◎IP訴訟でSI Groupが華奇化工に全面勝訴 ITC判決

SI Group, Inc.

2013/6/18 14:20

◎IP訴訟でSI Groupが華奇化工に全面勝訴 ITC判決

AsiaNet 53426

共同JBN 0724 (2013.6.18)

【スケネクタディ(米ニューヨーク州)2013年6月18日PRN=共同JBN】化学中間体の大手グローバルメーカーであるSI Group, Inc.は18日、華奇(張家港)化工(Sino Legend (Zhangjiagang) Chemical Co., Ltd)、Red Avenue Chemical Co. Ltd.および両社系列企業を米国際貿易委員会(IOC)に提訴していた知的財産(IP)関連訴訟で大きな勝利を収めた。

 (Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20130204/NY53537LOGO-b

IOCのロジャーズ判事は同日、SI Groupに有利な判決を下し、華奇化工がSI Groupの企業秘密を不正流用したことを確認した。SI Groupはこの決定に基づき、IOCの6人委員会は華奇化工およびRed Avenueが被害を受けた当該製品を米国内に輸入することを禁止することを全面的に期待している。

SI Groupのスティーブン・ラージ取締役は「不正流用に関するロジャーズ判事の結論は公正かつ賢明である。それは当初から分かっていたことを確認したものである。そして今また、当社顧客、サプライヤー、業界にとってこの決定は、華奇化工によるこれら製品販売ビジネスが当社の技術革新に基づくものであることを極めて鮮明にするものである」と語った。

ITCへの申し立ては、華奇化工がSI Group上海製造工場の工場長と共謀して、同工場長を引き抜いたことから、2012年5月21日に提出された。それ以来華奇化工は、SI Group特許のゴム樹脂と競合するゴム樹脂を製造してきた。

SI Groupのトム・マスターソン法務顧問は「この判決はSI Groupの全面的勝利である。ITCが行った徹底処理は、不正流用が米国では受け入れられないものであることを示している。比較として指摘すれば、同じ事象に基づき行われた華奇化工に対する中国での訴訟で同様の決定に至らなかったことは、これらの訴えを解決する際にはすべての事実審理を保証することが重要である証となる」とコメントした。

SI Groupは中国および世界で知的財産と企業秘密を守る立場を変えない。

▽SI Groupについて

SI Groupは1906年に設立された家族経営企業で、本社は米ニューヨーク州スケネクタディにある。フェノール樹脂、アルキルフェノール樹脂、アルキル化フェノールその他の化学中間製品の開発、生産に関する世界大手企業で、現在世界10カ国に20の生産施設がある。SI Groupについてのより詳しい情報はwww.siigroup.comを参照。

▽問い合わせ先

Brooke Manrique

Public Relations & Marketing Communications Manager

SI Group, Inc.

+1-518-347-4112

brooke.manrique@siigroup.com

ソース:SI Group, Inc.

ITC Rules in Favor of SI Group in Intellectual Property Case

PR53426

SCHENECTADY, N.Y., June 18, 2013 /PRN=KYODO JBN/ --

   SI Group, Inc., a leading global manufacturer of chemical intermediates,

achieved a significant victory in the intellectual property case filed with the

International Trade Commission (ITC) against Sino Legend (Zhangjiagang)

Chemical Co., Ltd., Red Avenue Chemical Co. Ltd., and certain affiliates.

   (Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20130204/NY53537LOGO-b )

   Today, Judge Rogers issued a determination in favor of SI Group, confirming

that Sino Legend has misappropriated SI Group trade secrets. SI Group fully

expects that, based on the determination, the six-member Commission will

prohibit Sino Legend and Red Avenue from importing the affected products into

the United States.   

   "Judge Rogers' conclusion on misappropriation is fair and judicious," said

Stephen Large, Board member. "It confirms what we have known all along. Now,

it's also very clear to our customers and suppliers, and to the industry, that

Sino Legend's business in these products is based on our innovation."  

   The ITC complaint, filed on May 21, 2012, came as a result of Sino Legend

colluding with, and then hiring away, a plant manager from SI Group's Shanghai

manufacturing plant. Since that time, Sino Legend has been producing rubber

resins in competition with SI Group's proprietary rubber resins.

   "This ruling is a real victory for SI Group," said Tom Masterson, General

Counsel. "The thorough process followed by the ITC demonstrates that

misappropriation will not be tolerated in the United States. By way of

comparison, the failure to reach a similar conclusion in a China-based lawsuit

against Sino Legend based on the same events is a testament to the importance

of ensuring that all of the facts are on the table when resolving these claims."

   SI Group remains committed to protecting its intellectual property and trade

secrets in China and around the world.

   About SI Group

   SI Group is a family-owned company founded in 1906 and headquartered in

Schenectady, New York. A leading global developer and manufacturer of phenolic

resins, alkylphenolic resins, alkylated phenols and other chemical

intermediates, SI Group operates 20 facilities in 10 countries around the

world. For more information about SI Group, visit www.siigroup.com.

   Contact:

Brooke Manrique

Public Relations & Marketing Communications Manager

SI Group, Inc.

+1-518-347-4112

brooke.manrique@siigroup.com

SOURCE: SI Group, Inc.

   

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中