◎ルピン社がAliniaの独占米国販売権を獲得

ルピン社(Lupin Limited)

2013/8/8 14:25

◎ルピン社がAliniaの独占米国販売権を獲得

AsiaNet 53896

共同JBN 0912 (2013.8.8)

【ムンバイ(インド)、ボルティモア(米メリーランド州)2013年8月8日】医薬品大手のルピン社(Lupin Ltd)と米国子会社のルピン・ファーマシューティカルズ (Lupin Pharmaceuticals Inc)(総称ルピン)は8日、米国の医薬品会社Romark Laboratories,L.C.との間でRomarkが経口懸濁液用Alinia(登録商標)(一般名ニタゾキサニド、nitazoxanide)を米国で販売促進、供給、販売する独占的な権利をルピンに与える戦略的ライセンス契約に署名したと発表した。

Alinia(ニタゾキサニド)はクリプトスポリジウムとジアルジアが起こす下痢の治療薬として米食品医薬品局(FDA)が承認した初のチアゾリド化合物で、クリプトスポリジウム治療薬としてFDAから唯一承認されている。経口懸濁液用のAliniaはジアルジア・ランブリア(ランブル鞭毛虫)、クリプトスポリジウム・パルバムが起こす下痢の治療用に1歳以上の患者向けに処方されている。これらは先進国、発展途上国で下痢の原因となる最も一般的な2種の原虫である。

小児でのAlinia懸濁液の使用は比較的簡単な投与、投薬法-イチゴ風味の懸濁液を1日に2回、3日間与える(1-3歳は100mgBID、4-11歳は200mgBID)-のため容易である。

疾病管理予防センター(CDC)によると、多くの場合は診断されずに終わってしまうが米国では年間にジアルジア症が120万人、クリプトスポリジウム症が75万人と推定されている。クリプトスポリジウムは米国人の間で最も多い水の媒介で伝染する病気の原因の1つである。小児の下痢は3歳未満の子供の通院の10%以上で主要な症状であると、米国小児科学会(AAP)は述べている。年間で約30万人の5歳以下の子供が胃腸炎で入院している。小児下痢は治療選択肢が限られているために(3歳以下の子供向けに処方されているほかの製品はない)治療を受けないままになることが多い。年上の子供たちは時にはフルオロキノロン(CIPOなど)、セファロスポリン(SUPRAX)、メトロニダゾルによる治療を受ける。AAPによると、下痢関連の病気の医療コストは毎年20億ドルを超える。

経口懸濁液用のAliniaによってルピンは既存のブランド・ポートフォリオを強化できるだけでなく、米国の小児科分野に限らず特殊医薬品の提供も拡大できる。Aliniaの重要な処方者にはルピンの戦略的顧客グループである小児科医、小児胃腸科医、プライマリーケア医が含まれており、そのためこの機会を利用して利益を得られる立場にある。ルピンの現在の160人以上の強力なブランド販売員は米国市場で経口懸濁液用のAliniaの販売を促進する。この製品はルピンのSuprax(登録商標)、Antara(登録商標)とともに販売される。

ルピン・ファーマシューティカルズCEOでルピン社グループ社長であるビニタ・グプタ氏は「経口懸濁液用Aliniaがわが社のブランド・ポートフォリオに加わったことに大変興奮している。この合意は米国でのブランド・フランチャイズを成長させ、有意義な製品を小児科共同体にもたらすというルピンの方針を示している。わが社の販売、マーケティング努力は直ちに開始され、Aliniaが今後の四半期、年間の成長、収益性に寄与すると楽観している」と語っている。

▽ルピン社(Lupin Ltd)について

ムンバイに本社を置くルピンは革新指向の多国籍医薬品会社で、広い範囲のブランド、ジェネリック組成薬、API(医薬品有効成分)を世界的に製造、開発している。同社は心臓病、糖尿病、ぜん息、小児疾患、CNS(中枢神経系疾患)、GI療法、感染防止薬、NSAID(非ステロイド系抗炎症薬)の分野で重要なプレーヤーであり、抗結核薬とセファロスポリンの分野で世界的な主導的地位を維持している

ルピンは米国でトップ5のジェネリック医薬品会社のなかで規模が一番大きく、最速の成長を達成している(処方せんの市場シェアは5.3%。IMSヘルス)。インドでは売上高3位の医薬品会社である。また日本と南アフリカで最も急成長しているトップ10のジェネリック医薬品プレーヤーである(IMS)。

2013年3月に終わった会計年度のルピンの連結売上高は946億1600万ルピー(17億4000万ドル)、税引き後利益は131億4200万ルピー(2億4200万ドル)だった。詳しい情報はhttp://www.lupinworld.comへ。

ルピン・ファーマシューティカルズ(Lupin Pharmaceuticals, Inc)はルピン社の100%所有米国子会社。米メリーランド州ボルティモアに本社を置くルピン・ファーマシューティカルズは高品質で手ごろな価格のジェネリック医薬品と各地の健康管理専門家と患者に信頼されているブランド組成薬を提供することに専念している。詳しい情報はhttp://www.lupinpharmaceuticals.comへ。

さらに詳しい情報、問い合わせは以下へ。

    Shamsher Gorawara

    Head - Corporate Communications

    Lupin Limited

    Ph: +91-98-20-338-555

    Email: shamshergorawara@lupinpharma.com

セーフハーバー・ステートメント http://www.lupinworld.com/safe harbor

ソース:Lupin Ltd

Lupin Expands Branded Play

PR53896

MUMBAI and BALTIMORE, Aug. 8, 2013 / PRN=KYODO JBN/ --

              Announces Acquisition of Exclusive US Rights

                   to Alinia(R) for Oral Suspension

    Pharmaceutical Major, Lupin Ltd. and its US subsidiary, Lupin

Pharmaceuticals Inc. (collectively Lupin) announced today that it has signed a

strategic licensing agreement with US pharmaceutical company Romark

Laboratories, L.C. (Romark) which grants Lupin exclusive rights to promote,

distribute and market Alinia(R) (nitazoxanide) for Oral Suspension in the US.

    Alinia(R) (nitazoxanide) is the first thiazolide approved by the FDA for

the treatment of diarrhea caused by Cryptosporidium and Giardia and is the only

FDA-approved treatment for Cryptosporidium. Alinia(R) for Oral Suspension is

indicated for the treatment of diarrhea caused by Giardia lamblia or

Cryptosporidium parvum in patients 1 year of age and older. These are the two

most common protozoal causes of diarrhea in the developed and developing world.

    Use of Alinia(R) suspension in children is facilitated by relatively simple

dosing and administration; a strawberry flavored suspension given twice a day

for three days (100mg BID for ages 1 - 3 and 200mg BID for ages 4 - 11).

    According to the Centers of Disease Control & Prevention (CDC) it is

estimated that there are 1.2 million cases of Giardiasis and 750,000 cases of

Cryptosporidiosis in the US annually, although many cases go undiagnosed.

Cryptosporidium is one of the most frequent causes of waterborne disease among

humans in the United States. Pediatric diarrhea is a major complaint in more

than 10% of office visits for children less than 3 years of age, says the

American Academy of Pediatrics (AAP). Over 300,000 children under five years of

age are hospitalized with gastroenteritis annually. Pediatric diarrhea is often

left untreated based on limited treatment options (no other product is

indicated for children < 3 years of age). Older children are sometimes treated

with flouroquinolones (e.g., CIPRO), cephalosporins (e.g., SUPRAX) and

metronidazole. The cost of care for diarrhea-related illness exceeds USD 2

billion each year according to AAP.

    Alinia(R) for Oral Suspension will not only enable Lupin to strengthen its

existing Brand portfolio but also expand its offering specifically, but not

limited to the US Pediatrics segment. Key prescribers for Alinia(R) include

pediatricians, pediatric, gastroenterologists and primary care physicians which

are strategic customer groups for Lupin, so we are well positioned to

capitalize on this opportunity. Lupin's current 160+ strong brands sales force

will promote Alinia(R) for Oral suspension in the US market. The product will

be marketed along with Lupin's Suprax(R) and Antara(R).

    "We are very excited with the addition of Alinia(R) for Oral Suspension to

our Brands portfolio. The agreement demonstrates Lupin's commitment to grow its

brand franchise in the US and bring meaningful products to the Pediatric

community. Our sales and marketing efforts will commence immediately and we are

optimistic that Alinia will contribute to our growth and profitability in the

coming quarters and years." said Vinita Gupta, CEO, Lupin Pharmaceuticals Inc.

and Group President, Lupin Limited.

    About Lupin Limited

    Headquartered in Mumbai, Lupin is an innovation led transnational

pharmaceutical company producing and developing a wide range of branded and

generic formulations and APIs globally. The Company is a significant player in

the Cardiovascular, Diabetology, Asthma, Pediatric, CNS, GI, Anti-Infective and

NSAID space and holds global leadership positions in the Anti-TB and

Cephalosporin segment.

    Lupin is the 5th largest and fastest growing top 5 generics player in the

US (5.3% market share by prescriptions, IMS Health) and the 3rd largest Indian

pharmaceutical company by sales. The Company is also the fastest growing top 10

generic pharmaceutical players in Japan and South Africa (IMS).

    For the financial year ended March 2013, Lupin's Consolidated turnover and

Profit after Tax were Rs. 94,616 million (USD 1.74 billion) and Rs. 13,142

million (USD 242 million) respectively. Please visit: http://www.lupinworld.com

for more information.

    Lupin Pharmaceuticals, Inc. is the wholly owned U.S. subsidiary of Lupin

Limited. Headquartered in Baltimore, Maryland, Lupin Pharmaceuticals, Inc. is

dedicated to delivering high-quality, affordable generic medicines and branded

formulations trusted by healthcare professionals and patients across

geographies. For more information, visit: http://www.lupinpharmaceuticals.com

    For further information or queries please contact:

    Shamsher Gorawara

    Head - Corporate Communications

    Lupin Limited

    Ph: +91-98-20-338-555

    Email: shamshergorawara@lupinworld.com

    Safe Harbor Statement [http://www.lupinworld.com/safe harbor ]

    SOURCE: Lupin Ltd

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中