◎Beamexがシステム統合リスクを最小化するBusiness Bridgeを発売

Beamex

2013/5/29 14:35

◎Beamexがシステム統合リスクを最小化するBusiness Bridgeを発売

AsiaNet 53153

共同JBN 0612 (2013.5.29)

【ピエタルサーリ(フィンランド)2013年5月29日PRN=共同JBN】独立した多様なITシステムの統合は今日、ほとんどすべてのビジネスにとって必要だが、多くの場合、システム統合は予算や予定を当初計画の中に収めるのは困難で、仕様や作業範囲もプロジェクトの途中で頻繁に変更され、完成した非常にカスタム性の強い統合ソリューションをメンテナンスするのは困難で費用もかかるため、これらのプロジェクトは費用がかかり、危険をともなうと考えられている。

Beamex(ビーメックス)はこれらシステム統合に係るリスクを最小化する「Business Bridge」を発売した。このソフトウエア・ソリューションは標準化されているが、設定変更が可能で、キャリブレーション管理システムである

「Beamex CMX(http://www.beamex.com/beamex_products/MC6-Advanced-Field-Calibrator-and-Communicator/na15ghgl/0d82056f-a198-43bc-b1f3-d67d79da8396)」をERP/CMMSシステムの一つと連携させることができる。

(写真:http://photos.prnewswire.com/prnh/20130529/617244

Beamex Business Bridgeソリューションのプロダクト・オーナーであるペッカ・ビデンオヤ氏は「多くの場合、一般的なシステム統合リスクは、典型的なシステム統合が統合システムの両側、すなわちキャリブレーション・ソフトウェア(http://beamex.com/en)とERP/CMMSシステムのそれぞれでソフトウエア開発、カスタム化またはシステム設定が必要になることに関連している。当社が目指しているのはこれらのシステム統合リスクを最小化することで、そのため、キャリブレーション・ソフトウェアに関連する統合パーツが標準化され、さらにその上に設定変更が可能なソリューションに基づいたソリューションを提供する」と述べた。

標準化された統合ソリューションには多くの利点がある。ソリューションが標準化されているため、システム統合プロジェクトも個々の顧客によって異なるソフトウエア開発を行う必要性が少なくなる。それは顧客への引き渡しがより早く、信頼性も上がるということを意味する。標準化されたソリューションはさらにソフトウエアの進歩のための定期的なソフトウエア・アップデートやヘルプデスク・サービスもついた長期にわたるソフトウエア・メンテナンス契約を可能にする。長期サポート契約があることによってITシステムのライフサイクル・リスクも減少する。したがって、「Business Bridge」はキャリブレーション・システム(http://beamex.com/en/Solutions/Solutions/Calibration-in-Hazardous-Areas)をERP/CMMSシステムのひとつと統合するための安全で、リスクが少なく、かつ陳腐化しないソリューションであり、統合プロジェクトも迅速かつ正確に実施できるようになる。

「Business Bridge」ソフトウエア・ソリューションの主な目的はキャリブレーション管理システムとERP/CMMSシステムの間でツール、作業命令、基本的なキャリブレーション・データを共有するための伝送チャネルを提供する事である。システム統合はそれ自体多くの意味で有益である。第1に、システム統合により生産性が著しく向上する可能性がある。その理由はデータの入力や更新を一カ所ですれば良いことで、手動で2またはそれ以上のシステムに別々に入力する必要がなくなることだ。第2に、データ入力が1回だけになるため人間のタイプミスやデータの手動入力による遅延などが最小化されることがある。

BEAMEXはプロセス計装の最も厳しい要求にも応えることのできる統合キャリブレーション・ソリューションで世界をリードするプロバイダーである。

詳しい情報はウェブサイト(http://www.beamex.com)を参照。

ソース:Beamex

Minimizing System Integration Risks with the Beamex Business Bridge

PR53153

PIETARSAARI, Finland, May 29 /PRN=KYODO JBN/ --

     Integration of various independent IT systems is a requirement in almost

any business these days, but many times system integration projects are

considered costly and risky, as staying within the original project budget and

timetable can be a challenge, specifications and scope of work keep changing

constantly during the project and system maintenance of a finished, highly

customized integration solution turns out to be difficult and expensive. Beamex

minimizes these system integration risks by introducing the Business Bridge - a

standardized, but configurable software solution for connecting Beamex CMX

calibration management system

http://www.beamex.com/beamex_products/MC6-Advanced-Field-Calibrator-and-Communicator/na15ghgl/0d82056f-a198-43bc-b1f3-d67d79da8396

] to an ERP/CMMS system.

    (Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20130529/617244 )

    Mr. Pekka Videnoja, Product Owner of the Beamex Business Bridge solution

explains, "Many of the common system integration risks relate to the fact that

system integration typically requires software development, customization or

configuration on both ends of the integrated system, the calibration software

[http://beamex.com/en ] and the ERP/CMMS system. We are aiming to minimize

these system integration risks by offering a solution where the integration

part related to the calibration software is based on a standardized, but still

configurable solution". Having a standardized integration solution brings many

benefits. Due to a standardized solution, a system integration project requires

less customer-specific software development work. This means quicker and more

reliable delivery. A standardized solution also means availability of long-term

software maintenance contracts with regular software updates for software

evolution and helpdesk services. Availability of long-term support contracts

also decreases IT system lifecycle risks. The Business Bridge is therefore a

safe, less risky and future-proof solution for integrating calibration system

[http://beamex.com/en/Solutions/Solutions/Calibration-in-Hazardous-Areas ] with

an ERP/CMMS system and the integration project can implemented more quickly and

accurately.

    The main purpose of the Business Bridge software solution is to provide a

transfer channel for sharing instrument, work order and basic calibration data

between the calibration management and ERP/CMMS systems. System integration

itself is beneficial in several ways. Firstly, productivity may increase

significantly due to system integration, as data needs to be entered and kept

up to date in one place only, instead of manually re-keying the data into two

or more separate systems. Secondly, because data needs to be entered only once,

human typing errors and delays related to manual re-keying of data are

minimized.

    BEAMEX is a leading, worldwide provider of integrated calibration solutions

that meet even the most demanding requirements of process instrumentation.

    For further information, please visit: http://www.beamex.com

    SOURCE: Beamex

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中