遠近・上下・左右、全てをラクに。負担の多い現代人の眼に。 全視野をラクにするレンズ「MEKARA」を発売

メガネスーパー

2013/5/28 14:00

株式会社メガネスーパー(本社:神奈川県小田原市、代表取締役社長:嘉野敬介、以下メガネスーパー)は、全視野をラクにする負担軽減レンズ「MEKARA(メカラ)」を、2013年5月31日(金)から、全国のメガネスーパーで発売します。

2013年5月28日

株式会社メガネスーパー

遠近・上下・左右、全てをラクに。負担の多い現代人の眼に。

全視野をラクにするレンズ「MEKARA」を発売

株式会社メガネスーパー(本社:神奈川県小田原市、代表取締役社長:嘉野敬介、以下メガネスーパー)は、全視野をラクにする負担軽減レンズ「MEKARA(メカラ)」を、2013年5月31日(金)から、全国のメガネスーパーで発売します。

現代人のライフスタイルは、パソコン作業やスマートフォン、タブレットの使用により大きく変化し、近くを見る時間が長くなることで眼への負担が大きくなっています。加えて、用途やライフスタイルを問わず、メガネは遠くが見える方が便利といった誤った認識も、眼精疲労などの目のトラブルに悩んでいる方が増加する背景となっています。すなわち毎日の生活で使う距離に合っていない「疲れメガネ」が、更に眼に負担をかけていると考えられます。

今回発売する「MEKARA」は、こうした現代人のニーズに応える新時代レンズです。近距離で手元を見る機会が増えたことに対応して、近方を見る際の調節力をサポートする「垂直非球面設計」を採用。長時間、手元に焦点を合わせる際の眼の負担を軽減します。同時に、上下左右の視界全体をよりクリアにする「左右非対称設計」も取り入れ、眼を上下・左右に動かしても、より自然な見え方を実現し、全視野をラクにします。

また「MEKARA」は、店舗にて当社独自の「トータルアイ検査」を行い、お好みのフレームと組み合わせ、お客様に最適なメガネとしてご提供します。この検査では「疲れメガネ」を作らないよう、お客様の基本的な視力だけでなく、年齢による調節力や仕事・家事などの生活シーンでのメガネを使用する状況・環境もお伺いし、それらを総合的に吟味した上で、お客様に本当に合ったメガネをご提案します。

今後もメガネスーパーでは、より多くのお客様に最適な「アイケア」「アイウェア」をご提供して行きます。

〔商品概要〕

■商品名:「MEKARA」

■発売日:2013年5月31日(金)

■価格 :17,850円(フレーム付き価格 / 消費税込)~

        ※お選びいただくフレームによって金額は異なります

        ※レンズのみご購入の場合は、15,750円

        ※2,100円の追加でPC仕様(ブルー光カットコート付)に

         することができます

■特長 :全視野をラクにする設計のレンズ

◇近いところが楽に見える「垂直非球面設計」

近方を見る際の調節力をサポートする「垂直非球面設計」を採用。これにより、近方と遠方、両方において適切な度数設定をすることが可能になりました。

◇上下・左右がクリアに見える「左右非対称設計」

全方位の眼の動きを考慮した設計です。左右のレンズを非対称な設計にすることで、

上下・左右を見る時のクリアな視界を確保し、常に快適な視界が得られます。

※「MEKARA」は汚れ防止コートが標準装備されているため、レンズに汚れが付きに

くく、お手入れも簡単です

■「トータルアイ検査」(無料):

以下の3つの検査により、トータルバランスを見て、お客様に最適なメガネをご提案します。

①眼体力検査:裸眼視力、最良視力、メガネ・コンタクト視力、近距離視力など、

 見え方の状況、いわゆる「眼の体力」を確認します。

②眼年齢検査:調節力(ピントを合わせる力)を確認します。

③眼環境検査:使用環境や使用目的、使用時間などを考慮し、トータルバランスで

        どのようなメガネがよいかを確認します。

■お客様(読者、視聴者)からの問い合わせ先:

 お客様フリーダイヤル 0120-209-060(月~土曜日)10時~19時

http://prw.kyodonews.jp/opn/release/201305272092/

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

垂直非球面設計

左右非対称設計

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このリリースを配信した企業・団体

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中