◎TriRemeのGlider PTCAカテーテルに販売承認

TriReme Medical, Inc.

2013/4/23 09:30

◎TriRemeのGlider PTCAカテーテルに販売承認

AsiaNet 52786

共同JBN 0458 (2013.4.23)

【プレザントン(米カリフォルニア州)、シンガポール2013年4月22日PRN=共同JBN】TriReme Medical,Incとその子会社(TriReme)は22日、同社の日本パートナーであるセンチュリーメディカル株式会社(CMI)が心筋のかん流改善のために冠動脈の狭窄(きょうさく)部分やバイパスグラフトを治療するように処方されているGlider(商標)PTCAカテーテルの販売承認を受けたと発表した。丸削りの先端部とユニークな編みシャフトを組み合わせたGliderは世界で唯一のトルク可能PTCAカテーテルで、分岐があったり、高度に狭窄していたりする病変部など最も困難なケースの治療で医師を助ける。

TriRemeのエイタン・コンスタンティーノ最高経営責任者(CEO)兼社長は「高度に差異化されたわが社のGlider(商標)PTCAカテーテルが規制当局の承認を受けたのは光栄である。パートナーのCMIとの緊密な協力に期待している。このマイルストーンは重要なアジア市場への戦略的集中の新たな具体的ステップを示すものである」と語っている。

CMIの星野彬社長兼CEOは「日本の心臓専門医は最も複雑な血管病を治療することでよく知られている。ユニークな技術を持つGlider(商標)はやっかいな病変部も通せるように設計されており、ほかのバルーンには困難な結果の改善を提供する。Glider(商標)はTriRemeの先端的で高品質の機器を日本にもたらすことを可能にする戦略的提携の初めての製品を代表するものであり、これからほかの製品が続くことになる」と述べている。

▽TriReme Medical,Incについて

シンガポールと米カリフォルニア州プレザントンに本社を置くTriReme Medical,Incは株式非公開の医療機器会社で、複雑な冠動脈、周辺動脈疾患を治療する次世代の経皮機器の開発、製造、商業化に専念している。同社は米国と新興のアジア市場に集中している。TriRemeは最近、中国で最も有名な医療機器会社の1つであるWeigaoと戦略的提携関係を結んだと発表した。

▽センチュリーメディカルについて

東京に本社を置くセンチュリーメディカルは、1150億ドルの国際的商社である伊藤忠株式会社(TSE:ITC)の1億4000万ドルの子会社である。センチュリーメディカルは従業員が約300人で、先進的な1回使用、インプラント可能医療機器の輸入、販売、マーケティングを専門に38年の経験がある。

ソース:TriReme Medical, Inc.

▽問い合わせ先

Gail Prince

+1-925-931-1300 Ext. 208

gprince@trirememedical.com

TriReme Receives Shonin Approval to Market Glider(TM) PTCA Catheter

PR52786

PLEASANTON Calif. and SINGAPORE, Apr. 22, 2013 /PRN=KYODO JBN/ --

       Century Medical, Inc. Distributes TriReme Products in Japan

    TriReme Medical, Inc. and its affiliates (TriReme) announced today that its

Japanese partner, Century Medical, Inc. (CMI), has received Shonin approval for

the Glider(TM) PTCA catheter indicated for treating the stenotic portion of

coronary arteries or bypass grafts to improve myocardial perfusion. Combining a

skived tip and a unique braided shaft, Glider(TM) is the world's only

torqueable PTCA catheter and is designed to assist physicians in treating the

most challenging cases such as bifurcations and highly stenosed lesions.

    "We are proud to receive this regulatory approval for our highly

differentiated Glider(TM) PTCA catheter," stated Eitan Konstantino PhD, CEO and

President of TriReme. "We are looking forward to working closely with our

partner, CMI. This milestone represents yet another concrete step in our

strategic focus on the important Asian markets."

    "Japanese cardiologists are well known for treating the most complex

vascular disease," explained Akira Hoshino, President and CEO of CMI. "With its

unique technology, Glider(TM) is designed to cross through tight lesions and

provide improved outcomes where other balloons are challenged. Glider(TM)

represents the first product, with others to follow, in our strategic

partnership that will allow us to bring TriReme's cutting edge and high quality

devices to Japan."

    About TriReme Medical, Inc.

    Based in Singapore and Pleasanton, California, TriReme Medical, Inc. is a

privately held medical device company dedicated to the development,

manufacturing, and commercialization of next generation percutaneous devices

for the treatment of complex coronary and peripheral arterial disease. The

company is focused on the US and the emerging Asian markets. TriReme has

recently announced a strategic partnership with Weigao, one of China best known

medical device companies.

    About Century Medical

    Based in Tokyo, Japan, Century Medical, Inc. is a $140 million subsidiary

company of ITOCHU Corporation (TSE: ITC) a $115 billion international trading

company. Century Medical, Inc., with approx. 300 employees, has a 38 year

experience specializing in the importation, sale and marketing of advanced

single use and implantable medical devices.

     SOURCE: TriReme Medical, Inc.

    CONTACT: Gail Prince

             +1-925-931-1300 Ext. 208

             gprince@trirememedical.com

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中