『SUPER GT第2戦富士』GT300クラスでDUNLOPタイヤ装着車両が表彰台独占

住友ゴム工業

2022/5/11 14:19

発行:2022年5月11日


SUPER GT第2戦富士』GT300クラスでDUNLOPタイヤ装着車両が表彰台独占

 

 住友ゴム工業(株)(社長:山本悟)は、5月3日から4日に富士スピードウェイで開催された国内最高峰のレースのひとつ『2022 AUTOBACS SUPER GT』の第2戦で、DUNLOP(ダンロップ)としてサポートするチームが、GT300クラスで「SUPER GT」参戦以来初の1位から3位の表彰台独占を果たしました。開幕戦に引き続き好調な走りを見せ、DUNLOPタイヤ装着車両同士による激しいトップ争いを展開しました。

 

表彰式の様子

 

 第2戦の予選では、フロントローのみならず、セカンドローの予選4位までをDUNLOPタイヤ装着車両が独占。

 決勝レースでは、「GAINER」の「NISSAN GT-R NISMO GT3(10号車)」が1周目から先頭に躍り出て快調なペースで後続との差を広げていき、2回の赤旗中断となる波乱の展開の中でトップをキープし、今シーズン初優勝を遂げました。ドライバーの富田竜一郎選手は、第1戦からさらに進化したDUNLOPタイヤで走行し「ウォームアップから楽に走ってもタイムが出た。ミニマム18周を予想していたが、28周までしっかりタイムが出せた。次戦でもGT3勢・ダンロップ勢の中でもトップでチェッカーを受けられるように頑張りたい」とコメントしました。

 

優勝した富田竜一郎選手(左)、大草りき選手(中央)、塩津佑介選手(右)

 

「GAINER」の「NISSAN GT-R NISMO GT3」

 

  2位は今年から参戦を開始したルーキーチーム「BUSOU Drago CORSE」の「NISSAN GT-R NISMO GT3 (34号車)」、3位は「R&D SPORT」の「SUBARU BRZ GT300(61号車)」となりました。また、4位・6位にも入賞を果たし、トップ6台のうち5台がDUNLOP装着車両となる好成績を収めました。

 予選・決勝レースともに上位を独占できたのは、DUNLOPタイヤの高いグリップ性能と耐久性能の証です。続くレースにおいてもチャンピオン獲得を目指し、参戦するチームとドライバーを足元から支えます。

 

■GT300クラス DUNLOPタイヤ装着車両順位

順位 チーム 車両 ドライバー
1位

GAINER

NISSAN GT-R NISMO GT3(10号車)

富田 竜一郎

大草 りき

塩津 祐介

2位

BUSOU Drago CORSE

NISSAN GT-R NISMO GT3 (34号車)

柳田 真孝

井出 有治

3位

R&D SPORT

SUBARU BRZ GT300 (61号車)

井口 卓人

山内 英輝

4位

GAINER

NISSAN GT-R NISMO GT3(11号車)

安田 裕信

石川 京侍

6位

K-tunes Racing

LEXUS RC F GT3(96号車)

新田 守男

高木 真一

17位

LM corsa

TOYOTA GR Supra GT(60号車)

吉本 大樹

河野 駿佑

20位

SHADE RACING

TOYOTA GR 86 GT(20号車)

平中 克幸

清水 英志郎

 

<商品・イベントに関するお問い合わせ先>

 タイヤお客様相談室  TEL:0120-39-2788

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

表彰式の様子

優勝した富田竜一郎選手(左)、 大草りき選手(中央)、塩津佑介選手(右)

「GAINER」の「NISSAN GT-R NISMO GT3」

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中