◎エアチャイナの預託運送サービスが世界14都市で利用可能に

中国国際航空(エアチャイナ)

2013/5/22 12:20

◎エアチャイナの預託運送サービスが世界14都市で利用可能に

AsiaNet 53093

共同JBN 0586 (2013.5.22)

【北京2013年5月21日PRN=共同JBN】中国国際航空(エアチャイナ)は、国際都市から北京経由で中国国内の各都市への預託運送サービスをさらに利用しやすくする。5月21日(北京時間)から、ロンドン、パリ、デュッセルドルフ、ミュンヘン、フランクフルト、ローマ、ミラノ、ストックホルム、バンクーバー、ロサンゼルス、サンフランシスコ、ニューヨーク、ジュネーブの各空港から北京国際空港経由で中国国内の他の都市に乗り継ぐエアチャイナの乗客は、出発の空港で手荷物のチェックインをするだけで目的地まで行ける。ヒューストンも路線が開かれ次第、預託運送サービス開始のリストに載っており、これを含めこのサービスの対象都市は14になる。

 (Logo: http://www.prnasia.com/sa/2008/12/26/200812261146.jpg

2012年9月15日に始まった北京国際空港を経由するエアチャイナ利用客向け預託運送サービスは、乗客の面倒を大幅に軽減した。それまで乗客はいったん手荷物を引き取り、乗り継ぎ空港で最終目的地向けに再度自分の手荷物のチェックインが必要だった。しかし預託運送サービスの導入によって、北京国際空港に到着する乗客は手荷物を心配することなく、乗り継ぎのため通常の入管手続きをするだけよくなった。

エアチャイナの預託運送サービスが利用できる国際都市は、英国、フランス、ドイツ、イタリア、スイス、スウェーデン、米国、カナダにある。欧州と北米はエアチャイナにとって最も重要な海外市場であり、エアチャイナは今年これら2地域に注力する。エアチャイナは今年、3つの新路線(北京-ジュネーブ、成都-フランクフルト、北京-ヒューストン)開設とニューヨークでの操業のアップグレードを行って基盤を強化する。預託運送サービスと新路線開設によって、エアチャイナは新たな競争力を手にすることになる。

戦略の面でエアチャイナは国際的成長を求めており、国際分野で競争可能な能力を備えた大型ネットワークの航空会社にするとの目標を持っている。北京国際空港に預託運送サービスを導入したのは、北京をエアチャイナのハブ空港として確立する努力の節目である。エアチャイナは、乗客に快適な旅行体験を提供することにコミットしている。同社は乗客の利便のため、今後も預託運送サービスが利用できる都市の数が増えるよう希望している。

ソース:Air China

Air China: Baggage Through Check-in Available to 14 Cities

PR53093

BEIJING, May 21, 2013 /PRN=KYODO JBN/ --

    Air China will make its baggage through check-in service from international

cities to domestic cities (I-D) via Beijing more accessible. Starting May 21

(Beijing time), Air China passengers who travel from London, Paris, Dusseldorf,

Munich, Frankfurt, Rome, Milan, Stockholm, Vancouver, Los Angeles, San

Francisco, New York, and Geneva transferring to other Chinese cities via

Beijing Capital International Airport can have their baggage checked all the

way through to their final destination at the airport of origin. Houston will

also be on the list of the cities with the baggage through check-in service

when the route is inaugurated, bringing the total number of cities with this

service to 14.

    (Logo: http://www.prnasia.com/sa/2008/12/26/200812261146.jpg)

    The baggage through check-in service via Beijing Capital International

Airport which Air China introduced on September 15, 2012 has greatly eased the

experience of passengers. Passengers used to have to claim their baggage and

check in their baggage again to the final destination at the transfer airport.

But with baggage through check-in, passengers arriving at Beijing Capital

International Airport just need to clear the usual immigration formalities for

the transfer without having to worry about their baggage.

    The international cities where Air China's baggage through check-in service

is available are located in Britain, France, Germany, Italy, Switzerland,

Sweden, the United States, and Canada. Europe and North America are Air China's

two most important overseas markets, and this year, the carrier will focus on

these two regions. This year, Air China moves to cement its foothold in Europe

and North America with three new routes (Beijing-Geneva, Chengdu-Frankfurt, and

Beijing-Houston) as well as upgrade its New York operations. The baggage

through check-in service and the newly introduced routes will give Air China a

new competitive edge.

    On the strategic front, Air China has an ambition to go international and

shape itself into a large network carrier with the ability to compete on the

international arena. The introduction of the baggage through check-in service

at Beijing Capital International Airport is a milestone endeavor to cement

Beijing as Air China's hub. On the service front, Air China is committed to

offering passengers pleasant travel experiences. Air China hopes that over time

the baggage through check-in service will be available to more cities to

benefit passengers.

    SOURCE: Air China

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中