◎精神障害(MND)と戦うキャンペーン「Do You Mind?」を開始

IFPMA

2013/5/22 19:00

◎精神障害(MND)と戦うキャンペーン「Do You Mind?」を開始

AsiaNet 53070

共同JBN 0580 (2013.5.22)

【ジュネーブ2013年5月21日PRN=共同JBN】国際製薬団体連合会(IFPMA)は21日、精神疾患(Mental Neurological Disorders: MND)に対する関心を高め、行動を促すキャンペーン「Do You Mind?」を開始する。このキャンペーンは、世界各国の保健相が一堂に会し精神疾患に関する行動計画を検討するために会合する第66回世界保健総会(World Health Assembly)の開会に合わせて行われた。

「Do You Mind?」キャンペーンは、さまざまなプロフィルを活用し、患者、医師、雇用主、政策決定者、一般市民が各自の果たすべき役割を理解するよう促すのを目的としている。インタラクティブな質疑もまた、MNDが社会全体に与える影響について注目を促し、社会的汚名・迷信の払拭に役立てる。

世界保健機関(WHO)によると、年間7億人がMNDと診断され、MNDは非感染性の生活習慣病(NCD)の内の30%を占めると報告している。MNDは統合失調症、てんかん、アルツハイマー病、うつ病を含み、それだけでも3億5000万人余りの人がMNDにかかっている。個人的な医療負担のほか、MNDは多大な社会経済的負担となり、OECD諸国労働者の生産性喪失の40%がMNDに起因している(注参照)。

IFPMAのエドゥアルド・ピサニ理事長は「MNDは単に健康上の問題にとどまらず、教育、雇用、科学、政府、あらゆる分野の政策決定者を巻き込む社会的優先策であるべきだ。「Do You Mind?」キャンペーンはこれら関係者を集め、すべての人がこの苦しみを集団的に減らすには何をすべきかを示すことになる」と語った。

キャンペーンは広く一般に公開され、http://www.DoYouMindCampaign.orgでアクセスできる。

▽国際製薬団体連合会(IFPMA)について

国際製薬団体連合会(IFPMA)は、世界の研究主体の製薬会社と関連諸団体を代表している。研究主体製薬会社の130万人従業員は、世界の患者の生活向上を図る医薬品およびワクチンを研究、開発、供給している。IFPMAはジュネーブにあり、国連と公的な関係を持ち、世界保健コミュニティーが世界の健康向上のためのソリューションを発見する保健コミュニティーを支援するため、業界専門知識を提供している。

(注)

'Sick on the Job? Myths and Realities about Mental Health and Work.'

OECD. 2012

ソース:IFPMA

Research-based Pharmaceutical Industry Launches 'Do You Mind?' Campaign to Fight Mental and Neurological Disorders

PR53070

GENEVA, May 21, 2013/PRN=KYODO JBN/ --

    - Campaign launched during World Health Assembly, where world's health

      ministers gather to address the large physical and economic costs of

      these disorders

    - Mental and neurological disorders (MNDs) affect 700 million people

      annually and account for 30 percent of global non-communicable disease

      (NCD) burden

    - 'Do You Mind?' helps patients, family members, policymakers and others

      to understand the role each can play to collectively address MNDs

    Today the International Federation of Pharmaceutical Manufacturers and

Associations (IFPMA) launched the 'Do You Mind?' campaign to focus attention

and to prompt action on MNDs. The campaign launch takes place at the start of

the 66th World Health Assembly, where health ministers meet to consider a

global mental health action plan.

    'Do You Mind?' leverages various profiles to help patients, physicians,

employers, policymakers, and the general public understand the role each actor

can play in collectively addressing MNDs. Also interactive questioning is used

to highlight the impact of MNDs across society, reduce stigma, and dispel

common myths.

    The World Health Organization reports that 700 million cases of MNDs occur

annually and that MNDs account for 30 percent of the global non-communicable

disease (NCD) burden. MNDs include schizophrenia, epilepsy, Alzheimer's

disease, and depression, which alone affects more than 350 million people. In

addition to the personal toll, MNDs have a large socio-economic cost: 40

percent of lost worker productivity in OECD countries is attributable to

MNDs.[1]

    "More than just a health issue, MNDs should be a societal priority

involving decision makers from education, employment, science, government and

other spheres," said Eduardo Pisani, IFPMA Director General. "'Do You Mind?'

brings these actors together by showing how everybody can act to collectively

reduce suffering."

    The campaign is publicly available and can be accessed at:

    http://www.DoYouMindCampaign.org

    About the IFPMA:

    IFPMA represents the research-based pharmaceutical companies and

associations across the globe. The research-based pharmaceutical industry's 1.3

million employees research, develop and provide medicines and vaccines that

improve the life of patients worldwide. Based in Geneva, IFPMA has official

relations with the United Nations and contributes industry expertise to help

the global health community find solutions that improve global health.

    1. 'Sick on the Job? Myths and Realities about Mental Health and Work.'

        OECD. 2012

    SOURCE: IFPMA

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中