◎UPMとRenmatixが木質バイオマスの糖質転換処理法Plantrose開発で契約

Renmatix

2013/6/11 16:15

◎UPMとRenmatixが木質バイオマスの糖質転換処理法Plantrose開発で契約

AsiaNet 53335

共同JBN 0683 (2013.6.11)

【ヘルシンキ22013年6月11日PRN=共同JBN】フィンランドのUPM(http://www.upm.com/EN/Pages/default.aspx)(OMX: UPM1V)と米Renmatix, Inc. (http://www.renmatix.com)はこのほど、生化学物質の分野で非独占的な共同開発契約(JDA)を結んだ。JDAの規定に基づき、両社は、木質バイオマスを低コスト糖質中間物質に変換して後続のダウンストリーム処理で生化学物質に転換する、Renmatix社の水ベースのプラントローズ(商標)プロセスの開発をさらに進める。工業規模で特定の石油化学製品のコスト競争力のあるバイオ代替物質を提供することが、今回のイニシアチブの長期目標である。

UPMのバイオケミカルズ担当ディレクターであるミヒャエル・ドイチェ氏は「われわれはまさにこのコラボレーション努力に興奮している。それは木材の持続的調達と効率的な工業処理におけるUPMの能力と、Renmatix独自の転換技術との結合である。ほとんど消耗品とはならない木材を利用する処理を通じて、第2世代のグリセルロース系糖質にアクセスできることは、Plantrose技術の魅力の決定的要因である」と語った。

Plantrose処理法は超臨界加水分解法を通じてバイオマスを分解するため、極めて高温、高圧で水処理する。水はそのような条件下では、強力な溶媒と触媒として作用し、急激な反応を起こすことができる。

Renmatixのマイク・ハミルトン最高経営責任者(CEO)は「われわれはこの先駆的アプローチが、通常の手段より決定的なコスト上の優位につながると考えている。UPMとの関係がますます強まれば、RenmatixはBiofore構想(将来の方向性、技術革新、持続可能性など)を広げるための支援の機会を与えられる。米国のテクノロジープロバイダーとしてRenmatixは、台頭するバイオバリューチェーンにわたり世界企業と協力することに自負心を持っている。アップストリームのバイオマスの持続的供給源をバイオケミカルズと燃料のダウンストリーム製造との間の橋渡しとなるPlantroseのライセンスに対する既存の需要を強化することになる」と語った。

UPMのユーソ・コンティネン副社長は「Renmatixとの共同開発契約は、当社のバイオケミカルズ戦略およびUPMのBioforeビジョンの実行の新たな一里塚である。この協力関係は、イノベーション主導のバイオ産業と林業との統合で先頭を行く当社の立場をさらに強化する」と語った。

UPMは新しい持続的かつイノベーション先導の将来に向けて、バイオ産業と林業を統合することで先行している。同社の製品は再生可能な原材料で製造され、再利用可能である。UPMはEnergy and pulp、Paper、Engineered materialsの3つのビジネスグループで構成されている。同グループ従業員は約2万2000人。UPMは67カ国に拠点があり、17カ国に製造部門がある。UPMの年商は100億ユーロを超える。同社株式はヘルシンキ証券取引所に上場されている。UPM-www.upm.com-はBiofore会社である

UPM New Businesses and Development (NBD)はUPMの再生およびBiofore戦略の重要な一部である。NBDの目的は、新製品とビジネスにアイデアを取り込むことによって、再生可能な木材原材料に付加価値を付けることである。その主要プロジェクトはbiocomposites、biofibrils、biochemicalsである。

Renmatixはセルローズ系糖質の大手メーカーであり、世界のバイオケミカルおよびバイオ燃料市場で使用される石油代替製品向け工業用原材料を製造している。同社特許のPlantrose(商標)処理法は、木くずから農産物残さまでのセルローズ系バイオマスを有用でコスト効率のいい糖質に低コストで転換することによって、通常の糖質経済性の問題に応える。Renmatixの超臨界加水分解技術は、ほかの処理法より概して速く非食糧系バイオマスを分解し、決して重要な消耗品ではない木材を使うことによるコスト上の優位性を強化する。Renmatixは非上場企業であり、米ジョージア州に業務拠点を持ち、現在は1日当たり3トンのセルローズ系バイオマスをPlantrose(登録商標)糖質に転換する製造能力を持っている。同社はまたペンシルベニア州に世界クラスのテクニカルセンターを保有している。www.renmatix.com

▽問い合わせ先

Michael Duetsch, Director, Biochemicals, UPM,

+49.821.310.9130 (German, English)

Juuso Konttinen, Vice President, New Businesses & Development, UPM,    

+358.40.531.7405 (Finnish, English)

Duncan Cross, Director, Marketing, Renmatix,

+484.751.4000 (English, French)

Tim Brown, Vice President, Corporate Strategy, Renmatix,   

businessdevelopment@renmatix.com

UPM, Corporate Communications

Media Desk, +358.40.588.3284

media@upm.com

www.twitter.com/UPM_News

Renmatix, Media Inquiries

Katie Struble, +415.977.1928

renmatix@antennagroup.com

www.twitter.com/renmatix

ソース:Renmatix  

UPM Signs Joint Development Agreement with Renmatix in Biochemicals

PR53335

HELSINKI, June 11, 2013 /PRN=KYODO JBN/ --

        - Strategic collaboration to convert lignocellulosic feedstocks

                         into cost competitive sugars

    UPM (http://www.upm.com/EN/Pages/default.aspx) (OMX: UPM1V) and Renmatix,

Inc. (http://www.renmatix.com/), have entered into a non-exclusive joint

development agreement (JDA) in the area of biochemicals. Under terms of the JDA

both companies will further develop Renmatix's water-based Plantrose(TM)

process to convert woody biomass into low-cost sugar intermediates for

subsequent downstream processing into biochemicals. Offering cost-competitive

bio-alternatives for select petrochemicals on an industrial scale is the long

term goal of this initiative.

    "We are very excited about this truly collaborative endeavor. It combines

UPM's core competencies in sustainable sourcing and efficient industrial

processing of wood, with Renmatix's unique conversion technology," noted

Michael Duetsch, Director of Biochemicals, at UPM. "Access to second

generation, lignocellulosic, sugars through a process that uses almost no

consumables is a crucial factor in Plantrose technology's attractiveness."

    The Plantrose process employs water at very high temperatures and pressures

to breakdown biomass through supercritical hydrolysis. Under such conditions

water can act as both a powerful solvent and catalyst, creating rapid

reactions.

    "We believe this pioneering approach leads to real cost advantages over

conventional methods. Our growing relationship with UPM gives Renmatix an

opportunity to support them expanding the Biofore story," commented Mike

Hamilton, CEO of Renmatix. "Renmatix, as a U.S. based technology provider,

takes great pride in working with global companies across the emerging

bio-value chains. It reinforces the demand that exists for licensing Plantrose

technology as the bridge between sustainable sources of upstream biomass, and

downstream manufacturing of biochemicals and fuels."

    "The joint development agreement with Renmatix is another milestone in the

implementation of our biochemicals strategy and UPM's Biofore vision. The

co-operation further strengthens our position as the frontrunner in the

innovation-driven integration of bio and forest industries," adds Juuso

Konttinen, Vice President of UPM.

    UPM leads the integration of bio and forest industries into a new,

sustainable and innovation-driven future. Our products are made of renewable

raw materials and are recyclable. UPM consists of three Business Groups: Energy

and pulp, Paper, and Engineered materials. The Group employs around 22,000

people. UPM is present in 67 countries and has production units in 17

countries. UPM's annual sales exceed EUR 10 billion. UPM's shares are listed on

the Helsinki stock exchange. UPM - The Biofore Company - www.upm.com

    UPM New Businesses and Development (NBD) is an important part of UPM's

renewal and Biofore strategy. The objective of NBD is to provide added value to

renewable wood raw material by developing ideas into new products and

businesses. The key projects are biocomposites, biofibrils and biochemicals.

    Renmatix is the leading manufacturer of cellulosic sugar, an enabling

feedstock for petroleum alternatives used in the global biochemical and

biofuels markets. The company's proprietary Plantrose(TM) process challenges

conventional sugar economics by cheaply converting cellulosic biomass - from

wood waste to agricultural residue - into useful, cost-effective sugars.

Renmatix's supercritical hydrolysis technology deconstructs non-food biomass an

order of magnitude faster than other processes and enhances its cost advantage

by using no significant consumables. Renmatix is privately held, with

operations in Georgia (USA) currently capable of converting three dry tons of

cellulosic biomass to Plantro(R) sugar per day, and a world-class technical

center in Pennsylvania (USA). www.renmatix.com

    For further information, please contact:

    Michael Duetsch, Director, Biochemicals, UPM, +49.821.310.9130 (German,

English)

    Juuso Konttinen, Vice President, New Businesses & Development, UPM,    

    +358.40.531.7405 (Finnish, English)

    Duncan Cross, Director, Marketing, Renmatix, +484.751.4000 (English, French)

    Tim Brown, Vice President, Corporate Strategy, Renmatix,   

    businessdevelopment@renmatix.com

    UPM, Corporate Communications

    Media Desk, +358.40.588.3284

    media@upm.com

    www.twitter.com/UPM_News

    Renmatix, Media Inquiries

    Katie Struble, +415.977.1928

    renmatix@antennagroup.com

    www.twitter.com/renmatix

    SOURCE: Renmatix  

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中