◎IPオーディオのBarix社がCrestron RAVAをサポート

Barix

2013/1/22 10:00

◎IPオーディオのBarix社がCrestron RAVAをサポート

AsiaNet 51885

共同JBN0055(2013.1.22)

【チューリッヒ2013年1月21日PRN=共同JBN】IPオーディオとコントロール専門企業であるスイスのBarix社は21日、SIP(セッション初期化プロトコル)インターコム・電話技術のCrestron(登録商標) Rava(商標)をサポートすると発表した。BarixのSIPファームウエアは、Rava利用可能なタッチスクリーンをインターコムパネルなどのアナログ機器との統合を容易にして、セントラルサーバーなしで機器間のピアツーピア(P2P)・コミュニケーションを可能にする。これによって住宅および商用の展開でのボイスオーバーIP(VoIP)統合を簡素化する。

Crestron Ravaのタッチスクリーンは、住宅、オフィスあるいは中小企業にまたがるほかのアプリケーションの間の音声インターコム、電話、ページングを可能にする。Barixファームウエアの介在によって、Rava利用可能なタッチスクリーンとアナログ・ドアステーションとの間の互換性を確立するのが特徴である。これによって顧客は、Ravaタッチスクリーンへアップグレードした既存のアナログ・インストール済み機器を引き続き利用して、シームレスにIPとアナログとの統合を果たすことができる。

一方、システムインテグレーターは、Ravaタッチスクリーンと接続機器との間のSIP互換性を実現するサーバーを設定する時間と労力をなくす。Barixファームウエアによってこれら機器は、ネットワーク上で相互に認識して、そのようにシームレスなP2P機器接続性を提供する初のCrestron認証ソリューションとなる。

Crestronのフレッド・バーゲッツィ技術担当副社長は「デジタル(SIPコミュニケーションポイント)とアナログ・ドアソリューションとの間のギャップを埋めるため、当社のプロトコルをサポートしてくれるBarix に感激している。別個のピアツーピア操作がより望ましい際に、ページすべてを統合したインターコム・システムを持つホームオートメーションシステムもしくは住宅とは別に、個別のドアステーション/インターコム・システムを備える家庭を多数見ている。Ravaプロトコルのサポートによって、Barixは住宅所有者の既存のドアステーションとシームレスにコミュニケートする組み込みソリューションを提供する」と語った。

Barixソリューションは、双方向オーディオ・ハードウエア機器のBarix Annuncicom IPを接続することで直ちに展開することができる。Crestron はまた、ドアステーション向けに一連のインターコム・エントリーパネルを製造しているeHolovisionなどの企業と協力している。Barix は近く、Barix IPAM Seriesのモジュールを装備するこれらとその他第三者パネルに同様の機能を付加する。これによってピアツーピアSIPおよびRava互換性が余分のハードウエアを必要とせずに実現する。

Barix AGのヨハネス・G・リーチェル創業者兼最高経営責任者(CEO)は「このソリューションはCrestronとの関係を前進させるもので、独自のソリューションを開発するためBarix の強力なIPオーディオ・コントロール専門技術を使って、インフラストラクチャーを減らし、設置を簡略化し、Rava環境全体のコミュニケーションを強化する」と述べた。

詳細は以下のサイトを参照。

www.barix.com

www.ip-audio.info

ソース:Barix

Barix Supports Crestron(R) Rava(TM) SIP Intercom and Phone Technology

PR51885

ZURICH, Jan. 21, 2013 /PRN=KYODO JBN/ --

     -- Solution delivers first interface to enable peer-to-peer device

  communication between Rava-enabled touch screens and analog door stations

IP audio and control specialist Barix announces support of Crestron Rava(TM)

SIP intercom and phone technology. The Barix SIP firmware will simplify

integration of Rava-enabled touch screens with analog devices, such as intercom

panels, to enable peer-to-peer communication between devices without a central

server. This simplifies Voice over IP (VoIP) integration in residential and

commercial deployments.

Crestron Rava touch screens leverage SIP (Session Initiation Protocol) to

permit voice intercom, telephone and paging among other applications across the

home, office or small business. The inclusion of Barix firmware uniquely

establishes compatibility between Rava-enabled touch screens and analog door

stations. This allows customers to continue to use existing analog installed

devices when upgrading to Rava touch screens, providing seamless IP to analog

integration.

Systems integrators, meanwhile, eliminate the time and labor associated with

configuring servers to enable SIP compatibility between Rava touch screens and

connected devices. Barix firmware allows these devices to discover each other

on the network, becoming the first Crestron-approved solution to offer such

seamless peer-to-peer device connectivity.

"We're thrilled to have Barix support our protocol because it bridges the gap

between digital (SIP communication points) and analog door stations," said Fred

Bargetzi, Crestron VP of Technology. "We see many homes with independent door

station/intercom systems separate from the home automation system or homes with

integrated page-all intercom systems when discrete peer-to-peer operation is

more desirable. With support of the Rava protocol, Barix now provides a

retrofit solution that seamlessly communicates with the homeowner's existing

door station."

The Barix solution can be deployed today by connecting a Barix Annuncicom IP

two-way audio hardware device directly to a door station. Crestron is also

working with companies such as eHolovision, which manufactures a series of

intercom entry panels for door stations. Barix will soon add the same

functionality to these and other third-party panels equipped with Barix IPAM

Series modules. This enables peer-to-peer SIP and Rava compatibility without

additional hardware.

"This solution evolves our relationship with Crestron, using Barix's strong IP

audio and control expertise to develop a unique solution that reduces

infrastructure, simplifies installation and enhances communication across Rava

environments," said Johannes G. Rietschel, CEO and founder of Barix AG.

Please visit Barix online at www.barix.com or www.ip-audio.info.

SOURCE: Barix

CONTACT: Brian Galante, +1-570-425-2315, brian@dimensionpronline.com

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中