世界43カ国の海外倒産集計を発表

-2021年グローバル倒産レポートを無料提供-

TSR

2022/6/7

 株式会社東京商工リサーチ(以下TSR)は、提携先である世界最大級の企業情報プロバイダー、米国のDun&Bradstreet (以下D&B)が世界43カ国における最新の倒産件数を集計した「2021年 グローバル倒産レポート」を翻訳し、提供を開始いたしました。本レポートは、WEB上にお客さま情報をご登録いただきTSRメルマガ会員に入会いただくだけで、無料でダウンロードすることが可能です。海外ビジネスに携わるさまざまな企業の担当者の方にご活用いただけます。

 

2021年 グローバル倒産レポート」概要:

 2020年とほぼ同様に、2021年も新型コロナ一色の年となりましたが、企業倒産件数は、モニタリングした全43カ国のうち約半数で減少しました。企業を延命させた最大の要素のひとつは、世界中の政府が提供する大規模な支援パッケージにあることは明白です。

2022年は財政・金融政策支援の打ち切りと貸出態度の厳格化が想定されます。これらの課題を考慮すると、少なくとも2022年下半期は困窮が表面化する国が増えることになりそうです。

 

 

各国の倒産とその背景(要約)

 

アメリカ:倒産件数は減少。2022年の経済の成長は一段と緩やかなペースに

 

 

中国:倒産件数は減少するも、2022年下半期に再び増加の可能性

 

 

イギリス:倒産件数は増加。2022年下半期は支払い不能リスクが低下 

 

 

ロシア:倒産件数はわずかに減少。EU、アメリカの制裁で

 

 

詳細なレポート全文を無料でダウンロード可能:

レポート全文は、以下からお申込みいただくと無料でダウンロードすることができます。(TSRのメールマガジン会員として登録されます)

・レポートダウンロードはこちら

https://contact.tsr-net.co.jp/GlobalBankruptcyReport2021

 

 

株式会社東京商工リサーチ(TSR)について

本社:東京都千代田区大手町1-3-1 代表取締役社長 河原光雄

TSRは日本最古の信用調査会社として、国内最大級900万件超の企業データベースと全国81ヵ所に広がるネットワークによる信用調査業務に加え、世界最大の企業情報プロバイダーであるD&B(Dun&Bradstreet)の日本における唯一のパートナー企業として、全世界4億7,400万件以上の企業情報を提供しております。 https://www.tsr-net.co.jp/

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

global_us

global_china

global_britain

global_russia

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • 名称 株式会社東京商工リサーチ
  • 所在地 東京都
  • 業種 企業向けサービス
  • URL http://www.tsr-net.co.jp
  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中