EY、アシュアランス(監査・保証)の次世代テクノロジープラットフォームに10億米ドル強を投資へ

~信頼性、透明性およびトランスフォーメーションを促進~

EY Japan

2022/6/17 11:40

・人工知能(AI)などの最先端テクノロジーを駆使した次世代のアシュアランス・テクノロジー・プラットフォームとアプリケーション構築

・財務報告、非財務報告を含むEYのアシュアランスサービスを強化

・変化する資本市場のニーズをサポートする統合プラットフォーム

 

EYは、次世代のアシュアランス・テクノロジー・プラットフォームへ10億米ドル以上を投資することを発表しました。本投資は、EYが高品質な監査へ継続的にフォーカスすることの証であり、また各国の規制当局、政府、監査基準設定主体、監査委員会および取締役会が監査業界に寄せる期待の変化に素早く対応する取り組みで、4年かけて実行します。これはEYが2021年9月に発表した25億米ドルの投資プログラムによって可能となりました。

 

今回の10億米ドル投資プログラムは、既存の複数のアシュアランステクノロジーを、シームレスな1つのプラットフォームに統合します。EYのトップクラスのグローバル監査プラットフォームの強みを統合し、EYのアライアンスパートナーが有する最先端テクノロジーを活用して、次世代のデータドリブンなアシュアランスサービスを加速させるシームレスなプラットフォームを構築します。

 

統合アシュアランス・テクノロジー・プラットフォームを構築するための本投資プログラムは、「データアクセスのケイパビリティおよび高度なアナリティクス」、「AI」、「ユーザー体験」という3つの分野におけるトランスフォーメーションを可能にします。

 

EY グローバル・ヴァイスチェア(アシュアランス担当)Marie-Laure Delarueのコメント:

「技術の進歩とEYの組織を横断するチーミングによって、私たちは、監査の品質、アシュアランス関連サービスのスコープ、EYのクライアントとメンバーの経験のすべてをより高いレベルに引き上げていきます。企業が持続可能な長期的価値を追求し、最終的に各社のステークホルダーの間でより大きな信頼を得られるよう、EYが支援していることをとても誇りに思います」

 

アシュアランスのテクノロジーの統合と変革は、EY のアシュアランスサービスがこれまでに培ってきた世界トップクラスの監査テクノロジーという強固な基盤を活用して行います。この基盤には、現在使用しているEYのクラウドベースのグローバル監査プラットフォームであるEY Canvasが含まれます。EY Canvasは、業界最大のBtoB*¹プラットフォームの1つであり、35万人以上のEYのクライアントユーザーと12万人のEYメンバーがアクセスしています。

 

本投資プログラムは、EY Helixのグローバル・データ・アナライザーおよびグローバル監査手法も活用していきます。EYの監査チームは、こうしたツールを利用して毎年6,800億行以上の企業財務データを分析しています。そして、EYが新しい統計分析や予測分析を用いながら、より多くの財務データや非財務データを分析することを可能にするトランスフォーメーションをサポートします。

 

このように強化されたケイパビリティとグローバルで一貫した手法が目指しているのは、高度なリスク識別とリスク軽減を可能にすること、アシュアランス関連サービスの拡大という複雑なニーズに備えるサポートをすること、そして企業が資本市場全体でさらなる信頼を構築できるよう支援することです。

 

EYのグローバル・アシュアランス・デジタルリーダー Marc Jeschonneckのコメント:

「本投資プログラムは、データドリブン監査やその他のアシュアランスサービスの提供を後押しし、最終的にはユーザーエクスペリエンスを大幅に向上させるための新しいレベルのケイパビリティの提供をサポートします。今回のトランスフォーメーションは、今や監査や会計だけでなく、サステナビリティといったより幅広いレポーティングを求めるようになった、監査委員会や財務責任者の期待に応えるものです」

 

*¹BtoB:企業が企業に対して製品やサービスを提供するビジネスモデル

 

※本ニュースリリースは、2022年6月16 日(現地時間)にEYが発表したニュースリリースを翻訳したものです。英語の原文と翻訳内容に相違がある場合には原文が優先します。

 

英語版ニュースリリース:

https://www.ey.com/en_gl/news/2022/06/ey-announces-us-1b-investment-in-a-next-generation-technology-platform-to-facilitate-trust-transparency-and-transformation-through-assurance-services

 

 

〈EYについて〉

EY | Building a better working world

EYは、「Building a better working world~より良い社会の構築を目指して」をパーパス(存在意義)としています。クライアント、人々、そして社会のために長期的価値を創出し、資本市場における信頼の構築に貢献します。

150カ国以上に展開するEYのチームは、データとテクノロジーの実現により信頼を提供し、クライアントの成長、変革および事業を支援します。

アシュアランス、コンサルティング、法務、ストラテジー、税務およびトランザクションの全サービスを通して、世界が直面する複雑な問題に対し優れた課題提起(better question)をすることで、新たな解決策を導きます。

 

EYとは、アーンスト・アンド・ヤング・グローバル・リミテッドのグローバルネットワークであり、単体、もしくは複数のメンバーファームを指し、各メンバーファームは法的に独立した組織です。アーンスト・アンド・ヤング・グローバル・リミテッドは、英国の保証有限責任会社であり、顧客サービスは提供していません。EYによる個人情報の取得・利用の方法や、データ保護に関する法令により個人情報の主体が有する権利については、ey.com/privacyをご確認ください。EYのメンバーファームは、現地の法令により禁止されている場合、法務サービスを提供することはありません。EYについて詳しくは、ey.comをご覧ください。

本ニュースリリースは、EYのグローバルネットワークのメンバーファームであるEYGM Limitedが発行したものです。同社は、英国の保証有限責任会社であり、顧客サービスは提供していません。

 

〈EY新日本有限責任監査法人について〉
EY新日本有限責任監査法人は、EYの日本におけるメンバーファームであり、監査および保証業務を中心に、アドバイザリーサービスなどを提供しています。詳しくは、ey.com/ja_jp/people/ey-shinnihon-llc をご覧ください。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中