◎Apps For Asiaの決勝進出作品がADB総会で展示

マイクロソフト

2013/5/7 12:15

◎Apps For Asiaの決勝進出作品がADB総会で展示

AsiaNet 52916

共同JBN 0509 (2013.5.7)

【デリー(インド)2013年5月4日PRN=共同JBN】アジア開発銀行(ADB)とマイクロソフト社は、第46回ADB年次総会でApps For Asia-Redesigning Development Program(アジア向けアプリ:再設計開発計画)を展示する。同プログラムは水利用を追跡し、最も求められている緊急サービスを確立し、結核患者の間の投薬使用をモニターし、公共輸送利用者計画旅行を支援するモバイルアプリケーション向けコンセプトが含まれている。

 (Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20000822/MSFTLOGO

プログラムは地域の情報技術団体、プライベートセクターのテクノロジーパートナー、大学などの支援を受けて、何百ものソフトウエアデベロッパーが政府、市民団体、地域企業の経済的、商業的、社会的な利益になる持続的ソリューションを作成することを目指す。

Apps For Asiaプログラムは、オーストラリア、インド、韓国、マレーシア、フィリピンの一連の国家的デベロッパー行事が含まれる。提出された100のアプリケーションのうち、それぞれの国のトップ3だけのアプリがインドのデリーで開かれたADB年次総会で展示される。

ADBのナレッジマネジメント・持続的開発担当バイスプレジデントのビンドゥ・N・ロハニ氏は「Apps For Asiaは、テクノロジーの力とそれが社会、経済開発の育成を支援できることを示す素晴らしいショーケースである」と語った。ADBはプログラム参加者を支援し、創作意欲をかき立てるために、地域経済、社会、開発優先策のガイダンスを提供した。

Apps For Asiaのコンテスト参加者は、献血ネットワークを管理し、青年層の就活を支援し、先住民への住宅供給プロジェクトを調整し、犯罪防止を推奨し、糖尿病管理に対応するアプリケーションを構築する。

マイクロソフト国際機構担当ディレクターのジョン・キャン氏は「われわれはこの数カ月、信じられないほど大量の創造的でインパクトのあるアプリを受け取った。それはテクノロジーを通じて地域の問題を解決するため、われわれができるインパクトを表している。クラウドサービスや広範なモバイル機器など新しい技術によって、アプリは素早く開発されて、より多くの人々の多くの用途に利用してもらうことができる」と語った。

ADBの識見に加えて、参加者はマイクロソフトのプラットフォーム、さまざまな機器、クラウドサービスへの訓練とアクセスを受けられ、それによってデベロッパーはWindows Azure、Windows 8、Windows Phoneなどの革新的なアプリを作成することができる。プログラムはさらに、地域のデベロッパーによる地域ソリューション作成し、地域コミュニティーに前向きの影響を与える革新的ビジネスモデルを生み出すことを支援する。

今年のADB年次総会でアプリを展示した15の決勝進出者は以下の通り。

オーストラリア

 *Blue Cloverは糖尿病を患う3億4700万人の生活の質を向上するため、モバイルとクラウドを利用することでこれまでの糖尿病管理法を大きく変える。

 *Index(Grand Domain)は、人々がオンラインサービスを利用する際に共通のデジタルアイデンティティー(ID)を利用することができるようにして、セキュリティーを高めることに役立ち、名簿管理を容易にするとともに、エンドユーザーが容易にアクセスできるようにする。

 *xMeaningは外国語を学ぶ助力として役立ち、翻訳者はソース言語で文書を作成し、翻訳情報付きの注釈を付けて、学習者が文脈をより理解しやすくする。

インド

 *Jeevan Paniは市民に水情報利用へのアクセスをしてもらい、その水利用を計算し、報告し、それをソーシャルネットワークサイトで共有してもらう。

 *Help-Meは警察、消防、救急車など最も求められている緊急サービスを電話アプリ、オペレーター・コンソール、リポーティング・アプリケーションで一元化する。

 *TOTSは、結核患者が適切な治療計画を受け、記録とカレンダーを管理し、近在の治療センターへの経路を図式化して、薬を飲み直ちに医師と家族に通知する患者の写真を写すことで、病気の看護に役立つことを支援する。

 *PathFinderは旅行を計画し、希望する場所に達する最適な輸送ルートを見いだすことで、地域の公共輸送手段を利用してもらう処理を容易にする。

韓国

 *Filamentは事件報告と追跡を強化し、対応の遅れを減らすことに役立つ既存の報告管理システムを統合することによって、リアルタイムの犯罪防止を支援する。

 *Mapiはリアルタイムのナビゲーション指示を提供することによって、輸送形態、現在の交通状況、混雑情報提供に基づく最善のルートについて、ユーザーに情報を送り、伝達することを可能にする。

マレーシア

 *EPIC Hopeはマレーシアのコミュニティーと接触、権限を強化することで、先住民への持続的住宅供給を確立することに関与してもらう。

 *Gnowledgeはユーザーがテストを作成、発表、共有、受けることで試験と宿題を完了できるようにして、教育を支援する。

 *Blood R2 Systemは、血液の需要と供給にマッチして、コミュニティーの献血ニーズに応える。

フィリピン

 *Codetokiは青年層がテクノロジースキルを磨き、ゲーム化されたプラットフォームを通じて雇用者と応募者を引き合わせることで、彼らが雇用を見いだす支援プロセスを容易にする。

 *Blood Donors Networkは献血ニーズに対応するコミュニティーを支援するソリューションを提供する。

 *Leanassetは公共輸送モニタリングシステムとして役立ち、コミュニティーと輸送会社が輸送情報にアクセスして輸送手段管理を簡略化すること可能にする。

アジア向けアプリに関する詳しい情報はhttp://www.AppsForAsia.comを参照。

▽アジア開発銀行(ADB)について

ADBはマニラに本部があり、包括的な経済成長、環境持続可能な成長と地域統合を通じて、アジアと太平洋地域の貧困を減らすことに注力している。ADBは1966年創設され、地域の48を含む67のメンバー国で構成されている。ADBの援助は2012年に216億ドルに達し、その内83億ドルは協調融資である。

▽マイクロソフトについて

マイクロソフト(Nasdaq:MSFT)は1975年に設立され、人や企業がその潜在力を最大限に生かすソフトウエア、サービス、ソリューションを提供する世界のトップ企業である。

ソース:Microsoft Corp.

▽問い合わせ先

Karen Palmer, ADB,

Tel. +63-2-632-5331,

Mob. +63-920-949-6419,

kpalmer@adb.org,

Moses Mok, Weber Shandwick for Microsoft,

Tel.+65-9186-2794,

MMok@webershandwick.com

(編集者注)

マイクロソフト社からの情報、ニュース、概要についてはMicrosoft News Center(http://www.microsoft.com/news)を参照。各種ウェブリンク、電話番号、肩書などは本リリース作成時のもので、その後変わった可能性もある。ジャーナリスト、アナリストがさらに詳しい情報を必要な場合は、マイクロソフトの Rapid Response Teamまたはウェブサイト(http://www.microsoft.com/news/contactpr.mspx)にあるその他適切な連絡先を参照。

Apps For Asia winners featured at Asian Development Bank annual meeting

PR52916

DELHI, India, May 4, 2013 /PRN=KYODO JBN/ --

     -- Bringing together developers and the application needs of the

                           Asia Pacific region.

ADB and Microsoft Corp. will showcase the Apps For Asia-Redesigning Development

Program at the 46th Annual Meeting of the Asian Development Bank (ADB). The

program includes concepts for mobile applications that track water usage,

consolidate the most sought-after emergency services, monitor medication use

among tuberculosis patients and help public transit users plan travel.

(Logo:  http://photos.prnewswire.com/prnh/20000822/MSFTLOGO)

The program, supported by regional information technology associations,

private-sector technology partners and universities, aims to harness the

creative power of hundreds of software developers to create sustainable

solutions for the economic, commercial and social benefit of governments, civil

society and businesses in the region.

The Apps For Asia program included a series of national developer events in

Australia, India, Korea, Malaysia and the Philippines. Of the 100 apps

submitted, only the top three from each country are exhibited at the ADB's 46th

annual meeting in Delhi.

"Apps For Asia is a great showcase of the power of technology and the role it

can play in fostering social and economic development," said Bindu N. Lohani,

vice president for Knowledge Management and Sustainable Development, ADB. ADB

provided guidance on regional economic, social and development priorities to

assist and inspire program participants.

Apps For Asia contestants built new apps addressing a wide range of issues,

including apps to manage blood donor networks, help match youth with potential

employers, coordinate indigenous housing projects, promote crime prevention and

address diabetes management.

"We received an incredible amount of creative and impactful apps over these

past few months, which represents the impact we can make in solving the

region's challenges through technology," said John Cann, director,

International Organizations, Microsoft. "With new technologies like cloud

services and a range of mobile devices, apps can be developed quickly to reach

more people in more ways."

In addition to insight from the ADB, participants received training and access

to Microsoft's platform, spanning devices and cloud services, which enabled

developers to create innovative Windows Azure, Windows 8 and Windows Phone

apps. Further, the program helps local developers produce local solutions and

foster innovative business models that have a positive impact on their

communities.

Here are the 15 finalists that showcased their apps at this year's ADB annual

meeting:

Australia

-- Blue Clover revolutionizes the current diabetes management approach by

    utilizing mobile and cloud to improve the quality of life for the 347

    million people affected by diabetes.

-- Idex (Grand Domain) allows people to use a single digital identity to

    access online services, which helps improve security, eases management of

    directories and provides easier access to end users.

-- xMeaning serves as an aid to learning foreign languages by allowing

    translators to produce a document in a source language and annotate it with

    translation information to help a learner better understand the context.

India

-- Jeevan Pani provides citizens with access to water usage information and

    allows them to calculate and report their water usage and share it on

    social networking sites.

-- Help-Me consolidates the most sought-after emergency services ― police,

    fire and ambulance ― with a phone app, operator console and reporting

    application.

-- TOTS ensures that tuberculosis patients follow a proper treatment regimen

    to help cure the disease by managing records and calendars, mapping routes

    to nearby treatment centers, and taking photos of patients taking their

    medicine and immediately notifying their doctors and families.

-- PathFinder eases the process of planning travel and using local public

    transportation by identifying the best transportation routes to get to

    desired locations.

Korea

-- Filament supports real-time crime prevention through enhanced incident

    reporting and tracking, integrating with existing report management systems

    to help reduce response delays.

-- Mapi provides real-time navigation advice, allowing users to post

    information and communicate about the best routes based on mode of

    transport, current traffic situations and crowd-sourced feedback.

Malaysia

-- EPIC Hope connects and empowers communities in Malaysia to get involved in

    building sustainable housing for the indigenous people.

-- Gnowledge supports education by allowing users to create, publish, share

    and take tests, and complete exercises and assignments.

-- Blood R2 System addresses communities' blood donation needs by matching

    blood demand and supply.

Philippines

-- Codetoki eases the process of helping youth find employment by allowing

    applicants to improve their technology skills and by matching employers and

    applicants through a gamified platform.

-- Blood Donors Network provides a solution to help communities meet their

    blood donation needs.

-- Leanasset serves as a public transport monitoring system that enables

    commuters and transport operators to access transportation information and

    simplifies fleet management.

More information on Apps For Asia can be found at http://www.AppsForAsia.com.

About Asian Development Bank

ADB, based in Manila, is dedicated to reducing poverty in Asia and the Pacific

through inclusive economic growth, environmentally sustainable growth and

regional integration. Established in 1966, it is owned by 67 members ― 48 from

the region. In 2012, ADB assistance totaled $21.6 billion, including

cofinancing of $8.3 billion.

About Microsoft

Founded in 1975, Microsoft (Nasdaq: MSFT) is the worldwide leader in software,

services and solutions that help people and businesses realize their full

potential.

SOURCE Microsoft Corp.

CONTACT: Karen Palmer, ADB, Tel. +63-2-632-5331, Mob. +63-920-949-6419,

kpalmer@adb.org, or Moses Mok, Weber Shandwick for Microsoft, Tel.

+65-9186-2794, MMok@webershandwick.com / NOTE TO EDITORS: For more information,

news and perspectives from Microsoft, please visit the Microsoft News Center at

http://www.microsoft.com/news. Web links, telephone numbers and titles were

correct at time of publication, but may have changed. For additional

assistance, journalists and analysts may contact Microsoft's Rapid Response

Team or other appropriate contacts listed at

http://www.microsoft.com/news/contactpr.mspx.

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中