◎SAPの整理統合で最大年間300億ドルの経費削減が可能 世界的大企業を調査

HCL Technologies Ltd

2013/5/10 12:10

◎SAPの整理統合で最大年間300億ドルの経費削減が可能 世界的大企業を調査

AsiaNet 52965

共同JBN 0530 (2013.5.10)

【ロンドン2013年5月10日PRN=共同JBN】HCL Enterprise Application Services (EAS)が10日発表した調査結果によると、世界的大企業は導入した業務管理システムSAPを整理・統合することにより全体として約300億ドル節約できることが分かった。225人の大企業の最高情報責任者(CIO)を対象に実施したこの調査は、組織の「現在および将来のSAP利用」に焦点を置いており、企業は事業遂行のため、平均して個別に5種のSAPを導入していることが分かった。実際に3分の1(39%)のCIOは、6種のSAPでは多すぎると回答している。調査ではまた、SAPを使用するユーザーの年間1人当たり平均コストは1518ドルとなっており、整理統合することによってコストを最大25%節約できる可能性がある、としている。

HCL EASの社長であるスティーブ・カーデル氏は以下のように語っている。「大企業の多くは世界的にSAPを利用しているが、ばらばらのソフトウエアを使用しているという背景があるため、本当に統一した方法で正しく運用することができないでいる。例えばその国特有の必要性など複数のSAPを展開する正当な理由はいくつかある。しかし、大部分は合併や買収、もしくは異なる事業分野で別々に使用しているためであり、これまで合理化も統合もされてこなかった結果である。今回の調査結果が示すように、そうした環境は非常に経費がかかっている」

今回の調査ではさらに、コアのオペレーティング・プラットフォームとして依然旧式SAPが大手を振っている事実が浮き彫りになった。最新バージョンのSAP(ECC 6)を利用している企業は3分の1強(37%)で、それ以上の企業が依然としてECC 5(54%)、SAP 4.7(44%)を利用している。この結果は、多くの企業が業務拡大に伴ってSAP環境をアップグレードする際、ばらばらに採用してきたことを示唆している。

SAPによるメモリーコンピューティングのSAP HANAの積極的な推奨を考えれば驚くにはあたらないが、大半(80%)がSAPのインメモリー技術について、今後大きな役割を果たすことになるだろう、と回答している。

年間売上高10億ドル以上の世界大企業225社を対象に行った調査は、HCL EASが委託して独立系調査会社Vanson Bourneが実施した。

調査結果の要旨全文は以下のサイトからダウンロード可能。

http://www.thefutureofsap.com

プレスリリース全文は以下のサイトから。

http://www.hcltech.com/press-releases/research-commissioned-hcl-reveals-large-enterprises-globally-could-save-nearly-30-bil

ソース:HCL Technologies Ltd

Research Commissioned by HCL Reveals Large Enterprises Globally Could Save Nearly $30 Billion Through SAP Consolidation

PR52965

LONDON, May 10, 2013 /PRN=KYODO JBN/ --

            Global survey reveals that businesses are running on average

                        five separate instances of SAP

    Research released today by HCL Enterprise Application Services (EAS) has

revealed that globally large enterprises could save nearly $30 billion in total

through consolidating their instances of SAP. The global survey of 225 CIOs

focused on their organizations' current and future usage of SAP, revealing that

on average they had five separate instances of SAP operating across their

business. In fact, more than a third (39%) stated they were running in excess

of six instances. The findings also showed that on average the cost per user,

per year of running SAP was $1,518 and by moving to a single instance large

enterprises could potentially make savings of up to 25%.

    "Many large enterprises have a global SAP footprint, yet have been unable

to truly operate in a truly unified manner due to having a fragmented software

landscape. For some, there are legitimate reasons for multiple instances, such

as country-specific requirements. However, for a significant majority it has

been a result of mergers and acquisitions or multiple implementations across

different areas of the business, which have never been rationalized or

consolidated. As the research shows, such an environment can be very costly to

support," said Steve Cardell, President of Enterprise Application Services at

HCL.

    The research also highlighted the prevalence of legacy SAP versions still

being used as core operating platforms. The latest version of SAP (ECC 6) is

only being used by just over a third (37%) of organizations, while more are

using ECC 5 (54%) and SAP 4.7 (44%). This is a further indication that many

enterprises have adopted a piecemeal approach towards upgrading their SAP

environments as they have expanded their operations.

    Unsurprisingly, considering SAP's push around SAP HANA, the vast majority

(80%) of respondents said that the company's in-memory technology will play a

major role.

    The global survey of 225 large enterprises with revenues in excess of $1

billion was commissioned by HCL EAS and conducted by independent research

company Vanson Bourne.

    To download the full executive summary please visit:

    http://www.thefutureofsap.com

    For complete press release click here:

http://www.hcltech.com/press-releases/research-commissioned-hcl-reveals-large-enterprises-globally-could-save-nearly-30-bil

]

    SOURCE: HCL Technologies Ltd

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中