ピニンファリーナが同社初となるNFTコレクションを発表、Moduloにささげる

ピニンファリーナ(Pininfarina)

2022/5/13 18:18

AsiaNet 95977 (1097)

 

【トリノ(イタリア)2022年5月13日PR Newswire=共同通信JBN】ピニンファリーナ(Pininfarina)は、これまでで最もアイコニックで未来的な自動車デザインのひとつであるコンセプトカー「ピニンファリーナModulo(モデューロ)」に焦点を当てた、素晴らしいNFTコレクションを発表する。

 

ピニンファリーナModulo NFTは、ラグジュアリーNFTのスペシャリストである1of 1がメタバース向けソリューションの開発でARTM Technologiesの協力を受け、さらにアイコニックな歌手サーシャ・シロタ(Sasha Sirota)も協力したコラボレーションを通し、5つのアートピースシリーズとして提供される。このNFTコレクションはRM Sotheby’sが2022年5月24日から26日に開催する専用のオンラインオークションに出品される予定である。https://rmsothebys.com/en/auctions/pf22 を参照。

 

このNFTコレクションは、「1回限りの」Moduloのオリジナルスケッチからインスピレーションを得たものだ。これまでピニンファリーナのプライベートアーカイブに保存されていたもので、同社のデザインチームによる活発なコラボレーションによって開発された。

 

ユニークな各NFTは、芸術的・体験的なコンポーネントのパッケージで構成されており、NFTのオーナーはさまざまなメリットや並外れたコンテンツにアクセスすることで、ピニンファリーナの象徴的なレガシーの一部になることができる。

 

各NFTは、オリジナルサウンドトラックとユニークな時代設定による芸術的なビデオアニメーションが特徴で、各NFTは1970年代から2020年までの異なる10年の区分けの中で、それぞれが違った文脈でModuloを紹介する。

 

各NFTではさらに、オリジナルで貴重な図面のスケッチや、現実世界での限定体験(ピニンファリーナのPaolo Pininfarina会長が同行する同社ミュージアムの予約訪問)、デザインチームとのプライベートセッションなどのオリジナルコンテンツが紹介される。さらに、NFTのオーナーは、メタバースに登場する初のピニンファリーナ車であるピニンファリーナModuloのデジタルレプリカを所有することができる。NFT各パッケージに関連するModuloの物理的アートワークが額に入れられて贈呈される。

 

Paolo Pininfarina会長は「当社初のNFTコレクションが、Moduloに新しい命を与えるためにささげられることを誇りに思う。1970年に設計されたこのコンセプトカーは、『未来をデザインするための美と革新』というピニンファリーナ・ビジョンのマニフェストである」と述べた。

 

ピニンファリーナのSilvio Angori最高経営責任者(CEO)は「われわれがNFTの世界に参入した意図は、その境界とチャンスを追求するためである。当社は90年にわたり最先端の創造性を生み出してきた。それだからこそ、メタバースは当社が大きく貢献できる領域である。膨大なクリエーティブアーカイブと最先端テクノロジーを駆使してデザインの未来を想像する力が、われわれのブランドをさらに経済的に向上させる新たな道を切り開いていく」と述べた。

 

参照:https://youtu.be/7eVnfIDKtVs

 

Photo - https://mma.prnewswire.com/media/1817241/Modulo_NFT_00s.jpg

Photo - https://mma.prnewswire.com/media/1817242/Modulo_NFT_70s.jpg

Logo - https://mma.prnewswire.com/media/834384/Pininfarina_SPA_Logo.jpg

 

ソース:Pininfarina

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中