◎Bergとパーキンソン研究所がPDのR&D協力

Berg Pharma

2012/6/26 16:00

◎Bergとパーキンソン研究所がPDのR&D協力

AsiaNet 49830

共同JBN 0858

◎Bergとパーキンソン研究所がPDのR&D協力

【ケンブリッジ(米マサチューセッツ州)、サニーベール(米カリフォルニア州)2012年6月26日PRN=共同JBN】ボストンに本社を置く製薬会社のBerg Pharmaと著名なパーキンソン研究所(Parkinson's Institute)は26日、パーキンソン病(PD)の究明により確実なモデリングを可能にするユニークな提携関係を発表した。米国には約100万人のパーキンソン病患者がおり、毎年新たに5万人が罹病し、この率はベビーブーマー人口の加齢化とともに増えると見込まれている。根本的な病態生理学とPDに対する理解は、病気が複雑であることと既存モデルの予測能力の欠如が重なって、なおとらえどころなく理解しにくいままである。

  (Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20120404/CL82745LOGO

パーキンソン研究所の創設者で科学部長兼最高経営責任者(CEO)であるウィリアム・ラングストン博士は「当研究所が持っているパーキンソン病の深い知識とBergの新しいInterrogative Biologyプラットフォームによって、われわれはパーキンソン病の原因と治療法を発見する使命を加速する真の可能性があると考えており、そのような理由から今回の協業については非常に興奮している」と語った。

国際的に著名な神経学研究者でマイケル・J・フォックス・パーキンソン病研究財団の顧問であるウィリアム・ラングストン博士は、1982年にメチルフェニルテトラヒドロピリジン(MPTP)とパーキンソニズム(パーキンソン症候群)との関連性に関する見事な発見によって研究に至る分野を開き、今日では強力な臨床研究能力を備える研究所をリードしている。

Berg Pharmaのニーブン・R・ナライン創業者兼社長兼最高技術責任者(CTO)は「ラングストン博士のような偉大な研究者とコラボレートし、長年のその専門知識、臨床的識見、協業研究を取得する機会は、当社のInterrogative Biology(登録商標)の能力と合わせて、この容赦のない病気に対する重要な識見が明らかされて、臨床管理を強化し、この種では一級の診断と予後予測ができるだろう」とコメントした。

Berg Interrogative Biology(登録商標)発見プラットフォームは、医薬品ターゲットとバイオマーカーを生み出すユニークな能力を示し、まさに疾病表現型を代表している。同プラットフォームは既に、がんの後期臨床試験や内分泌および中枢神経兼疾患に対する多くの臨床医前候補治療薬とバイオマーカーにおける分子を触媒することができる。同プラットフォームは、ベイジアンAIインフォーマティクスを受ける不可知論的方法でゲノム、メタボローム、プロテオーム、リピドームからのデータセットを統合することによって、正常と疾患とを区別するサインを解読することができる。その結果生まれるノードは、診断もしくは治療への進展向けに原理を証明する臨床前試験に進む前に、ウェットラボ確認評価に戻される。

ニューヨークにあるマウントサイナイ医科大学(Mount Sinai School of Medicine)の神経科学科Nashプロフェッサー兼チェアマン兼フリードマン脳研究所(Friedman Brain Institute)長であるエリック・J・ネスラー医師(医博)は「この新しい協業には、パーキンソン病の理解と治療に対する極めて大きな期待がある。生物医学的な異常を探るBerg Pharmaのユニークで幅広い能力は、パーキンソン研究所によるパーキンソン症候群患者の細胞組織の豊富な蓄えと合わせることで、パーキンソン病の原因を突き止める能力とともに根本的な原因を治療することで、基礎的進歩につながることになる。これは非常に素晴らしい新たな提携関係である」と語った。

Berg Pharmaは臨床的にラベルを付けた細胞組織サンプルという宝庫にアクセスする権利を持つ。それらサンプルは、パーキンソン病患者のさまざまなタイプあるいはBergの中枢神経(CNS)疾患プログラムリーダーのポーラ・P・ペレス氏とのコラボレーションにおいて共同リーダーとなる准教授バーギット・シュール博士が7年間にわたり収集したLRKK2突然変異など特殊な変異などである。Bergチームは診断と治療上の成果を得るため、Interrogative Biology発見プラットフォームの独自プロトコルにサンプルを受け渡す。この提携関係の金融上の条件は明らかにされなかった。

▽Berg Pharmaについて

Berg Pharmaはボストンに本社のある製薬会社で、Berg BiosystemsおよびBerg Diagnostics両社の親会社である。同社が注力している研究は、代謝の変質が発病開始にどのように関係するかを解明することにある。同社は代謝制御要因、すなわちワールブルク仮説の要素を明確にするカギとなる知見を見いだすことである。同社は中枢神経系(CNS)疾患および代謝疾患の初期段階の技術に関する深いパイプラインを持っており、がんと化学毒性防止の末期段階臨床試験を補完する。生物学的生成物を実行可能な療法と堅牢なバイオマーカー・ライブラリーに翻訳する発見プラットフォームの利用によりBerg Pharmaは、明日のより良い健康の追求を実現する。

▽パーキンソン研究所(Parkinson's Institute)と臨床センター(Clinical Center)について

パーキンソン研究所は、パーキンソン病の原因と治療法を発見することに注力する医療研究組織であり、患者に世界クラスの医療行為を提供している。研究所はパーキンソン病の遺伝学的基礎、バイオケミカルおよび細胞メカニズムを調べる基礎研究部門を持っている。大規模な臨床研究部門は、パーキンソン病患者集団の疫学的研究活動に力を入れている。研究所のクリニックは、特殊な運動障害の神経学的治療とともに、肉体的、職業的、言語上の治療を提供し、広範な患者に手を差し伸べ、各種教育プログラムも持っている。

ソース:Berg Pharma

▽問い合わせ先

Ashley Potts

+1-617-939-1071

PR49830

Berg Pharma and the Parkinson's Institute ink R&D Collaboration to Drive Disease Understanding and Accelerate Therapeutic and Diagnostic Development in Parkinson's Disease

CAMBRIDGE, Mass. and SUNNYVALE, Calif., June 26, 2012 /PRN=KYODO JBN/ --

    Berg Pharma, a Boston-based pharmaceutical company and the renowned

Parkinson's Institute announced a unique partnership that would enable a more

robust modeling in the investigation of Parkinson's Disease (PD). There are

approximately one million Americans who live with the disease with 50,000 new

cases per year and this rate is expected to rise with an aging baby boomer

population. The underlying pathophysiology and disease understanding of PD

still remains elusive due to a combination of disease complexity and lack of

predictive capability of existing models.

    (Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20120404/CL82745LOGO )

    Dr. William Langston, Founder, Scientific Director, and CEO of the

Parkinson's Institute said, "We believe that with the in depth knowledge of

Parkinson's disease we have at the Institute and the exciting new Berg

Interrogative Biology platform, there is a real possibility that we accelerate

our mission of finding the cause and cure for the disease, for these reasons we

are very excited about this collaboration."

    The hallmark discovery of the association of MPTP and parkinsonism in 1982

by Dr. William Langston, an internationally renowned neurology researcher and

advisor to the Michael J. Fox Foundation, opened the field up to research and

today leads the Institute that houses a strong clinical and research

capability.

    Niven R. Narain, Co-founder, President, and CTO of Berg Pharma commented,

"The opportunity to collaborate with a giant such as Dr. Langston and gain the

years of expertise, clinical insight, and collaborative research combined with

the power of Interrogative Biology(R) should unravel key insight into this

unrelenting illness and allow for enhanced clinical management and

first-in-class diagnostics and prognostics."

    The Berg Interrogative Biology(R) discovery platform has demonstrated a

unique capability in producing drug targets and biomarkers that truly represent

a disease phenotype. It has been able to catalyze molecules now in late stage

clinical trials in cancer and many pre-clinical candidate therapeutics and

biomarkers in endocrinology and CNS diseases. The platform is able to decipher

normal versus disease signatures by integration of data sets from the genome,

metabolome, proteome, and lipidome in an agnostic manner that is subjected to

Bayesian AI informatics. The resulting nodes are then put back into wet-lab

validation before proceeding to proof-of-principle pre-clinical testing for

diagnostic or therapeutic development.

    Eric J. Nestler, M.D., Ph.D., Nash Professor and Chairman,Department of

Neuroscience and Director of the Friedman Brain Institute at The Mount Sinai

School of Medicine in New York said, "This new collaboration holds tremendous

promise for our understanding and treatment of Parkinson's Disease. Berg

Pharma's uniquely broad capability to explore biochemical abnormalities,

coupled with the Parkinson's Institute's repository of tissues from patients

with this syndrome, should result in fundamental advances in our ability to

diagnose Parkinson's Disease as well as to treat its underlying causes. This is

a very exciting new partnership."

    Berg Pharma will gain access to a gold mine of clinically annotated tissue

samples that represent various types of PD samples and specific mutations such

as the LRKK2 mutation which Dr. Birgitt Schuele, Assistant Professor, has

collected over the last seven years who will co-lead the collaboration with

Berg CNS Disease Program Leader, Paula P. Perez. The Berg team will subject

samples to proprietary protocols in the Interrogative Biology(R) discovery

platform for diagnostic and therapeutic outcome. Financial terms of the

relationship were not released.

    About Berg Pharma

    Berg Pharma is a Boston based pharmaceutical company and parent company to

Berg Biosystems and Berg Diagnostics. Our research focus seeks to understand

how alterations in metabolism relate to disease onset. We have uncovered key

insight into metabolic control factors and namely into underlying elements in

the Warburg Hypothesis. The company has a deep pipeline of early-stage

technologies in CNS diseases and metabolic diseases that complement its

late-stage clinical trial activity in cancer and prevention of chemotoxicity.

Armed with use of the discovery platform that translates biological output into

viable therapeutics and a robust biomarker library, Berg Pharma is poised to

realize its pursuit of a healthier tomorrow.

    About the Parkinson's Institute and Clinical Center

    The Parkinson's Institute is a medical research organization focused on

finding the cause(s) and cure for Parkinson's disease, while providing

world-class care to its patients. The Institute has a Basic Research department

investigating genetic basis, bio-chemical and cellular mechanisms of

Parkinson's disease. A large Clinical Research department concentrates its

activities on epidemiological studies of Parkinson's disease patient

populations. The Institute's clinic offers specialized movement disorder

neurology treatment as well as physical, occupational, and speech therapy with

a rich patient outreach and education program.

     SOURCE: Berg Pharma

    CONTACT: Ashley Potts

             +1-617-939-1071

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中