画展となる『オトメイトブランド15周年記念 トキワオトメ』では、オトメイトの作品の中から選りすぐりの作品を紹介するとともに、ゲームのクリエーターたちの努力や思いが伝わる展示となっています。また、アニメの原点がマンガ、マンガの原点がトキワ荘であることを、是非このミュージアムで若い人たちにも知ってほしい」

佐藤嘉晃代表取締役社長「オトメイト15周年を記念してこのトキワ荘で展示会を開くことが出来て、とても光栄です。今後も国際アート・カルチャー都市を目指す豊島区と連携して、共に歩んでいきたいと思います」

 

■みどころなど

(1)オトメイトブランド全作品リスト (2022年4月現在)

2007年のブランド設立から現在に至るまでの全作品リストを展示します。15年間に、約300作品が発売され、それらのゲームのパッケージ画像を一覧で見ることができます。

(2)乙女ゲームの企画の流れ

乙女ゲームが企画され、どのような流れで制作されていくのかをパネルにてご紹介します。今回のパネルでは、「ゲーム制作が終わるまで」だけではなく、「発売」までの流れもご紹介しているため、「ゲームソフトの梱包パッケージの制作」や「制作発表」などの一連の流れも記載されています。

(3)開発者のコメント付き作品紹介

オトメイトブランド作品の数ある名作の中から11作品を選び、開発者コメント付きの作品紹介パネルを制作しました。開発者たちが自ら、各作品の魅力・プレイヤーの皆様にどのように楽しんでいただきたいかコメントも添えて展示します。

(4)オトメイトブランドの広がり

過去に放送されたテレビアニメ、舞台をはじめとした様々な広がりがわかる資料を実物やリストなどにより紹介します。また、オトメイトでは「マンガ」「地域」「飲食」などとのコラボレーションも行っているため、それらも併せてご紹介していきます。

(5)オトメイト作品のキャラクターたちによるお出迎え&お見送り

等身大のキャラクターが週替わりで、企画展のエントランスや館内でお出迎えします。また、企画展の出口では、本展にあわせて新しく描き下ろされた「ちびキャラ」たちが、週替わりでお見送りをしてくれます。(写真撮影可能)

(6)本展のオリジナルグッズも販売します

本企画展限定のポストカード、ランダム缶バッジ、ランダムアクリルスタンド、ハンドタオルを販売いたします。

 

■日程:令和4年 4月16日(土)~令和4年 6月 26日(日) ※ミュージアムHPからの予約優先制

■開館時間:10時~18時(入場は17時30分まで)

■休館日:月曜日(祝日の場合は翌平日)

■料金:特別観覧料(グッズ付)大人500円、小中学生100円

※未就学児・障害者手帳をご提示の方(介助者1名まで)無料

■主催:豊島区

■後援:公益財団法人としま未来文化財団 

■特別協力:アイディアファクトリー、デザインファクトリー

■協力:トキワ荘協働プロジェクト協議会

■企画制作:株式会社手塚プロダクション

■公式HP: https://toksomm.jp/

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中