ライトプロダクション・カラーシステム「Color C75 Press」新発売

富士ゼロックス

2012/10/22 11:00

2012/10/22

富士ゼロックス株式会社

プリントオンデマンド業務をサポートする機能を強化し、販促ドキュメントの企業内製化を促進

ライトプロダクション・カラーシステム「Color C75 Press」新発売

プリント自動調整専用ソフトウェア「Simple Image Quality Adjustment」を新開発

 富士フイルムグループの富士ゼロックス株式会社 (本社:東京都港区赤坂、社長:山本 忠人)は、ライトプロダクション・カラーシステム「Color C75 Press (カラーシー75プレス)」を2012年11月19日から発売いたします。 

「Color C75 Press」は、グラフィックアーツ市場から企業内のプリントオンデマンド用途まで、幅広い市場に向けた商品であり、出力品質や生産性などプリントオンデマンド市場で求められる性能を満たしながら、オペレーターの作業効率とマシンの稼働率を上げる機能を充実しています。

 具体的には、カラー/モノクロとも、毎分76ページ(注1)の高速プリントと、表裏を同時に読み取る2センサー方式のスキャン機能により、カラー/モノクロとも毎分200ページ(注2)の高速スキャンを実現しました。また、Color C75 Press専用のコントローラー「PX750 Print Server U」を、自社で独自開発。高速にデータ処理を行う最新のCPU(注3)と画質が劣化しない可逆圧縮方式を採用しています。これらにより、プロダクションプリント業務における高画質・生産性への高い要求に応えます。

また、プリント自動調整専用ソフトウェア「Simple Image Quality Adjustment」を新たに開発し、簡単・短時間で高品質な販促ドキュメントの企業内製化を促進します。これまでプロダクションカラー市場をリードしてきた実績を活かし、プリントオンデマンド業務をサポートする機能を強化しています。

■プリント自動調整専用ソフトウェア「Simple Image Quality Adjustment」

 多品種少ロットの出力が多いプリントオンデマンド業務では、これまで、オペレーターがロットごとに用紙を切り替える際、表裏レジ調整を手作業で行う必要があったため、その調整に手間がかかっていました。本ソフトウェアにより、用紙切り替え時に必要な手間を自動化することにより、従来方式では、15分~30分程度かかっていた調整作業を、5分程度に短縮することができます。

 さらに当社は、プリントオンデマンド業務を行うお客様向けに、カラーマネジメントについての専門性を有する人材を育成する教育メニューや、技術認定制度「Fuji Xerox Color Management Basic/Professional」(注4)を運営しています。これらにより、お客様企業内で、高品質なカラードキュメントを安定して生産するための組織体制面においても、バックアップいたします。

富士ゼロックスは、これからもプロダクションプリンティングのパイオニアとしてラインアップの強化をすすめ、お客様のビジネスの拡大に貢献します。

注1当社J紙、A4横送り、 注2 A4両面読み取り、200dpi時

注3 クアッドコアIntel Xeon E3-1275 V2(3.5GHz)、

注4 「各種色基準認証の取得」や「色基準への適合」に向けたお客様の人材育成や技術者のスキルアップ、取引先を含めたTotal Color Managementによるお客様の業務改善やビジネス拡大に貢献する技術認定制度です。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付ファイル

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中

    過去に配信したプレスリリース