◎再生可能エネルギーの発電容量増、投資減 NGOのPewリポート

The Pew Charitable Trusts

2013/4/17 14:25

◎再生可能エネルギーの発電容量増、投資減 NGOのPewリポート

AsiaNet 52759
共同JBN 0436 (2013.4.17)

【ワシントン2013年4月17日PRN=共同JBN】非営利NGO組織The Pew Charitable Trustsが17日公表した調査研究によると、世界のクリーンエネルギー部門は、新市場が誕生して再生可能エネルギー容量が成長した結果、地理的、技術的な変化が進んでいる。同部門は2012年に弾力性を示し、発電容量で記録的な88ギガワット(GW)が追加登録されたが、投資水準は2690億ドルで2011年から11%減少した。G20諸国の中で5位にある日本は、2011年に福島第一原子力発電所の被災後の原子力エネルギーに代わるエネルギーを開発する国家的努力が弾みを付けたことから再び台頭している。日本のクリーンエネルギーへの投資は、ほぼすべて太陽光発電部門で73%増の163億ドルとなり、発電容量にして2GW余りを付加した。

2011年水準と比較してクリーンエネルギー投資が11%減となったことは、とりわけスペイン、イタリア、ドイツなど多くの国でインセンティブプログラムが抑えられたことも一部起因している。他の国では中国、南アフリカなど多くに国で、クリーンエネルギーに対する支援継続が記録的な投資水準につながった。再生可能エネルギーの施設設置は、11%余り増の88GW伸び、それによって風力、太陽光、その他技術の価格削減に反映した。

Pewのクリーンエネルギー・プログラム担当ディレクターのフィリス・カッティノ氏は「クリーンエネルギーの動向は、世界経済の中でこの台頭部門の現行の弾力性を示している。日本の再台頭はまたクリーンエネルギー技術に対する民間投資先として、世界的な投資水準の強化に貢献した。昨年から日本で際立って伸びたことで、われわれは日本の国民が原子力発電に代わるものとして特に太陽光発電でなど、クリーンエネルギーを推進したいと望むことで投資の伸びが続くことを期待している。日本はまた、電気自動車技術のリーダーになる努力を続けており、そのことでクリーンエネルギーの今後の投資にとって良い前兆となる」と語った。

▽クリーンエネルギー開発レース
日本は太陽光発電投資で4番目に高い水準(157億ドル)を実現し、1年および5年の投資の伸び、つまり投資密度と新しいクリーン発電容量でトップ10入りした。風力発電部門では、5億ドルが投資された。

G20諸国の中では、中国が米国から首位を奪い返し、2011年より20%増の651億ドルを投資し、G20の総投資額の30%を占めた。中国は風力、太陽光、その他再生可能エネルギーへの投資誘致のリーダーとしての地位を確立し、ほかのどの国よりも多い総容量152GWとなった。

米国はこの部門の投資額で2位に落ち、37%減の356億ドルとなった。ドイツはインセンティブを抑えたことで、投資額が27%減の228億ドルとなった。それでも太陽光発電容量で7.5GWが付加され、これはG20では最も大きな容量となった。

南アフリカはG20では最速成長中の市場となり、投資額は2011年の3000万ドル以下から2012年には43億ドルに伸びた。南アフリカの太陽光部門は2012年に43億ドルの投資を誘致し、これは全体投資額の80%を占める。残る11億ドルは風力発電部門に向けられた。急速な投資の伸びによって南アフリカは、イタリア、英国、インドに次いでクリーンエネルギー投資先として9位に立場を占めた。

▽市場およびテクノロジーの変化
新興市場に向かう動向を反映して、クリーンエネルギー投資は西欧から東洋に移り始めている。アジアおよびオセアニア地域は9年連続成長を続け、2012年にはクリーンエネルギーの有力な地域投資先となり、16%増の1010億ドル、世界的投資額の42%を占めた。対照的に、欧州と米国では政策の不確実さから、投資は欧州、中東、アフリカで22%減、米州では31%減となった。

クリーンエネルギー投資はまた、テクノロジー面での変化が進んでいる。2年連続して、太陽光技術は大きな利ざやからほかのどんな技術より大きな投資を呼び込み、2012年にはこの部門で1260億ドルが投資されたが、これはG20全体で58%を占め、中国、欧州、米国が太陽光発電投資向けのトップ市場だった。

風力発電は過去10年のほとんどすべての期間クリーンエネルギー投資の大半を占めてきたが、G20全体では投資額が14%減少となったものの、なお727億ドルを誘致した。G20の中では、風力発電投資額は14%減となり、中国、ドイツ、インド、ブラジルなど歴史的に大きな市場で減少が目立った。しかし、英国、米国では風力エネルギー投資が勢いを見せ、米国では風力発電容量にして記録的な13.6GWという大きな増加を見せた。これは関連する生産税控除に期限切れが不明瞭になったことで拍車がかかった。米議会は年度末の時点で、米国における風力発電産業に対してこの重要な税法上の優遇策を2013年まで延長するよう更新した。

風力、太陽光発電の価格減少が続いたことは、世界で設置されているクリーンエネルギー容量を648GWまで高めることを促した。記録的な風力発電容量48.6GW、太陽光発電容量31GWが2012年に展開された。設置済み104GWの太陽光発電容量は、2009年の水準の4倍となる。米国では、再生可能エネルギー源は、2102年に新たな発電容量の49%を占め、一方欧州ではその70%が再生可能エネルギーである。

Pew リポート「Who's Winning the Clean Energy Race? (クリーンエネルギー開発競争に勝利する国はどこか?)」2012 Editionは、各国が世界の代表的経済大国の中で民間投資に対してますます高まる厳しい競争をいかに対処しているかについて検討している。最大の注目点は投資であり、それはクリーンエネルギーのイノベーション、商業化、製造、設置を促すものである。金額は米ドル表示である。データはPewのクリーンエネルギー研究パートナーである Bloomberg New Energy Financeによって収集され、検討された。国のプロファイル、インタラクティブ・グラフィックスなど含めて同リポートの閲覧はwww.pewtrusts.org/cleanenergyを参照。

The Pew Charitable Trustsはナレッジ能力によって今日直面する最も重要な問題を解決する。Pew は厳密な分析アプローチを採用して、公共政策を強化し、国民に伝達し、市民生活に活力を与える。詳細はwww.pewtrusts.orgを参照。

▽問い合わせ先
TRACY SCHARIO,
Communications
+1-202-540-6582 | tschario@pewtrusts.org

ソース:The Pew Charitable Trusts


Pew Report Finds Global Clean Energy Investment Declined, Capacity Grew in 2012

PR52759

WASHINGTON, Apr. 17, 2013 /PRN=KYODO JBN/ --

    -- Japan rebounds to no. 5 in G-20 with 75 percent increase in investment,
                                to $16.3 billion

    The global clean energy sector is undergoing geographic and technological
shifts as new markets emerge and renewable capacity grows, according to
research released by The Pew Charitable Trusts. The sector demonstrated
resilience in 2012, registering a record 88 gigawatts, or GW, of additional
generating capacity, even though investment levels declined 11 percent, to $269
billion, from 2011. Japan, in fifth place among the Group of Twenty (G-20)
nations, reemerged as a top destination for clean energy investment as national
efforts to develop alternatives to nuclear energy gained momentum after the
Fukushima Dai-ichi nuclear disaster in 2011. Clean energy investment in the
nation increased 75 percent, to $16.3 billion, almost all in the solar sector,
which added more than 2 GW of generating capacity.

    The 11 percent decline in clean energy investments compared to 2011 levels
was due in part to curtailed incentive programs in a number of countries, among
them Spain, Italy, and Germany. Elsewhere, continuing support for clean energy
led to record levels of investment in a number of nations, including China and
South Africa. Renewable energy installations grew by more than 11 percent to 88
GW, which reflected price reductions in wind, solar, and other technologies.

    "Clean energy trends demonstrate the ongoing resilience of this emerging
sector in the global economy," says Phyllis Cuttino, director of Pew's clean
energy program. "Japan's reemergence as a destination for private finance of
clean energy technologies also served to strengthen worldwide investment
levels.  Up sharply in Japan from last year, we expect investment growth to
continue as the nation seeks to harness clean energy, especially solar, as an
alternative to nuclear power. Japan is also working to become a leader in
electric vehicle technology, which bodes well for future clean energy
investment."   

    The clean energy race

    Japan realized the fourth-highest level of solar investment ($15.7 billion)
and was in the top-10 for one and five-year investment growth; investment
intensity and installation of new clean generating capacity. In the wind
sector, $500 million was invested.

    Among the Group of 20 nations, China reclaimed the top spot from the United
States, attracting $65.1 billion, a 20 percent increase over 2011 and 30
percent of the total for the G-20. China established itself as the leader in
attracting investment in wind, solar, and other renewables. It added 23 GW of
clean energy generating capacity, bringing its total to 152 GW, the most of any
nation.

    The United States fell to No. 2 as investment in the sector declined 37
percent, to $35.6 billion. In third place, Germany curtailed incentives and saw
investment decline 27 percent, to $22.8 billion. Still, 7.5 GW of solar
generating capacity were added in Germany―the most of any G-20 country.

    South Africa was the fastest-growing market in the G-20, with investment
growing from less than $30 million in 2011 to $5.5 billion in 2012. The South
African solar sector attracted $4.3 billion in 2012, or 80 percent of the
total. Another $1.1 billion went to the nation's wind sector. Rapid investment
growth positioned South Africa as the ninth-leading destination for clean
energy investment, behind Italy, the United Kingdom, and India.

    Shifting markets and technologies

    Reflecting the trend toward emerging markets, clean energy investment is
shifting from the West to the East. The Asia and Oceania region has grown nine
straight years and in 2012 became the leading regional destination for clean
energy investment, growing 16 percent to $101 billion and accounting for 42
percent of the global total. In contrast, policy uncertainty in Europe and the
United States resulted in investment declines of 22 percent in the Europe,
Middle East, and Africa region, and 31 percent in the Americas.

    Clean energy investment is also shifting across technologies. For the
second year in a row, solar technologies attracted more financing than any
other technology by a wide margin: $126 billion was invested in the subsector
in 2012, or 58 percent of the G-20 total. China, Europe, and the United States
were top markets for solar investment.

    Wind energy, which has garnered the majority of clean energy investment for
most of the last decade, saw 14 percent less investment across the G-20, but it
still attracted $72.7 billion. Among G-20 countries, wind energy investment was
down 14 percent, with declines in historically large markets such as China,
Germany, India, and Brazil. But the United Kingdom and United States saw gains
in wind energy investment, with a substantial increase in the United States to
a record 13.6 GW of wind power generating capacity, spurred by uncertainty
about the potential expiration of the production tax credit. At year-end,
Congress renewed this important tax incentive for the U.S. wind industry
through 2013.

    Continued reductions in the price of wind and solar helped boost worldwide
installed clean energy capacity to 648 GW. A record 48.6 GW of wind and 31 GW
of solar generating capacity were deployed in 2012. Installed solar capacity of
104 GW is four times the level in place in 2009. In the United States,
renewable energy sources accounted for 49 percent of new generating capacity in
2012, while in Europe more than 70 percent of new capacity was renewable.

    Who's Winning the Clean Energy Race? 2012 Edition examines how nations are
faring in the increasingly stiff competition for private funding among the
world's leading economies. The primary focus is on investment, which drives
innovation, commercialization, manufacturing, and installation of clean energy
technologies. Monetary amounts are listed in U.S. dollars. The data were
compiled and reviewed by Bloomberg New Energy Finance, Pew's clean energy
research partner. Read the report, including country profiles and interactive
graphics, at www.pewtrusts.org/cleanenergy.

    The Pew Charitable Trusts is driven by the power of knowledge to solve
today's most challenging problems. Pew applies a rigorous, analytical approach
to improve public policy, inform the public, and stimulate civic life.
www.pewtrusts.org

    CONTACT: TRACY SCHARIO, Communications
    +1-202-540-6582 | tschario@pewtrusts.org

    SOURCE: The Pew Charitable Trusts



本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中