◎Coherusが科学諮問会議議長にローリス博士を任命

Coherus BioSciences

2013/1/8 09:30

◎Coherusが科学諮問会議議長にローリス博士を任命

AsiaNet 51771

共同JBN 0012 (2013.1.8)

【レッドウッドシティー(米カリフォルニア州)2013年1月8日】生物製剤治療法の世界的開発、商業化に専念しているバイオ医薬品会社のCoherus BioSciences, Inc.(Coherus)は8日、V.ブライアン・ローリス・Jr.(V.Bryan Lawlis, Jr.)博士を同社科学諮問会議(Scientific Advisory Board)の議長に任命したと発表した。ローリス博士は31年の経験を持つバイオテクノロジー業界のベテランで、バイオテクノロジーなどの医薬製品の製造、医薬製品の研究開発、臨床試験と規制手続きの実行で幅広い経験を持っている。

 (Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20120507/SF01448LOGO

Coherusのデニー・ランフィア最高経営責任者(CEO)は「生物製剤についてのローリス博士の専門知識はわが社のバイオ後続品計画に大きな価値のある指針を提供するものであり、同博士を迎えるのは光栄である。複雑で困難なバイオ後続品開発の道を進むには、この分野での特別な専門知識と成功するための微妙な違いが分かる洞察力が必要である。ローリス博士の専門知識はCoherusが現在擁している世界クラスの生物製剤開発チームを非常に効果的に補完する」と語っている。

ローリス博士は「私は科学諮問会議に新たに任命されたことによって、Coherusがバイオ後続品をめぐる重要な問題への対応で成功するのを助ける機会を得た。これまでのポートフォリオの各製品でのCoherusの実績に強い印象を受けた。この会社は高い能力のチームといくつかの戦略的パートナーのサポートを使って近い将来の重要な価値の屈折点を確保する強力なビジネスモデルを特定した」と述べている。

▽V.ブライアン・ローリス・Jr博士について

ローリス博士は2006年に創立された後続、新奇の付加価値治療タンパク質、抗体を開発する株式非公開企業であるItero Biopharmaceuticals, Inc.の創立者で、現在は同社社長兼CEOである。ローリス博士は2004年8月からAradigm Corporationの社長兼CEOを務め、2005年2月から役員会メンバーを兼ね、2006年8月までこれらのポストにとどまった。2003年6月から2004年8月まではAradigm Corporationの社長兼最高執行責任者(COO)で、2001年11月から2003年6月まではCOOだった。ローリス博士は受託バイオ医薬品製造会社のCovance Biotechnology Servicesを共同創立し、1996年から1999まで社長兼CEOを務め、1999年から同社がアクゾ・ノーベルNVの1部門であるDyosynth RTPに売却される2001年まで会長を務めた。1981年から1996年までローリス博士はGenencor、Genentechで働いた。Genentechでの最終ポストはプロセス科学担当の副社長だった。博士は現在、Itero Biopharmaceuticals, Inc、Sutro Biopharma, Inc、BioMarin Pharmaceutical Incの役員ポストを占めている。

ローリス博士はテキサス大学(オースティン)から微生物学の学士号を受け、ワシントン州立大学から生化学の博士号を受けている。

▽Coherus BioSciencesについて

Coherus BioSciencesは新興のバイオ医薬品会社で、本社はサンフランシスコ・ベイエリアにあり、安全で質の高いバイオ後続品治療薬を開発する全く新しいモデルを持っている。2010年創立のCoherusはすでに一流の医薬品会社と世界的な提携関係を形成しており、パイプラインには腫瘍と炎症性疾患に集中した5種の製品候補がある。初期のバイオテクノロジーのパイオニアたちのグループが指揮するCoherusは生物製剤医薬品を開発するビジネス全体をコンセプトから商業化まで再発明し、世界のより多くの患者が質の高い治療薬によりよくアクセスできるようにしている。詳しい情報はhttp://www.coherus.comへ。

メディア問い合わせ先: dprasad@coherus.com

ソース:Coherus BioSciences

Coherus Announces Appointment of Dr. V. Bryan Lawlis, Jr. as Chairman of its Scientific Advisory Board

PR51771

REDWOOD CITY, Calif., Jan. 8, 2013 /PRN=KYODO JBN/ --

    Coherus BioSciences, Inc. ("Coherus"), a biopharmaceuticals company

dedicated to global development and commercialization of biologic therapeutics,

announced today that it has appointed V. Bryan Lawlis, Jr., Ph.D., as Chairman

to its Scientific Advisory Board. Dr. Lawlis, a 31-year biotech industry

veteran, has extensive experience in manufacturing biotechnology and other

pharmaceutical products, research and development of drug products, conducting

clinical trials and the regulatory processes.

    (Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20120507/SF01448LOGO)

    "It is a privilege to have Dr. Lawlis, whose expertise in biologics will

provide invaluable direction for our biosimilar programs," said Denny Lanfear,

Chief Executive Officer of Coherus. "Navigating the complex and challenging

biosimilar development pathway requires extraordinary domain expertise and

nuanced insight to be successful. Bryan's expertise very effectively

complements the world class biologic drug development team we have in place at

Coherus."

    "With my new appointment to the SAB, I will get the opportunity to help

Coherus achieve success in addressing critical issues surrounding the use of

biosimilars," said Dr. Lawlis. "I have been very impressed by Coherus'

achievements with each of the products in their portfolio thus far. The company

has identified a strong business model utilizing a high caliber team and

support from several strategic partners to ensure significant value inflection

points in the near future."

    About Dr. V. Bryan Lawlis, Jr.

    Dr. Lawlis is a founder and currently serves as the President and Chief

Executive Officer of Itero Biopharmaceuticals, Inc., a privately held developer

of value-added follow-on and novel therapeutic proteins and antibodies that was

founded in 2006. Dr. Lawlis served as President and Chief Executive Officer of

Aradigm Corporation from August 2004, and served on its Board of Directors from

February 2005, continuing in both capacities until August 2006. Dr. Lawlis

served as Aradigm Corporation's President and Chief Operating Officer from June

2003 to August 2004, and its Chief Operating Officer from November 2001 to June

2003. Previously, Dr. Lawlis co-founded Covance Biotechnology Services, a

contract biopharmaceutical manufacturing operation, served as its President and

Chief Executive Officer from 1996 to 1999, and served as Chairman from 1999 to

2001, when it was sold to Diosynth RTP, Inc., a division of Akzo Nobel, NV.

From 1981 to 1996, Dr. Lawlis was employed at Genencor, Inc. and Genentech,

Inc. His last position at Genentech was Vice President of Process Sciences. Dr.

Lawlis currently holds board positions at Itero Biopharmaceuticals, Inc, Sutro

Biopharma, Inc and BioMarin Pharmaceutical Inc.

    Dr. Lawlis holds a B.A. in microbiology from the University of Texas at

Austin and a Ph.D. in Biochemistry from Washington State University.

    About Coherus BioSciences

    Coherus BioSciences is an emerging biopharmaceutical company headquartered

in the San Francisco Bay Area with an entirely new model for developing safe,

high-quality biosimilar therapeutics. Founded in 2010, Coherus already has

formed global partnerships with top tier pharma and filled the pipeline with

five product candidates focused on treating oncology and inflammatory diseases.

Led by a group of early biotech pioneers, Coherus has reinvented the entire

business of developing biologic medicines, from concept to commercialization,

so that more patients around the world can have greater access to quality

therapeutics. For additional information, please visit http://www.coherus.com.

MEDIA CONTACT: dprasad@coherus.com

       SOURCE: Coherus BioSciences

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中